メンテナンス教室

自転車のフレームは塗装しなおすことで、更に輝きを増します。

テスタッチ 再塗装

再塗装が仕上がったシクロクロス用フレームを、ゴールデンウィーク中に組み立てました。最後に走ったのが今年(2013年)2月に四国は香川県で行われたさぬきクロス。約半年振りに乗れるのは楽しみです。

フレームを再塗装するには、完全にフレームとフォークだけにしなければいけません。とはいえ、最近の自転車をばらすのに必要な工具はたったこれだけ。

  1. ワイヤーカッター
  2. チェーンカッター
  3. アーレンキーセット
  4. クランク組み立て工具
  5. ホローテック2用BBアダプター取り付け工具

合計わずか13,438円(2013年8月現在)

作業時間はなれた方でおよそ30分くらいでしょうか。組み立てるのと違って調整などが無い為、難易度は低いでしょう。ただし、日ごろのメンテナンス不足が原因によるサビなどで、パーツが硬くて外れないということはあるかもしれませんね。

テスタッチ 再塗装

ばらした状態がコレ。一昔前なら、BBやヘッドパーツを外すのに大げさな工具が必要でしたが、ホローテッククランクや、インテグラルヘッドパーツになって、楽になりましたね。 テスタッチ 再塗装

今回は消耗品をすべて交換するため、前後スプロケット、チェーン、ワイヤー類一式、バーテープも交換です。また、リアスプロケットの最大歯数を 25T から 28T にします。

ここで必要となるのが、ディレイラーのリア最大ギアという仕様です。

もともと付いていたリアディレイラーは、シマノ RD-6600SS スペックは?というと、

  • トータルキャパシティ 29t以下
  • リア最大ギア 27t
  • リア最小ギア 11t
  • フロント歯数差 14t以下

つまり、リア最大ギアが 28T 以上だと使えないということです。

仕方がないので、リアディレイラーを RD-6700SS に交換しました。RD-6700SSのリア最大ギアは 28t なのです。

この際だから、11s対応の、RD-6800SS もチラッと思いましたが、11s 用のリアディレイラーは 10s との互換性が無いため、断念。大は小をかねるパーツもあるのですが、この場合はワイヤーの巻き取り量が異なるため、互換性が無いのです。

 

塗装屋さんに出すことおよそ一ヶ月。インプレッサブルーのテスタッチフレームが仕上がりました。そこの詳しいくだりはコチラ

テスタッチ 再塗装

組み立てること数時間。ギア比が重たかったので、リア最大ギアを 28T にするだけではなく、アウターを44t、にしてみました。これで今まで乗車してクリアすることの出来なかった激坂区間が、乗車したままクリアできるだけではなく、アウターギアで余裕のある走りが出来るはず。

テスタッチ 再塗装

冬場のロード選手のトレーニングとして始まったシクロクロスレース。オリンピック種目にこそなっていませんが、毎年世界選手権も行われており、ここ数年急激な盛り上がりを見せております。

ロードレースやマウンテンバイクのようなほぼ自己判断によるカテゴリー分けではなく、全国共通カテゴリーでC1~C4 となっているため、自分のレベルに応じたレース展開を楽しむことが出来ます。

競技時間も、C4 が20分C3 が30分C2 が40分C1 が 60分 と決まっています。上位入賞者は一つ上のカテゴリーに上がることが出来ますが、逆に成績が悪いと次の年からは下のクラスに落ちてしまいます。

 

私も一昨年まぐれで C3 から C2 に昇格してしまったので、何とか残留資格を得るために、2月の四国のさぬきクロスまで遠征したものです。おかげで今シーズン(13-14)は C2 にエントリーすることが出来ます。

 

シクロクロスレースは周回コースで行われ、途中には自転車を降りないと越えられない障害物(シケイン)が数箇所設置されます。また、雨、雪、泥になることも珍しくなく、レースによっては田んぼの中で代かきしているような状態になることも。

だから、レース時は長靴、洗車セット持参がお約束。

 

コースがそんな状態なので、パンクや泥つまりによるブレーキやディレイラーの破損は日常茶飯事。そのため、機材交換が認められているのも、シクロクロスレースの特徴。

選手やサポートスタッフは、予め決められたピットエリアに、スペアホイールやスペアバイクを持ち込んで、マシントラブルに備えます。

全国各地で開催されているシクロクロスレースをご紹介しておきます。速いところでは、10月頃から順次シーズンインとなります。

全国各地のシクロクロスレース主催者のホームページ・ブログ

 

ロードレースと比べてスピードが遅いのと、周回コースなので何度も選手が通過することから、レースを見に来るだけでも盛り上がります。ラッパやカウベルなどの、鳴り物を鳴らして応援するスタイルもありです。

レース展開もめまぐるしく変わります。メカトラで脱落した選手が再びトップに返り咲き、優勝してしまうことも珍しくありません。

 

シクロクロスバイクでなくても、マウンテンバイクや、ブロックタイヤに交換したクロスバイクでも C3C4 ならエントリー出来ますよ。

応援がてら、冬場のモチベーションアップに、一度参加してみてはいかがですか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. ドイター フェイスブック

    頭痒いとこないですか?

    ドイターのバックパックが当たるキャンペーン 第2弾

    ワールドサイクルのフェイスブックページに「いいね!」をすると応…

  2. サイクリング情報

    好き好んでしんどい目に会いたい人が集まるところ。さんいん1300ブルベ

    風を感じ、自分の脚だけで、爽やかで、程よい疲労感で、その後の食…

  3. 新製品情報

    そろそろ「ようかん(羊羹)」が本気を出すようです

    ロードバイクでガッツリ走りに行くとき、コンビニの店頭でかなりの高確率…

  4. 頭痒いとこないですか?

    最近良く耳にする、「輪行」を徹底的にお教えします。

    今年5回目と6回目の輪行講座がおこなわれました。今回は動画でご…

  5. サムライ 侍 真田紐

    新製品情報

    真田幸村とその一族が刀に巻いたといわれる「真田紐」を使った「サムライバーテープ」。

    雑誌やインターネットで新しい商品を探したりするのですが、これを…

最近の記事

  1. tantanロングライド
  2. X-RIDE サイカム B-1
  3. hiplock ヒップロック Zlock
  4. GT-Roller Flex 3
  5. r250 サドルバッグ バイクパッキング
  6. シマノ 新型アルテグラ R8000シリーズ
  7. ch-hg701 シマノ チェーン
  8. バイクハンド クイックリンク
  9. R×LSocks シームレスアームカバー
  10. 輪行講座 輪行講習 輪行教室

  1. サムライ 侍 真田紐

    新製品情報

    真田幸村とその一族が刀に巻いたといわれる「真田紐」を使った「サムライバーテープ」…
  2. シュワルベ タイヤレバー

    頭痒いとこないですか?

    タイヤをはめるのが硬いの~ってお悩みの方、ええのんありまっせ。
  3. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルが改良に改良を重ねたツールケース。
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. 輪行講座 輪行講習 平野由香里

    頭痒いとこないですか?

    あの平野由香里さんが、輪行マイスターに認定されたといううわさは本当か?
PAGE TOP