fbpx

メルマガ

自転車乗りの補給食選び

補給食選びの実体験

補給食はおいしいに限るメルマガご愛読の皆様、いつもありがとうございます。
突然ですが、自己紹介させて頂きます。この度メルマガ投稿のスタッフとなりました新入社員の吉田泰嗣と申します。

「なんかオススメのモノについて書いて」という指令を受けましたので、第一弾は補給食についてのお話。

さて、梅雨入りしたというのに晴れ続きの毎日ですが、皆様のご予定はいかがでしょう?レース、イベント、ロングライドにツーリング、自転車で走るにはいい季節ですね。
行く先々でのグルメも楽しいのですが、ガチな皆様にとって補給食のチョイスは悩みどころではないでしょうか。

かく言う私も今まで多くの補給食を試してみました。

スポーツ用品店などでもいろんな種類が並んでいますね。

以前、某海外通販サイトで量の割りに安いモノを見つけて「これはお得!」と思って友人にも分けたところ
「干し草を固めた棒を食べさせられているようだ!」と酷評されたこともあり、隠し味とか侘び寂びを知らない外人さんとの味覚の違いには越えられない壁を感じたものです。

そんな経験から得た教訓は「やっぱり日本人には日本のメーカー」ということです。

私のオススメは、定番過ぎるのですがグリコのワンセコンドシリーズです。

バックポケットに収まりのいいサイズ、飲みかけでも蓋をして後で飲めますし、飲み終わってもかさばらない大きさです。ロングライドの時は固形物も欲しくなりがちですが、走りながらモシャモシャ食べるのは口の中がパサパサになったり、なんせ食べにくいのが難点・・・

それでも食べた感じが欲しいと言うプロレーサーもいますが、最近はやはりゼリータイプやリキッドタイプが主流ですよね!

あの小さなパッケージでおにぎり1個分以上のエネルギーが摂れちゃうのだから使わない手はないですね♪
こまめな補給でハンガーノックを防ぎましょう!(ハンガーノックの恐ろしさは・・・)
思い返すだけで泣きそうになってきます・・・(泣)
メイタンから新商品も出ましたね。果汁50%の美味しい フルーツサイクルチャージ ピーチ

さぁ、おいしくいただける補給食をポケットに入れて走り出しましょう。
おやおや、梅雨で走りに行けないですって?そんな時はローラー台でトレーニングですよ!
今ならなんと、エリートのローラー台を買うと保冷ボトルがついてきます。
どうぞこの機会にお買い求め下さい。

保冷ボトル付き ローラー台 キャンペーン対象商品はこちら

※保冷ボトル付キャンペーンは2013年7月15日ご注文分までとなります。

これから皆様のお役に立てる情報を、配信させて頂きますので宜しくお願いします。

 

 

おすすめアイテム&講習会

●待望の【パーフェクトシリーズ第2段!】パンク修理&タイヤ・チューブ交換講座が開講決定♪

パーフェクトパンク修理講座

パーフェクトパンク修理講座に申し込む

※参加者特典として「500円分のクーポンコード」をプレゼント♪

 

●チューブならコレ!ビットリアチューブ各種がお買い得です!

ビットリア チューブ特価

ビットリア チューブ特価はこちら

※消耗品は安くて確かな品質が一番ですよね♪まとめ買いにどうぞ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

コーナーリングはどっちが得意ですか?前のページ

やっと巡り会えた理想のバックパック!次のページジクストロ

最近の記事

  1. R250 GORIDE サイクルキャップ 輪行パンダ
  2. ツーフィッシュ 拡張アダプター
  3. エリート SUITO(スイート)(ダイレクトドライブ) 11段スプロケット付属
  4. リオン・ド・カペルミュールジャケット
  5. R250 リアディレイラー保護ケース 飛行機輪行向き
  6. あけましておめでとうございます
  7. R250 2021 福袋 HUKUBUKURO 限定100セット
  8. R250 シューズカバープラス
  9. R250 アールニーゴーマル

ワールドサイクルにリクエスト

  1. 3本ローラー

    頭痒いとこないですか?

    3本ローラーの乗り方(遊び方)
  2. メンテナンス教室

    *買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  3. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    *重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  4. 信号待ちでシフトダウン

    頭痒いとこないですか?

    信号待ちでシフトダウン
  5. 輪行 方法

    頭痒いとこないですか?

    *阪急電車で輪行マニュアル
PAGE TOP