fbpx

新製品情報

走行時には身をひそめ…、駐輪時に存在感を発揮するカーボン製スタンド

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

自転車業界に限らず、ちょっと人気がでるとすぐに類似品が作られます。テレビのバラエティ番組なんかはどれも似たような内容ばかりになったり、人気のあるタレントに出演が集中したりしますよね。生活雑貨などでもすぐに大幅にコストダウンした良く似た商品が百均ショップに登場します。

特許や商標は取得するのに高額な費用と時間がかかったりするわりに、国が違うと解釈が違ったり、世界中でそれらを取得しないと効果が無かったり、そんなもの最初から気にしない人もいたりと、なかなか先駆者の利益を守るのも大変です。

今回はこの商品、

からインスパイヤーされたと思われるカーボン製スタンドをご紹介します。クイックレバーと共締めするタイプのサイドスタンドということであれば、こちら(バイクガイ QRスタンド)のほうがずっと前から発売されておりますが、クイックレバーと共締めするのはアダプターのみで、別体となったスタンド本体を使用時のみそのアダプターに取り付けるというアイデアという点では、このアップスタンドが最初ではないでしょうか。

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

超軽量

  • 本体にカーボンファイバーを使用。超軽量 約 86g となっています。 (収納ケースを除く)

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

専用収納ケース付き

  • 専用収納ケースが付属しています。
  • スリムな形状で、コラムとトップチューブを軸にマジックテープで固定できます。
  • 走行時に荷物にならず、場所も取りません。
  • 使用時にはすぐに取り出すことができます。

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

工具不要

  • 取付に工具は不要です。全て素手で行えます。

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

長さの調節が可能

  • 26インチから700Cのサイズに対応します。
  • 付属のスペーサーを使用すれば簡単に長さも調節できます。

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

クイックレバーはディレイラー側に取り付けることになります。リアディレイラーのアウターワイヤーの動きに影響を与えないように、ベストな角度で取り付けてください。

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

このタイプに共通したことですが、重厚なリアキャリアやシートポストキャリア、大型サドルバッグなどが付けられた重たいバイクの場合、このスタンドでは不安定となり、最悪自立できない場合もあることを、あらかじめご容赦ください。

一般的なフレームの2箇所(チェーンステーとシートステー)にボルトで固定するタイプのスタンドに比べれば、強度は大幅におとります。軽量でシンプルなロードバイク専用と割り切ってご使用ください。

イベラ IB-ST6 カーボンスタンド

サイクリング中のちょっとした休憩時に、わざわざ壁を探さなくっても、どこでも簡単に立てておけるというのは、とても便利ですよ。

 

他の類似品として、こんなのもありますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. ショーワグローブ 防寒テムレス 01winter ブラック
  2. Jスポーツ 2020 サイクルロードレース カレンダー
  3. POC Do Flow(ドゥ フロー) Uranium Black
  4. ビットリア RUBINO PRO 700×25C ツインパック タイヤ、チューブ各2本セット
  5. 「ろんぐらいだぁすとーりーず!」サイクルウェア
  6. ゆるふわーくす
  7. 輪行講座 輪行 輪行袋
  8. ウィッシュボーン BB
  9. シマノ デュラエース R9100 シリーズキット
  10. 「疲労困憊、初めてのライドイベント~ツアーオブ奈良まほろば~」

ワールドサイクルにリクエスト

  1. ツーショットポーズ集

    頭痒いとこないですか?

    ロードバイクとのツーショット ポージング集
  2. 東京駅 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    東京駅には自転車を入れられるコインロッカーがあるって、ホント?
  3. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    理想のライトポジションを実現するブラケット。
  4. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
  5. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
PAGE TOP