stemdesign ステムデザイン

頭痒いとこないですか?

ステムデザインなら、ウィンドベストとウィンドブレーカーがまとめて手に入る。

紅葉が見頃を迎える季節になってきました。紅葉するということは落葉樹が冬の準備を始めているということ。つまり寒い冬はもう目の前。完全に寒くなる前のこの1~2か月は、サイクリングに出かける場合のウェアー選びの難易度が高くなります

昼間は15度以上になるので、まだ夏用の半そでジャージに冬用アームカバーがベースになるとしても、朝出発する時間帯に気温10度以下だとその恰好は寒すぎ。夕方遅くまで走る場合も、再び気温は10度以下になることも。また、坂を上っている最中はアームカバーをずり下したくなるくらい暑くなっても、上で長めに休憩したり下りに入るとウェアー内に残った汗が風で一気に冷えて体温を奪われます。

都会から山岳地域に向かう場合、標高差で5度近く気温が低くなることもあります。

そんな時便利なのが、ウィンドブレーカーとウィンドベストです。寒いと感じた時だけ着ればよいstemdesign ステムデザイン
コンパクトにたたんでジャージのバックポケットにも収納できるウィンドブレーカーは、休憩中にも役に立ちます。何人かで走りに行ったときなど、坂の途中で仲間を待ったりすることがあります。そんな時、走ったままの姿ではすぐに体が冷えてしまうので、ウィンドブレーカーが1枚あるととても便利。

アウトドアウェアーの中にもウィンドブレーカーというのはたくさん販売されていますが、どんなにブランドやデザインが良くてもサイクリング用にはいまいちです。どういまいちなのかといいますと、造りがゆったりしすぎているんです。あれで走ると、走行中にそこらじゅうがヨットの帆のように膨らんだり、風になびいてバタバタうるさかったり。おなかのあたりがゆったりしすぎていると、トップチューブにまたがった状態からサドルに乗ろうとすると引っかかったりすることも。パーカーは後方確認で首を後ろに向けたときの視界をふさいでしまい、むしろ危険なだけ。

でも自転車用のウィンドブレーカーって、どれも派手すぎない?

おっしゃる通り。ちょっと前まで、サイクリングウェアーブランドのウィンドブレーカーといえば、とにかく車から目立つようにと、蛍光イエローなどの蛍光色や原色のものが多かったのですが、最近は普段着にも使えるようなお洒落なデザインのものも増えているのです

その代表格としてご紹介するのは、このステムデザイン。単純にウィンドブレーカーというだけではなく、なんと両袖をつけ外しすることができます。これは「ボレロ」と呼ばれる女性用の丈が短く前が空いている衣服を、ジッパーとスナップボタンでベストに着脱できるように工夫したものです。

stemdesign ステムデザイン

両袖部分を取り外すと、なんということでしょう。ウィンドベストになりました。ちなみにボレロを外すのは自分で着たままでもできますが、外すのは無理ですね。誰かに手伝ってもらうか、一度ベストを脱ぐ必要があります。 stemdesign ステムデザイン

「着ない < ウィンドベスト < ウィンドブレーカー」 の3段階調整が可能。

その日のライドにベストなのがウィンドベストかウィンドブレーカーか選べられないという方には、まさにうってつけ。価格はちょっと高めですが、2着分と思えば納得できます

着脱の仕方を見てみましょう。まず襟の後ろに3か所スナップボタンがついています。
stemdesign ステムデザイン

両脇にはジッパーが。これらをすべて外すかつけるかで、ウィンドベストとウィンドブレーカーが入れ替わります。
stemdesign ステムデザイン

デイリーバイシクルウェアともいわれるステムデザインならではの工夫は、このフロント両サイドのポケット。ジッパーは閉じると見えなくなるコンシールファスナー。ポケットの内側は薄いメッシュなので、何もいれていなければペダリングの邪魔と感じることは全くありません。これが輪行するときとか、ちょっとお買い物するときなんかに大変便利。

stemdesign ステムデザイン

袖の部分は、伸縮性の高いジャージ素材になっています。このタイプのほうが脱ぎ着しやすいのと、腕時計をしていてもだぶつきにくくなります。
stemdesign ステムデザイン

素材自体は、横方向にストレッチする高品質なもので、もちろん撥水加工済み。もちろん3バックポケット仕様なので、取り外したボレロはくしゅっとたたんで収納できます。全体のシルエットはもちろんスリムタイプ。前傾した乗車姿勢でも胸やおなかがだらりと垂れ下がることはありません。

レーシーな走りにも十分な、高品質な素材と高い縫製技術で作られていながら、輪行やグルメライドのように自転車以外の方と共存するような場でも浮かない落ち着いたデザイン。まさにステムデザインの真骨頂ともいえるアイテムです。

ご注文はこちらから
ステムデザイン デタッチャブルスリーブベスト ブラックorアイボリー

stemdesign ステムデザイン

ステムデザイン デタッチャブルスリーブベスト ブラックorアイボリー

その他のステムデザインはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. 頭痒いとこないですか?

    2015年5月の輪行講座とパンク修理講座

     ワールドサイクルの実技を中心とした、体で覚える「輪行講座」と「パンク…

  2. 頭痒いとこないですか?

    どこまでも続く坂道を登っていくよ、シクロクロスは。

    2013年12月1日、道路交通法が改定されて路側帯の自転車の右…

  3. 頭痒いとこないですか?

    手袋は5本指なのに、靴下は1本ですか?

    5本指ソックスを敬遠する理由って、何でしょう? かっこ…

  4. レース情報

    4月27日は、滋賀県でロードレース三昧の一日を楽しもう!

    まだまだ寒い日が続きますが、日が沈むのがだいぶ遅くなってきまし…

  5. パンク修理講座 講習 教室

    頭痒いとこないですか?

    輪行とタイヤチューブ交換には、バイクメンテの基礎テクが詰まっています。

    2017年8月5日、第64回輪行講座と、第48回パンク修理講座が開催さ…

  6. 頭痒いとこないですか?

    9月の輪行講座とパンク修理講座開催しました。

    9月11日金曜日、仕事帰りに立ち寄れる、「平日夜7時からの輪行講座」が…

最近の記事

  1. 平野由香里 R250
  2. TNI リアディレイラー カーボン プロテクター
  3. ビジョン トライマックス 30 前後ホイールセット
  4. 龍野マサミ
  5. スパカズ ソックス
  6. 自転車Tシャツ
  7. アラフォー もんもん
  8. 柳原康弘xワールドサイクル「ロードバイク向けの基礎テクニック講座」
  9. 輪行袋 輪行マイスター
  10. 輪行講座
  1. bryton ブライトン Rider530

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンのGPSサイクルコンピューターRider530、辛口レポート。
  2. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  3. hiplock ヒップロック Zlock

    頭痒いとこないですか?

    ヒップロックのZロックは本当に切れないのか?
  4. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。
  5. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
PAGE TOP