fbpx
フレームプロテクター、キズ、保護

自転車通勤はスポーツだぁ

*見逃していました、こんな所がキズだらけになってるなんて

フレームプロテクター、キズ、保護

少しずつ削れていました。

多くの自転車には、ワイヤーを入れた筒であるアウターケーブルが自転車のボディを這っています。

しかし、そのアウターケーブルがボディに接触したまま動くことにより、その摩擦でボディが少しずつ削れてしまいます

フレームプロテクター、キズ、保護

スポーツバイクにはほとんどの場合、摩擦を抑えるために↑写真のような、ゴムなどのやわらかい保護パーツアウターケーブル装備されています。

(ただし、ボディへのキズを完全に防ぐことはできません

先日、ibacchi愛用のロードバイクに、この保護パーツを着けていない部分でアウターケーブルとボディとの

摩擦が発生しているのを発見 😯 フレームプロテクター、キズ、保護場所は、↑写真の赤い矢印部分。

この角度からは、見えませんね。

さらに近づいて、アウターケーブルをずらすと・・

フレームプロテクター、キズ、保護

Oh・・、アウターケーブルに完全に隠れていた為、数年間気づきませんでした。

これはいけません・・。

ということで、ワールドサイクルでも人気の保護パーツを、装着しました。(ブレーキとシフトで、アウターケーブルの太さが異なります(一部同径の製品もあります)ので、使用箇所に応じたタイプをお選びください)

フレームプロテクター、キズ、保護

これで、キズの進行を抑えることができ、さらに、赤いフレームに白のワンポイントが効いて、一石ニ鳥のカスタマイズでした。

アウターケーブルの長さや、フレーム設計などにより、ボディと接触する部位分は様々ですので、洗車のついでに点検をおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

「ペダル」そろそろ買い替え時期じゃないですか?前のページ

セミオーダーな手組みホイールに6800アルテグラが加わりました。次のページ

最近の記事

  1. KMCチェーン特集
  2. 2021年モデルドイターバックパック
  3. KCNC スルーアクスル ライトアダプター
  4. R250 モノトーンカモフラ
  5. 2021年シマノ春夏ウェア
  6. RIDEA Carbon Bottom Bracket
  7. ポラー 保冷ボトル ブレークアウェイ
  8. サーモス 真空断熱 ケータイマグ

ワールドサイクルにリクエスト

  1. めだたんぼー

    新製品情報

    絶景と愛車をかっこよく撮るなら、めだたんぼーの出番です。
  2. チェーンレススタンディングスティル

    乗り方教室

    チェーンを外してスタンディングスティルするのが、流行っているらしい。
  3. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
  4. 信号待ちでシフトダウン

    頭痒いとこないですか?

    信号待ちでシフトダウン
  5. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    *理想のライトポジションを実現するブラケット。
PAGE TOP