フレームプロテクター、キズ、保護

メンテナンス教室

見逃していました、こんな所がキズだらけになってるなんて

フレームプロテクター、キズ、保護

少しずつ削れていました。

多くの自転車には、ワイヤーを入れた筒であるアウターケーブルが自転車のボディを這っています。

しかし、そのアウターケーブルがボディに接触したまま動くことにより、その摩擦でボディが少しずつ削れてしまいます

フレームプロテクター、キズ、保護

スポーツバイクにはほとんどの場合、摩擦を抑えるために↑写真のような、ゴムなどのやわらかい保護パーツ(「UNEX」と書いてある白いパーツ)がアウターケーブル装備されています。

(ただし、ボディへのキズを完全に防ぐことはできません

先日、ibacchi愛用のロードバイクに、この保護パーツを着けていない部分でアウターケーブルとボディとの

摩擦が発生しているのを発見 😯 フレームプロテクター、キズ、保護場所は、↑写真の赤い矢印部分。

この角度からは、見えませんね。

さらに近づいて、アウターケーブルをずらすと・・フレームプロテクター、キズ、保護Oh・・、アウターケーブルに完全に隠れていた為、数年間気づきませんでした。

これはいけません・・。

ということで、ワールドサイクルでも人気の保護パーツ

ユネックス フレームプロテクター (シフト用アウター)

を、装着しました。(ブレーキとシフトで、アウターケーブルの太さが異なります(一部同径の製品もあります)ので、使用箇所に応じたタイプをお選びください)フレームプロテクター、キズ、保護これで、キズの進行を抑えることができ、さらに、赤いフレームに白のワンポイントが効いて、一石ニ鳥のカスタマイズでした。

アウターケーブルの長さや、フレーム設計などにより、ボディと接触する部位分は様々ですので、洗車のついでに点検をおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. メンテナンス教室

    サイクリストの為の、パンク修理&タイヤチューブ交換講座

    月に一度のワールドサイクルの自転車講座。4月12日は、パンク修理&タイ…

  2. GSG NIVOLET レインジャケット

    新製品情報

    レインウェアなのに動きやすくて、シャカシャカ鳴らないんです。

    雨でも、雪でも自転車通勤するならレインジャケットが欲しい日々自…

  3. パンク修理講座

    メンテナンス教室

    ワールドサイクル主催の自転車講座、開催場所のご案内

    パーフェクト講座シリーズの開催場所をご案内まずは、開催場所としてお…

  4. ポンプ 延長チューブ

    新製品情報

    超小型ポンプの定番”お助け”アイテム達がリニューアル

    手の平サイズのちっちゃい携帯用ポンプは、ウェアのバックポケット…

最近の記事

  1. POC Octal(オクタル)
  2. シマノ S-PHYRE(エスファイア)
  3. シマノ デュラエース WH-R9100 C24
  4. 輪行講座 輪行講習 輪行教室
  1. 輪行講座 輪行講習 平野由香里

    頭痒いとこないですか?

    あの平野由香里さんが、輪行マイスターに認定されたといううわさは本当か?
  2. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  3. リラックマ バーエンドキャップ

    頭痒いとこないですか?

    真田紐とリラックマ
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. ミノウラ ディスプレイスタンド

    セール情報

    愛車を室内保管するなら、縦横自在なミノウラDS-800という選択肢はいかが?
PAGE TOP