新製品情報

新ブランド「ユニック」のフロアポンプをテストしてみました。

ユニック 空気入れ

新しく入荷した、「ユニック」というブランドのフロアポンプ「ユニック G6-ELITE フロアポンプ ブラック」をご紹介します。

 

レザインやバーズマンの流れをくむような、シンプルなデザインです。空気圧計はベースと一体化しており、その目盛りは11気圧まで刻まれております。

ボディは鉄製、ベースはアルミ製、ハンドルは木製となります。

ユニック 空気入れ

重量が1.78kg(当店実測)あるため、かなりずっしりと安定しております。樹脂製の軽いフロアポンプのように、すぐに倒れてしまうということはありません。

ボール用やゴムボート用のアダプターが2種類付属しています。ただ押し込んであるだけではなく、ねじ山が付いているので、ついうっかり外れるようなことがありません。

ユニック 空気入れ

木製の取っ手にメーカーロゴの焼き印が入っています。ベースの裏側にはゴムのぽっちが付いており、床を傷つけにくいようになっています。 ユニック 空気入れ

ヘッド部分はベースの横に引っ掛けて固定します。ユニック 空気入れ

ヘッドは仏式バルブと、米式バルブに対応しております。切り替える時はヘッドのオレンジ部分を付け替えます。ユニック 空気入れ

ヘッド部分についているこのボタン。入れすぎた空気を抜くためのものではなく、ヘッドを外す時にホース内の空気を抜く時に使用するもので、正式名称は「ホース内圧力解放ボタン」といいます。

実際に減圧してバルブから外した時と、減圧せずにバルブから外した時を試してみましたが、大きな違いは感じられませんでした。ユニック 空気入れ

ヘッドはバルブコアのねじ山に取り付けます。ユニック 空気入れ

実際に空気を入れてみました。身長166cmの私には、最大120cmにもなるこの空気入れはすこし大きく感じました。

ボディが大きめなので、最初から空気がぐんぐん入ります。700x23cのタイヤの場合、16回のポンピングで7気圧まで入りました。

押し込む強さはどのくらいかといいますと、5気圧くらいまではわりと軽いのですが、そこから急に重たくなるようです。7気圧位になると、体重をかけて押し込みました。私には11気圧も入れられません。

ホース長が130cmと長いので、サドルの横あたりに空気入れを置けば、その位置で前後輪まで届きます。

ユニック 空気入れ

空気が入れ終わったら、ヘッドの「ホース内圧力解放ボタン」を先に押してから、バルブから外すようにしてください。その時想像していたよりも空気が抜けて、びっくりしました。

 

ご注文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. クリオ パフォーマンスホットジェル
  2. カペルミュール クリアレインジャケット ワールドサイクル別注カラー
  3. シールスキンズ 防寒・防水アイテム
  4. バーミッツ ドロップ/フラットハンドル用防寒カバー
  5. エアロヘルメット
  6. アラフォーもんもん
  1. ブレーキロック

    頭痒いとこないですか?

    バイクが倒れてしまうのは、タイヤが動いてしまうのが原因です。
  2. 東京駅 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    東京駅には自転車を入れられるコインロッカーがあるって、ホント?
  3. ランドキャスト 例のポンプ

    頭痒いとこないですか?

    進化しすぎだろ、例のポンプをトピークの人気モデルと比べてみたら。
  4. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  5. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
PAGE TOP