頭痒いとこないですか?

歩いて汚れたクリートカバーは、どうやって仕舞う?

SPD-SL クリートカバー

スキーのブーツや野球のスパイクのように、特定のスポーツに特化したシューズが普通の道で歩きにくいのと同じで、自転車の専用シューズも普通の道は歩きにくい。これは当然ですよね。自転車に乗っているときに最高のパフォーマンスを発揮することを考えて開発しているんですから。

ですが自転車はレースで早く走るだけのものではありません。旅のツールとして、自転車から降りて観光地を歩いたり、食事をしたり、電車で輪行もしたりします。そんな時いちいち靴を取り替えるのはとても面倒ですし、荷物にもなります。そこで、自転車専用シューズを多少でも歩きやすくするために靴底に取り付ける「クリートカバー」と言うものがあります。

ペダルのブランドによっていくつか種類がありますが、最も普及しているシマノのSPD-SLの純正クリートカバーが、コレです。ゴムの塊です。クリートの上からかぶせるだけです。わりとしっかりくっついていますので、普通に歩いているうちに簡単に外れてしまうということはありません。

SPD-SL クリートカバーとても小さくて軽いので、気軽に持ち運ぶことが出来るのですが、使った後どうするか?

靴底ですので、歩けば当然土や埃がつきます。ラーメン屋さんであれば油が付くかもしれません。これをそのままジャージのバックポケットや、バックパックに入れますか?

私はちょっと抵抗がありますので、多少荷物が増えるのは覚悟してこんなものに入れています。

百円ショップで売られているポーチです。左は布製、右はビニール製です。SPD-SL クリートカバークリートカバーをコレに入れれば、ジャージやバッグが汚れることもありません。 SPD-SL クリートカバー SPD-SL クリートカバー SPD-SL クリートカバー小さいジップロックやコンビニの袋でも良いかもしれませんが、使い捨てなモノよりは、大切にしてる感があって良くないですか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. ドイター フェイスブック

    セール情報

    ドイターのバックパックが当たるキャンペーン

    ワールドサイクルのフェイスブックページに「いいね!」をすると応…

  2. 輪行講座 輪行講習 輪行教室

    頭痒いとこないですか?

    2017年4月の輪行講座とパンク修理講座

    2017年4月15日、第60回輪行講座と、第44回パンク修理講座が開催…

  3. 新製品情報

    これが充電器とカイロの二刀流

    もはや生活に手放せなくなったスマートフォン。新しいうちはまだ良いの…

  4. 頭痒いとこないですか?

    サイクルモード2013in幕張メッセ インテックス大阪

    年に一度の国内最大級のスポーツバイクの大試乗会。ニュー…

  5. リンプロジェクト輪行バッグ

    向かい風と闘う

    「にっぽん縦断こころ旅」、火野正平さんの輪行に注目

    ケンケンです。僕には毎朝の楽しみがあります。朝ドラの「あまちゃ…

最近の記事

  1. キャットアイ ウェアラブルX(SL-WA100)
  2. スコプレ ゼンスリップ クリートシム
  3. 堺浜クリテリウム
  4. OUTWET LP1
  5. R250 おにぎりリフレクター
  6. カーマー MELANO(メラノ) ヘルメット
  7. ピレリ P ZERO
  8. ローラー台専用クリンチャーホイールセット
  9. ポタガール まさみん 埼玉
  10. 【タイヤ2本付】★シマノ デュラエース WH-R9100-C24-CL クリンチャー 前後セット ホイールバック付属

  • Youtuberけんたさんと輪行マイスターによる、凄い輪行動画が完成しました。
  • 輪行講座はこちら

  1. 乗り方教室

    第1回 柳原康弘のロードバイク基礎テクニック講座
  2. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  3. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  4. thermos サーモス 保冷ボトル FFQ-600

    頭痒いとこないですか?

    これ知っておかないとやばいよ。サーモスの真空断熱ボトルの洗い方。
  5. 乗り方教室

    第2回柳原康弘(Yans)のロードバイク基礎テクニック講座・前編
PAGE TOP