stemdesign ステムデザイン

頭痒いとこないですか?

ステムデザインなら、ウィンドベストとウィンドブレーカーがまとめて手に入る。

紅葉が見頃を迎える季節になってきました。紅葉するということは落葉樹が冬の準備を始めているということ。つまり寒い冬はもう目の前。完全に寒くなる前のこの1~2か月は、サイクリングに出かける場合のウェアー選びの難易度が高くなります

昼間は15度以上になるので、まだ夏用の半そでジャージに冬用アームカバーがベースになるとしても、朝出発する時間帯に気温10度以下だとその恰好は寒すぎ。夕方遅くまで走る場合も、再び気温は10度以下になることも。また、坂を上っている最中はアームカバーをずり下したくなるくらい暑くなっても、上で長めに休憩したり下りに入るとウェアー内に残った汗が風で一気に冷えて体温を奪われます。

都会から山岳地域に向かう場合、標高差で5度近く気温が低くなることもあります。

そんな時便利なのが、ウィンドブレーカーとウィンドベストです。寒いと感じた時だけ着ればよいstemdesign ステムデザイン
コンパクトにたたんでジャージのバックポケットにも収納できるウィンドブレーカーは、休憩中にも役に立ちます。何人かで走りに行ったときなど、坂の途中で仲間を待ったりすることがあります。そんな時、走ったままの姿ではすぐに体が冷えてしまうので、ウィンドブレーカーが1枚あるととても便利。

アウトドアウェアーの中にもウィンドブレーカーというのはたくさん販売されていますが、どんなにブランドやデザインが良くてもサイクリング用にはいまいちです。どういまいちなのかといいますと、造りがゆったりしすぎているんです。あれで走ると、走行中にそこらじゅうがヨットの帆のように膨らんだり、風になびいてバタバタうるさかったり。おなかのあたりがゆったりしすぎていると、トップチューブにまたがった状態からサドルに乗ろうとすると引っかかったりすることも。パーカーは後方確認で首を後ろに向けたときの視界をふさいでしまい、むしろ危険なだけ。

でも自転車用のウィンドブレーカーって、どれも派手すぎない?

おっしゃる通り。ちょっと前まで、サイクリングウェアーブランドのウィンドブレーカーといえば、とにかく車から目立つようにと、蛍光イエローなどの蛍光色や原色のものが多かったのですが、最近は普段着にも使えるようなお洒落なデザインのものも増えているのです

その代表格としてご紹介するのは、このステムデザイン。単純にウィンドブレーカーというだけではなく、なんと両袖をつけ外しすることができます。これは「ボレロ」と呼ばれる女性用の丈が短く前が空いている衣服を、ジッパーとスナップボタンでベストに着脱できるように工夫したものです。

stemdesign ステムデザイン

両袖部分を取り外すと、なんということでしょう。ウィンドベストになりました。ちなみにボレロを外すのは自分で着たままでもできますが、外すのは無理ですね。誰かに手伝ってもらうか、一度ベストを脱ぐ必要があります。 stemdesign ステムデザイン

「着ない < ウィンドベスト < ウィンドブレーカー」 の3段階調整が可能。

その日のライドにベストなのがウィンドベストかウィンドブレーカーか選べられないという方には、まさにうってつけ。価格はちょっと高めですが、2着分と思えば納得できます

着脱の仕方を見てみましょう。まず襟の後ろに3か所スナップボタンがついています。
stemdesign ステムデザイン

両脇にはジッパーが。これらをすべて外すかつけるかで、ウィンドベストとウィンドブレーカーが入れ替わります。
stemdesign ステムデザイン

デイリーバイシクルウェアともいわれるステムデザインならではの工夫は、このフロント両サイドのポケット。ジッパーは閉じると見えなくなるコンシールファスナー。ポケットの内側は薄いメッシュなので、何もいれていなければペダリングの邪魔と感じることは全くありません。これが輪行するときとか、ちょっとお買い物するときなんかに大変便利。

stemdesign ステムデザイン

袖の部分は、伸縮性の高いジャージ素材になっています。このタイプのほうが脱ぎ着しやすいのと、腕時計をしていてもだぶつきにくくなります。
stemdesign ステムデザイン

素材自体は、横方向にストレッチする高品質なもので、もちろん撥水加工済み。もちろん3バックポケット仕様なので、取り外したボレロはくしゅっとたたんで収納できます。全体のシルエットはもちろんスリムタイプ。前傾した乗車姿勢でも胸やおなかがだらりと垂れ下がることはありません。

レーシーな走りにも十分な、高品質な素材と高い縫製技術で作られていながら、輪行やグルメライドのように自転車以外の方と共存するような場でも浮かない落ち着いたデザイン。まさにステムデザインの真骨頂ともいえるアイテムです。

ご注文はこちらから
ステムデザイン デタッチャブルスリーブベスト ブラックorアイボリー

stemdesign ステムデザイン

ステムデザイン デタッチャブルスリーブベスト ブラックorアイボリー

その他のステムデザインはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. 乗り方教室

    ロードバイクの乗り方は、我流で回り道せず講座でスマートに上達しましょう。

    サイクリングツアーズジャパン、JCF(日本自転車競技連盟)一級…

  2. 頭痒いとこないですか?

    明るければ良いだけのライトではなく、対向車にもやさしいライトを

    光の明るさを表す単位は3つあります。自転車用のライトに…

  3. 輪行 エンド金具 ナカガワ エンドワッシャー

    頭痒いとこないですか?

    輪行までもがパワーアップ、ナカガワのエンドワッシャー

    ヒラメのポンプヘッド横カムのように、最近まったく生産が間にあっていない…

  4. 頭痒いとこないですか?

    「レースに出てみたいけど不安」という思いを一掃する講座、残席わずか。

    東京では20年ぶりの大雪となったとある2月の土曜、私は近鉄電車…

  5. co2 炭酸ボンベ

    頭痒いとこないですか?

    間違えないで。炭酸ボンベの重量とケミカルの重量と容量。

    ほんの数秒で7気圧までパンパンに膨らむ炭酸ボンベ。大きさが12g、16…

最近の記事

  1. TNI エルゴ スウィープ カーボン
  2. hiplock ヒップロック Zlock
  3. ヒップロック Z LOK
  4. youtuber けんたさん
  5. ウォークライド ソフトプロテクションカバー
  6. tantanロングライド
  7. X-RIDE サイカム B-1
  8. hiplock ヒップロック Zlock
  9. GT-Roller Flex 3

  1. ミノウラ ディスプレイスタンド

    セール情報

    愛車を室内保管するなら、縦横自在なミノウラDS-800という選択肢はいかが?
  2. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  3. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルが改良に改良を重ねたツールケース。
  4. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  5. 輪行講座 輪行講習 平野由香里

    頭痒いとこないですか?

    あの平野由香里さんが、輪行マイスターに認定されたといううわさは本当か?
PAGE TOP