fbpx

乗り方教室

*尻が痛いなら、尻を浮かせ!

スポーツバイクに乗り始めた方が最初に抱える違和感で多いのが、

「お尻が痛~い」

 

これまで自転車で10分とか15分くらいしか走ったことの無い人が、初めて1時間や2時間もサドルの上で座りっぱなしになれば、お尻が痛いのも当然です。

でもある程度スポーツバイクを乗り込むにつれて、そういったお尻の痛みが無くなる人と、いつまでも痛いままの人がいます。

その違いは何か?

 

ズバリ、「時々お尻を浮かしているかどうか。」

 

お尻が痛くなる悩みを抱えている人と一緒に走ってみると、ず~っとサドルに座りっぱなしなんです。

信号待ちなどで停止するときも、サドルに座ったまま片方の脚を地面につけています。

お尻はつぶれたまま・・・・・

 

となると対策は簡単です。まず信号待ちでは必ずサドルからお尻を下ろす

停止しなくっても、走行中に時々ペダルをまわすのをやめて、ペダルの上に立って、サドルからお尻を上げる。こうすることでお尻の圧迫が無くなり、血液がじわ~っと流れるようになります。

 

正座に慣れていない人が脚がしびれるのと、同じですね。血液が流れないと、しびれます。

 

もう一つ、サドルからお尻を上げると良いタイミングがあります。

道路のちょっとした段差です。ダーンという突き上げが和らぎますよ。

その瞬間、ついでに肘と膝を猫のようにやわらかくして、衝撃を吸収するようにしてください。これでもっと衝撃が和らぎます。ハンドルから手が離れてしまわないようにだけは、注意しておいてください。

あるプロライダーは、

「体の下に自転車がぶら下がっている感じ」 と表現しました。まさにそのとおり。自転車に乗せられるのではなく、積極的に自転車を操りましょう。

 

おさらいです。

お尻が痛くなるのを防ぐ方法。

  1. 時々お尻を浮かせて、血液を流しましょう。
  2. ちょっとした段差でもお尻を浮かせて、衝撃をお尻で受け止めないようにしましょう。
  3. さらに肘と膝をやわらかく使って、猫の着地のように衝撃をやわらかく受け止めましょう。

 

レーサーパンツを履きましょうとか、やわらかいサドルに変えましょうというのは簡単ですが、乗り方を変えない限り、いつまでたってもお尻の痛みが消えることはありませんよ。

サドルに体重を乗せる暇があったら、ペダルに乗せろ! ってことです。ペダルには荷重をかけるのではなく、勝手にかかるものです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

*ロードバイクの入り口の方へ、あれこれ迷わずこのセットで。前のページ

自転車のロードレースに出てみよう! スタートその2次のページ

最近の記事

  1. エリート SUITO(スイート)(ダイレクトドライブ) 11段スプロケット付属
  2. サンボルト ビブレーシングパンツ (筧五郎氏監修モデル) 56レーパン
  3. ミノウラ VERGO 室内車載キャリア
  4. XPLOVA NOZA-S(ノザ-S) ローラー台(ダイレクトドライブ) + シマノ CS-R7000 11段 11-28T スプロケット ICSR700011128 zwift対応
  5. シュアラスター ゼロバリア 除菌消臭スプレー
  6. OGKカブトの【FLAIR(フレアー)】
  7. COCOMI 心拍計測用サイクリングアンダーシャツ 09.ブラック 東洋紡
  8. iGPスポーツ サイクルコンピューター iGS620
  1. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    *重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  2. 信号待ちでシフトダウン

    頭痒いとこないですか?

    信号待ちでシフトダウン
  3. 3本ローラーで遊ぼう

    乗り方教室

    3本ローラーで遊ぼう、スルー3本ローラーにチャレンジ
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    *シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
PAGE TOP