fbpx
チェーン,フキフキ

メンテナンス教室

寒くても汚れていくチェーンと(楽に)戦う方法

ものすごく寒い時に、屋外で寒風の中洗車をするのは辛いですよね。

でも、そんな悩みに関係なく、晴れの日ばかり乗っていても自転車は汚れていきます

特に、潤滑油(チェーンオイル)が剥き出しのチェーンは、乾燥した大地で巻き上がったホコリ、砂をすべて受け止めるがごとく、黒く汚れていきます

写真は、シマノの最高峰グレードデュラエースのチェーン「CN-7901」ですが・・チェーン,フキフキ

シマノ製のチェーンは、グレードが上がるごとに仕上げの輝きが増していき、デュラエースグレードでは、眩しいほどのシルバーなのですが、こちらはすっかり黒くなってしまい新品の頃の面影はありません

これは、もうチェーンクリーナーガラガラと洗うしかありません。

しかし、外は寒い。想像しただけで手が悴んできそうです。

かといって、家の中でチェーンクリーナーを使うと、洗浄液が垂れたり、においが気になるので気が引けます。

そんな時は洗うではなく、屋内でもできる「拭く」にして、外観だけでもピカピカにしましょう。

チェーン,フキフキ

ここで、ソーヨー トゥルータッチワイパー チェーン用の登場です。

マイクロファイバー異形繊維という、いかにも汚れを掻き落としてくれそうなクロスで、チェーンをフキフキするだけで、ニオイのきついケミカルを使うことなくチェーンの外観をピカピカに出来ます。

今回、クロス2枚を使いふきあげたチェーンがこちらです。

チェーン,フキフキ

このピカピカ具合がいいですね。

ただし、隙間に挟まった汚れを完全に取り除くことは出来ません。

さらなる綺麗さ、根本的な洗浄が必要であれば、チェーンクリーナー(別途ディグリーザー(脱脂材)が必要です)で、本格洗浄をしましょう。

チェーンクリーナーと、このクロスの合わせ技で、いつも綺麗なチェーンを維持したいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. コンチネンタル グランプリ 5000シリーズ
  2. 2018 クリスマス クーポン
  3. GSR Gear 「カメラを止めるな!」 サイクルウェア
  4. おたふく手袋 body-toughness
  5. naroo ハーフバラクラバ
  6. アラフォー女子 もんもん
  7. R250 ヘルメットイアーウォーマー
  8. リッカル アルミ サイクルスタンド
  9. 輪行講座
  1. おにぎり リフレクター 三角

    新製品情報

    目立ちたいなら大きいのが一番。R250の新作は「おにぎりリフレクター」
  2. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。
  3. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  4. ブライトン ライダー410

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンの新型GPSメーター「ライダー410」徹底研究
  5. メンテナンス教室

    買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
PAGE TOP