fbpx

花より団子でスミマセン

vol.34 炭水化物について<その2>

夏の高校野球。
球児達の一生懸命な姿を見て、訳もなく泣けてくる管理栄養士のカワナミです。

でも泣いてばかりはいられませんっ。←そんなに泣いてない
炭水化物について、私も一生懸命に伝えたいと思います!

前回、この図を見ていただきましたね。
炭水化物 糖質 食物繊維

なぜか炭水化物が悪モノ扱いされがちな世の中。
しかし、炭水化物という栄養素をじっくり見てみると、実は糖質と食物繊維を含むものだったり、その糖質にもいくつか種類があったり(食物繊維も然り)するのです。

ちょっと話はそれるのですが、私は「適材適所」という言葉が好きです。
個人的には、完璧な物や人はいないと思っています。
それぞれに弱点はあるけど、何か他より優れた点も持っているはず。
そういう物や人が協力しあって素晴らしい物を作ったり、素晴らしいことを成し遂げていくんじゃないかと・・・。

そんな考えのもと、栄養素も適材適所で何かに偏るのではなくバランス良くとったり、タイミング良くとることによって、健やかな体(アスリートにとっては素晴らしいパフォーマンス)が維持できると思っています。

話は戻りまして・・・。
糖質の適材適所を見るために、糖質の種類をご紹介したいと思います。
糖質
ブドウ糖やらグリコーゲンやらは、ちょこちょこ耳にすると思います。
(私のこのブログでも度々登場してますしね)
でも、単糖類少糖類多糖類はあまり聞かないのではないでしょうか・・・?
ということで、まずこれらの特徴を。

  • 単糖類:1個の糖からなるもの。
  • 少糖類:単糖が2~10個結合したもの(結合数によって二糖類、三糖類などと呼ばれる)。
  • 多糖類:単糖が多数結合した高分子化合物。

ベースとなるのが単糖類で、それらの組み合わせによって少糖類や多糖類になるのです。
例えば・・・

  • ブドウ糖+果糖=ショ糖(砂糖の主成分)
  • ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖・・・・・=デンプン、グリコーゲン

糖が1個のものもあれば、何個もくっ付いているものもある・・・この違いが、実は吸収速度に関わっているのです。
この吸収速度の違いを理解しておけば、どの糖質が良い・悪いではなく、このタイミングの時はこの糖質この目的の時はこの糖質・・・という感じで使い分けができると思います(これぞ適材適所!)。

そんな吸収速度の違いについては、また次回お話することにします。

(まだまだ続く・笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. シマノウェア大特価セール
  2. リニューアル
  3. GUEE SL GEO バーテープ
  4. 7italia(セブンイタリア)&GSGセール
  5. ノースウェーブ EXTREME GT 2 オパール シューズ
  6. NOGUCHI カメレオン バーテープ ブルー
  7. クローズザギャップ
  8. OGKカブト OVG-1W オーバーグローブ
  9. もんもん ロードバイク女子

ワールドサイクルにリクエスト

  1. 輪行 方法

    頭痒いとこないですか?

    阪急電車で輪行マニュアル
  2. 立てかけ方

    頭痒いとこないですか?

    ロードバイクの安全な立てかけ方 実践編
  3. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
  4. サイクルキャップ

    頭痒いとこないですか?

    サイクルキャップで肩こりにならないように。
  5. メンテナンス教室

    買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
PAGE TOP