fbpx

新製品情報

もう屋根に載せたバイクをファミレスの駐車場にぶつけることはありません。

ルーフスコープ

これって、「自転車あるある」だと思いますよ。

車の屋根に自転車を乗せてるのを忘れて、ファミレスや地下駐車場の高さ制限のバーに自転車をぶつけてぶっ壊したって。

おそらくこれを考えた人は、そうやって何台も自転車をぶっ壊したおっちょこちょいなんでしょうね。

車の屋根を見るための、バックミラーです。

ルーフスコープ

つまり車のボンネットや、フロントガラスに取り付けることで、車の屋根が見えますよっていう、バックミラーです。

 

 

ルーフスコープ

 

これはボンネットに付けた状態ですね。常に視界の中に屋根に積んだバイクが見えることで、高さ制限の標識を見た瞬間、ヤバイって気がつくってわけです。

ルーフスコープ

室内につけることも可能ですね。RV車の場合左前に3個目のサイドミラーが付いていたりしますが、同じようなことがこのミラーで可能です。

ルーフスコープ

取り付け方は簡単。道具も何も必要ありません。まず本体は吸盤でくっつきます。付け外しは簡単なので、必要な時だけつければ大丈夫。

その吸盤も、ただペロッとつけるだけではなく、より強く吸い付けることが出来ます。

土台のところをまわしてください。隙間がピッタリとくっつきました。こうなるともう人の力でははがすことは不可能。

ルーフスコープ

最適なポジションを映すために、稼動部分が2箇所あります。一つ目はアームの中央部分。

ルーフスコープ

もう一つは、ミラーの裏側。ボールジョイントになっていますので、自由自在に角度調整が可能です。

ルーフスコープ

ミラーと本体はこのようにマジックテープで固定します。よくあるマジックテープよりも強力なタイプなので、グイッと強めに押し付けてください。

ルーフスコープ

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、ミラーはカーブミラーのように凸面鏡になっています。狭い面積でも広い範囲の風景を見ることが出来るのです。

ルーフスコープ

動画でもご覧ください。

RoofScope from Element on Vimeo.

凸面鏡の場合距離感をつかみにくいという弱点がありますが、屋根の上のバイクを見張るだけなら、それでも問題ありません。

いままでありそうでなかった、屋根の上のバイクを見張るためのミラー、いかがでしょうか。

ご注文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. オルターロック 愛車を見守るサイクルガード アラーム、GPS通信機能搭載
  2. パナレーサー×フカヤ イレイサー サイクルトレーナー専用タイヤ
  3. R250 防水スクエアバックパック ライト ブラック
  4. 防水シリコンシューズカバー R250
  5. rayo ラヨ
  6. アラフォー自転車女子
  7. OGKカブト フレアー ヘルメット
  8. マイヨブランアポアルージュベル
  9. R250 防水シリコンエアロシューズカバー
  1. 輪行袋 輪行 輪行講座 輪行教室

    頭痒いとこないですか?

    これができれば絶対にゆるまない、輪行ストラップの締め方。
  2. メンテナンス教室

    買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  3. ブライトン ライダー410

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンの新型GPSメーター「ライダー410」徹底研究
  4. ビーム(TheBeam) CORKY バックミラー ドロップハンドル用

    頭痒いとこないですか?

    ドロップハンドルにつけたバックミラーが邪魔でバイクが倒れてしまう問題を解決。
  5. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
PAGE TOP