新製品情報

光物は大好きです。エリートの「光るボトル」を徹底ご紹介。

エリート 光るボトル

エリートから発売されたこのボトル、一見何の変哲も無いのですが、凄い秘密が隠されています。 エリート 光るボトル

そこのグレーの部分をネジって外してみると、なにやら基盤が出てきました。 エリート 光るボトル

プラスドライバーでボルトを外してみます。ドライバーは標準的な大きさの2番が対応しています。 エリート 光るボトル

さらに分解して、付属のボタン電池(CR2032)を2個入れます。プラスマイナスを間違えないように。 エリート 光るボトル

セットできました。 この状態でスイッチがたまたまONになっていると、いきなり光りますので、驚かないように。エリート 光るボトル

2個の白色LEDが光っていますね。 エリート 光るボトル

そのまま元に戻しましょう。 完全防水とはうたっていませんが、そこかしこにゴムのパッキンがあるので、防水対策はされていそうです。

エリート 光るボトル

スイッチはそこの部分にある、小さなゴムの突起です。 エリート 光るボトル

光りましたね。長押しでスイッチのON/OFFとなります。1回押すと、モードが切り替わります。この状態で中身は空ですが、これでも充分夜間の視認性はよさそうです。

中身が入ると光が乱反射してもっと綺麗そうですね。トピークからもボトルケージにLEDを仕込んでボトルを光らせるという商品がありますが、こちらのほうがお手軽に使えそうですね。

モードは3種類で、それぞれの電池寿命はこのようになります。

  • ハイ 約60時間
  • ロー 約120時間
  • 点滅 約240時間

かなり長時間電池は持ちそうですね。

動画で撮影してみました。34秒なのでさくっとご覧いただけます。音はありません。

メーカー動画もご参考に。この光るボトルがあるときと無いときの比較をしていますが、そもそも車道を走るべきですね。歩道を走るなら徐行(すぐに停止できる速度)しましょう。

ご注文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. カペルミュール クリアレインジャケット ワールドサイクル別注カラー
  2. シールスキンズ 防寒・防水アイテム
  3. バーミッツ ドロップ/フラットハンドル用防寒カバー
  4. エアロヘルメット
  5. アラフォーもんもん
  6. ライドオンすさみ2018
  1. 東京駅 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    東京駅には自転車を入れられるコインロッカーがあるって、ホント?
  2. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  3. 輪行講座 輪行講習 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルの通販は、モノはもちろんコトも販売します。輪行マイスターの輪行講…
  4. ブレーキロック

    頭痒いとこないですか?

    バイクが倒れてしまうのは、タイヤが動いてしまうのが原因です。
  5. おにぎり リフレクター 三角

    新製品情報

    目立ちたいなら大きいのが一番。R250の新作は「おにぎりリフレクター」
PAGE TOP