fbpx
zerorh エアロロードヘルメット alpha

頭痒いとこないですか?

丸っこいロードのヘルメットが増えてきています。

数年前からプロのロード選手のヘルメットデザインが変化しつつあるの、ご存知でした?

ちょっと前までは、いかにも風通しが良いように前面の穴が大きくて、流線形なグラフィックで、重量が200gを下回るようような軽量のものが流行っていたのですが、なにやら最近丸っこくなっています。

そういう丸っこいヘルメットを総称して、

ロードエアロヘルメット
とか、
クローズドエアロヘルメット

なんて呼んだりします。すでにほぼすべてのメジャーなヘルメットブランドから、発売されています。いくつかご紹介します。

kask protone ロードエアロヘルメット

kask protone

カスクのプロトン ツールドフランス3勝目を挙げたチームスカイのクリス・フルーム選手もかぶっているので、露出度高めですよね。ベンチレーションはスライド式で開閉できます。

met manta ロードエアロヘルメット

met manta

メットのマンタ 重量わずか206gという、驚異の軽さ。フィッティングシステムのベルトが頭1周していたり、汗止めパッドがついていたり、かなり気になるモデルです。

bell starpro ロードエアロヘルメット

bell starpro

ベルのスタープロ カスク同様ベンチレーションはスライド式。マグネット式で着脱できるアイウェア(シールド)が特徴。

poc octal エアロロードヘルメット

poc octal

ポックのオクタル 悪い意味でつかわれることの多い「キノコ型」に真っ向勝負。堂々と「キノコスタイル」ですが、直線的なベンチレーションホールは逆に新鮮。

などなど。ワールドサイクルでは取り扱いが無いのでご紹介しませんが、ほかにも「スぺシャライズドのイヴェード」「ボントレガーのバリスタ」「ジロのエアアタック」や、新城幸也選手がランプレメリダチームでかぶっている「スオーミーのガンウィンド」もロードエアロヘルメットです。

今回ご紹介するのは、zerorh+(ゼロアールエイチプラス)の、ゼットアルファ

zerorh Z alpha ロードエアロヘルメット

zerorh Z alpha

ゼロアールエイチプラスのゼットアルファには2種類ありまして、ノーマルタイプと、転倒時に脳に伝わる回転エネルギーを減少させる機能のついた「MIPS」が装着されたものです。そのMIPSモデルを実際にかぶってみました。

zerorh エアロロードヘルメット alpha

経験上どのメーカーでもMサイズを選べば間違いない私は、XS/M(54-58cm)サイズをかぶってみました。OGKKABUTOやカーマーのようなバリバリのアジアンフィットモデルに比べると、横幅は細めで、浅めのかぶり心地。かといってものすごく細いというわけではないので、まずまずのフィット感。ヘルメットのおでこ側がとんがっているので、おでことヘルメットの間に指1本分ほどの隙間ができました

後頭部のアジャスターです。3万円クラスのヘルメットですから、当然よい動きです。低価格モデルだと1ノッチの間隔がおおざっぱですが、さすがに細かくアジャストできます。アジャスターの高さも3段階で調整可能です。

zerorh エアロロードヘルメット alpha

後ろ側に貼られた「MIPS(ミップス)」のステッカー。MIPSは「MULTI-DIRECTIONAL IMPACT PROTECTION SYSTEM
(多方向衝撃保護システム)」の頭文字をとったものです。

zerorh エアロロードヘルメット alpha

MIPSとはごくごく簡単に説明しますと、

  • ヘルメットに衝撃を受けたとき、外部のシェルと内部のライナーが独立して動くことで、衝撃を緩和するというものです。

内部の黄色いのがライナーです。全周にわたって張り巡らされています。

zerorh エアロロードヘルメット alpha

ライナーとシェルはフローティング構造です。「エラストメリック付属システム」といわれるシリコン製のパーツ4か所で、緩やかに接続されています。

zerorh エアロロードヘルメット alpha

ライナーがぐにょぐにょ動くのではないかと思いましたが、実際にかぶってみると違和感はありません。普通のかぶり心地です。ただし重量増は免れません。軽い商品の時は「軽さは正義だ」と言ったり、軽くない商品の時は「実際に使ってみるとその重さを感じさせない」などと言ったりするのが売る側の定石ではありますが、XS-Mサイズで300g近い重量は、やはり重い

zerorh以外にも、GIROやBELL、TREK、SCOTTもMIPSを採用したモデルを販売しております。中でもGIROの説明と、動画がわかりやすいので、ご紹介いたします。
ミップスは一歩進んだセーフティーテクノロジーです。

もう一つの特徴が、このエアロシールド。お侍さんの月代(さかやき)のように見えなくもありませんが、着脱式です。

2か所の爪でしっかりとはまっていますので、外すときはいったんヘルメットを外して、内側からカバーを押してやると外れます。はめるときは、上からパチンと押し込みます。

zerorh エアロロードヘルメット alpha

さて、エアロというからには、効果はどうなのでしょうか。エアロという点では、実は競輪選手が使用する通称「ドカヘル」が最も空力が良いといわれています。穴という段差がないので、空気が乱れずきれいに流れるからと言われています。もちろん、暑いので長距離は死にますよ。また、後頭部がシュッとしたいかにもなエアロヘルメットは、最近あまり流行ではありません。下を向いてしまったり、横を向いてしまうと、逆に一空気抵抗となるからです。室内のトラック競技では有効ですが、屋外のロードのタイムトライアル競技では、使用率は減ってきています。

ドカヘル

zerorh エアロロードヘルメット alpha

着脱式のカバー

エアロロードヘルメットの前側の穴は少ないのですが、後ろ側はかなり大きな穴が開いています。いくら前側の穴が大きく空気をたくさん取り込んでも、後ろから排出しなければ意味がないという考え方からです。こうしてヘルメット内部を前方から後方に向かってみてみると、かなりたくさんの穴が開いているのがわかります。前方から入った空気は、頭の形に添って後方に流れていき、ヘルメット後方の穴から排出されます。

zerorh エアロロードヘルメット alpha

理屈はわかっても、実際に体感できるかは別ですよね。カバーを付けた状態と、外した状態で走ってみました。8/27の午前中、この日は気温22~26度くらいと、それまでの猛暑日とはうってかわって涼しい日でした。アップダウンの続く山道を、前半をカバーをつけて、後半はカバーを外して走ってみたところ、全然違います。外すと風がさ~っと流れますが、つけるとぴたりと止まります。

結果、夏はまず外しっぱなしでしょう。カバーなんてつけたら暑くてえらいことになりますよ。

冬はつけっぱなしでしょうね。

zerorh エアロロードヘルメット alpha何故だ、どうしてこんなにストラップが短いんだ? 持ち運ぶときに抜けてしまわないか心配。
zerorh エアロロードヘルメット alpha縁までしっかりアウターシェルがかぶさっています。重量増にはなりますが、強度は高まります。

ご注文はこちらから
EHX6072 Z ALPHA

EHX6071 Z ALPHA MIPS
※Z ALPHAは、JCF(財)日本自転車競技連盟公認ヘルメットです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. フィジーク ロード用シューズ
  2. 7bicycle セブンイタリア セブンバイシクル
  3. R250 大型サドルバッグ
  4. タックス ブースター トレーナーバッグセット
  5. チキンラーメン ひよこちゃん長袖ウィンターシールドジャケット
  6. ランドキャスト マジックポンプ
  7. ニッセンケーブル
  8. ナカガワエンドワッシャー
  9. Rayo 究極のテールライト
  1. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  2. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
  3. 輪行講座 輪行講習 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルの通販は、モノはもちろんコトも販売します。輪行マイスターの輪行講…
  4. ブレーキロック

    頭痒いとこないですか?

    バイクが倒れてしまうのは、タイヤが動いてしまうのが原因です。
  5. おにぎり リフレクター 三角

    新製品情報

    目立ちたいなら大きいのが一番。R250の新作は「おにぎりリフレクター」
PAGE TOP