頭痒いとこないですか?

自転車通勤をしなくなると、こんなに衰えてしまう衝撃の事実

suzuka2

私事で恐縮ですが、今年の1月まで10年間ほど、片道約15キロの自転車通勤をしておりました。街中をロードバイクでおよそ50分前後。もちろん往復です。
自転車に乗るのはその通勤の他に、年にロードレースを2~3回、冬にシクロクロスレースを3~5回ほど。休みの日はというと、月に1~2回、午前中に30~80キロほど走る位です。

それで年間の自転車走行距離はおよそ8,000~10,000キロ程

 

日常生活に自転車運動がごく自然に組み込まれており、我ながら大変健康的な生活でした。

 

そんな生活を一身上の都合により、今年の1月一杯で終了。4月からは電車通勤に変わりました。

電車に揺られている時間は片道1時間ほどなのですが、自宅から駅まで、駅から職場までのママチャリと、1回の乗換えでおよそ1時間ほど。合計で片道約2時間

おかげで電車の中で読書に没頭できる時間が増えたのですが、自転車に乗れるのは多くて週2回。実際は週1回。たまに家族で1日お出かけなどすると、丸2週間自転車に乗らないことも。

昨年は大阪マラソンに当選したということもあって、丁度夏ごろから3ヶ月ほど週に3回ほど10キロの早朝ランニングもしており、今年と比べると何十倍もの運動を行っておりました。

 

日常生活に運動を取り込めなくなっておよそ7ヶ月。人間の体力というのはどれくらい衰えるのでしょうか。

これは逆パターンで考えると、どれくらい体力が向上するのかという実験でもあります。

 

比較するのに丁度良いのが、ロードレースの成績です。毎年同じ時期に同じコースで同じ周回数。条件はほぼ同じ。シマノ鈴鹿のオープンII、コースを5周走って距離は約29キロ。

suzuka

結果を比べてみると・・・・・・

年齢順位タイムトップとの差平均速度
2013406947分7秒5秒3936.97km/h
2012394842分18秒5分0秒2641.18km/h

昨年は最終コーナーまでは気持ちよく集団前方で走っていたのですが、今年は1周目から辛く、3周目に入るホームストレートで集団からさようならぁ。

同じようなライダーと一緒にぎりぎりの走りで、足きりだけは逃れたものの最終ライダーとしてゴールイン。

トップから約5分遅れ、去年の自分よりも約5分遅れと、散々な結果になりました。

 

わずか7ヶ月間でこれほどの体力の衰え・・・・・

 

逆にいえば、7ヶ月あれば29キロ走るのに5分は速くなるということ。

 

10月からの関西シクロクロスまでに、どこまで戻せるか、自分に期待。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. 頭痒いとこないですか?

    明日11/9 午前10時より2日間、サイクルモード2013inインテックス大阪開幕です。

    いよいよ明日、11月9日から2日間、サイクルモード・インテック…

  2. 頭痒いとこないですか?

    桁違いの盛り上がりをみせた、ジム・フェルト氏のベックオン訪問。

    10/23にお知らせ「チューブの魔術師、ジム・フェルトがベックオンにや…

  3. zerorh エアロロードヘルメット alpha

    頭痒いとこないですか?

    丸っこいロードのヘルメットが増えてきています。

    数年前からプロのロード選手のヘルメットデザインが変化しつつあるの、ご存…

  4. 頭痒いとこないですか?

    今予約すれば、日本シリーズに間に合います。阪神タイガースジャージ

    阪神タイガースジャージ the ファイナル。今ご予約いただけれ…

最近の記事

  1. 現品特価 デマルキ
  2. r250 ハンドルポーチ ステムバッグ
  3. velobici ヴェロビチ
  1. fabric ファブリック

    新製品情報

    シンプル、ニュートラル、機能的デザイン UK発の革新的パーツブランド fabri…
  2. ウィラートラベル バス 輪行

    頭痒いとこないですか?

    ウィラートラベルで自転車の持ち込みが一部復活しました。
  3. 輪行講座 輪行講習 平野由香里

    頭痒いとこないですか?

    あの平野由香里さんが、輪行マイスターに認定されたといううわさは本当か?
  4. サムライ 侍 真田紐

    新製品情報

    真田幸村とその一族が刀に巻いたといわれる「真田紐」を使った「サムライバーテープ」…
  5. リラックマ バーエンドキャップ

    頭痒いとこないですか?

    真田紐とリラックマ
PAGE TOP