fbpx
フレームプロテクター、キズ、保護

メンテナンス教室

見逃していました、こんな所がキズだらけになってるなんて

フレームプロテクター、キズ、保護

少しずつ削れていました。

多くの自転車には、ワイヤーを入れた筒であるアウターケーブルが自転車のボディを這っています。

しかし、そのアウターケーブルがボディに接触したまま動くことにより、その摩擦でボディが少しずつ削れてしまいます

フレームプロテクター、キズ、保護

スポーツバイクにはほとんどの場合、摩擦を抑えるために↑写真のような、ゴムなどのやわらかい保護パーツ(「UNEX」と書いてある白いパーツ)がアウターケーブル装備されています。

(ただし、ボディへのキズを完全に防ぐことはできません

先日、ibacchi愛用のロードバイクに、この保護パーツを着けていない部分でアウターケーブルとボディとの

摩擦が発生しているのを発見 😯 フレームプロテクター、キズ、保護場所は、↑写真の赤い矢印部分。

この角度からは、見えませんね。

さらに近づいて、アウターケーブルをずらすと・・フレームプロテクター、キズ、保護Oh・・、アウターケーブルに完全に隠れていた為、数年間気づきませんでした。

これはいけません・・。

ということで、ワールドサイクルでも人気の保護パーツ

ユネックス フレームプロテクター (シフト用アウター)

を、装着しました。(ブレーキとシフトで、アウターケーブルの太さが異なります(一部同径の製品もあります)ので、使用箇所に応じたタイプをお選びください)フレームプロテクター、キズ、保護これで、キズの進行を抑えることができ、さらに、赤いフレームに白のワンポイントが効いて、一石ニ鳥のカスタマイズでした。

アウターケーブルの長さや、フレーム設計などにより、ボディと接触する部位分は様々ですので、洗車のついでに点検をおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. ドイター カリー×アイビー バックパック
  2. ゆるふわーくす キャットアイ防眩シェード
  3. シマノプロ アドバンスドツールボックス
  4. パイオニア SGX-CA600 ブラック パワー表示対応サイクルコンピューター GPS、Wi-Fi、ANT+、Bluetooth対応
  5. ハッド ORIGINALS
  6. 柳原康弘xワールドサイクル「ロードバイク向けの基礎テクニック講習会 講座 キソテク」
  7. シマノバックパック
  8. シマノウェア大特価セール

ワールドサイクルにリクエスト

  1. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    *シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  2. 東京五輪ロードレース 三国峠

    頭痒いとこないですか?

    東京五輪ロードレースコースを走ってきたよ。
  3. 自転車の立て方

    頭痒いとこないですか?

    ロードバイクのスマートな立て方。
  4. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  5. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    理想のライトポジションを実現するブラケット。
PAGE TOP