fbpx

新製品情報

もうちょっとゆる~い感じで、耳があったかキャップ。

冬の自転車ライドに欠かせない「耳あて」 ヘルメットをかぶることが出来る自転車用で探してみると、ざっとこんなタイプがあります。

イヤーウォーマー

  1. インナーキャップ(ビーニー)に耳あてがついたもの。
  2. ヘッドバンドに耳あてがついたもの。
  3. ヘッドフォンタイプの、後頭部から耳を挟むタイプ。
  4. 高さのあるネックウォーマーを耳までかぶせる
  5. バラクラバタイプ(冬山用なので、自転車にはちょっと暑すぎる・・・・)で首から上を全て覆う。

ヘッドフォンタイプとネックウォーマータイプの2つを除くと、かなり本気度が高いアイテムですね。カジュアル用で探してみると、ニットやフリースキャップに耳あてがついたタイプがありますが、あご紐がついていたり、折り返し部分が分厚かったり、天辺にぼんぼりがついていたりして、その上から自転車のヘルメットをかぶることは出来ません。

ビーニー キャップ

 

そこで今年リンプロジェクトから発売されたのが、「ビーグルキャップ」という代物。

ホールガーメントという継ぎ目の無い無縫製で作られたニット製品で、耳あて部分がビーグル犬のように見えるところから命名された、リンプロジェクトのオリジナル商品です。バイク用や山用ではこういった商品は少しありますが、自転車ブランドから発売されたのは、初だと思います。

リンプロジェクト ビーグルキャップ

日本製で前後左右には縫い目が一切無し。筒状に編み上げたものを、天辺で閉じてあります。真上から見るとこんな感じ。 デコボコがほとんどありません。

リンプロジェクト ビーグルキャップ

ひっくり返すと、すこ~し合わせ目がありますが。リンプロジェクト ビーグルキャップ

品質表示のタグも、縫い付けられておりません。シールタイプになっていて貼り付けられています。

素材は、アクリルが70%で、ウールが30%、サイズはフリーサイズです。リンプロジェクト ビーグルキャップ

カスクと組み合わせるのが、リンプロ流。休憩中にコーヒー豆を挽いて、ドリップしてゆっくり味わいたいですね。

リンプロジェクト

私としては、自転車に乗るときは機能性に優れたウェアーを着ていたいタイプですから・・・・・

リンプロジェクト ビーグルキャップ

ガッツリヘルメットを着用します。サイクル用の耳あて付キャップと違って、締め付けがきつくないんですよね。ヘルメットをかぶることを想定して作られていますので、カジュアルブランドのニットキャップのように分厚くありません。

そして耳あて部分が大きいので、耳だけではなく顔までかなり温かいのです。

リンプロジェクト ビーグルキャップ

首元にはネックウォーマーを組み合わせましょう。リンプロジェクトのビーグルキャップは、カーキとグレーの2色。この冬大いにオススメです。

ご注文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. 第20回スズカ8時間エンデューロ参戦記
  2. サンボルト ランドヌールジレ
  3. ディスクブレーキ輪行
  4. ファイントラック ドライレイヤー
  5. JIC 電動お掃除ブラシ スーパーソニックスクラバー
  6. フォーアイ Fliiiight スマートトレーナー
  7. チューブレスレディ タイヤ交換
  8. HAUTE WORKS Cliq 究極のテール ライト USB充電 ブレーキ ランプ/盗難防止アラーム付 Bluetooth
  9. 湖上館PAMCO パムコ 三方五湖 若狭幹線林道
  10. スポーツフル TEAM YUKIYA サイクルウェア

ワールドサイクルにリクエスト

  1. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    web版、パーフェクト輪行講座 これだけは。まとめ。
  2. 自転車の立て方

    頭痒いとこないですか?

    ロードバイクのスマートな立て方。
  3. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  4. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  5. 手放しスタート

    頭痒いとこないですか?

    ビギナークラスで「まっすぐ走れ」という怒声が日常茶飯事なほど、まっすぐ走れないで…
PAGE TOP