加圧コンプレッサー

頭痒いとこないですか?

手動で加圧できるエアコンプレッサーがあれば、チューブレスタイヤも怖くない。


マウンテンバイクに遅れること10数年、ロードバイクでもチューブレスタイヤの普及が進んでいます。走行抵抗が少なくて走りが軽い、乗り心地がいい、パンクしてもバーストしにくいなど、様々なメリットがある一方で、クリンチャーのほうが使いやすいとか、チューブラーのほうが軽いとか、サイクリストの間で議論のネタは尽きません。

当初チューブレスタイヤに否定的だったパナレーサーも昨年ついに参入するなど、タイヤメーカーとしてはもう避けてはいられないほど市場ができつつあります。となると、チューブレスタイヤの最大のデメリットともいえる、装着時にビードを上げることの大変さをどうする克服するか?

それが手動加圧式エアコンプレッサー。

通常エアコンプレッサーといいますと、電気(またはガソリンエンジン)の力でモーターを回して加圧するものです。しかしそれだと一般の方が手軽に購入できるようなものではありませんし、屋外で電源が無ければ使えません。音もうるさい。手動加圧式エアコンプレッサーとは、普通の空気入れでポンピングした空気をそのままタイヤに入れるのではなく、いったんタンクにためて加圧しておいて、一気にタイヤに入れることのできるものです。ワールドサイクルで取り扱っている5種類(2017年2月時点)をご紹介いたします。

トピーク ジョーブローブースター チューブレスタイヤ対応

トピーク 加圧コンプレッサー

  • 通常のフロアポンプとしても使えるタイプ。加圧モードでポンピングし、レバーで一気に空気を放出します。
  • 仏式・米式対応
  • 最大空気圧:10.6bar
  • 重量:2.9kg
  • 定価(税別):18,000円
  • 注文する

GIYO GF-94T アルミフロアポンプ 高圧充填用タンク付

GIYO 加圧コンプレッサー

  • 通常のフロアポンプとしても使えるタイプ。加圧モードでポンピングし、レバーで一気に空気を放出します。スペック的にもこの5種類の中で最も高圧まで対応します。
  • 仏式・米式対応
  • 最大空気圧:16.6bar
  • 重量:-kg
  • 定価(税別):11,000円
  • 注文する

AIRSHOT エアショット チューブレス インフレーター

エアショット 加圧コンプレッサー

  • 手持ちのフロアポンプで加圧するタイプ。当然高圧まで入れられるものが必要となります。アルミ製の燃料ボトルのような形状で、620gと超軽量
  • 仏式対応 充填用バルブは仏式
  • 最大空気圧:11bar
  • 重量:620kg
  • 定価(税別):12,000円
  • 注文する

ゼファール チューブレス タンク

ゼファール 加圧コンプレッサー

  • 手持ちのフロアポンプで加圧するタイプ。当然高圧まで入れられるフロアポンプが必要となります。レバーが脚で操作できるタイプ。たしかにレバー操作を手で行うと、タイヤのビードがしっかり上がっているかなどのチェックができないので、理にかなっていますね。ナイスなアイデアです。
  • 仏式対応 充填用バルブは仏式
  • 最大空気圧:16bar(推奨空気圧は10bar)
  • 重量:1.6kg
  • 定価(税別):12,000円
  • 注文する

シマノプロ コンプレッサー タンクのみ チューブレスタイヤ対応

シマノPRO 加圧コンプレッサー

  • 手持ちのフロアポンプで加圧するタイプ。当然高圧まで入れられるフロアポンプが必要となります。当店では取り扱いがありませんが、ジャイアント スペシャライズド からも似たような形状のものが発売されています。バルブがパナレーサーも採用している超使いやすいタイプです。
  • 仏式・米式対応 充填用バルブは米式
  • 最大空気圧:12bar
  • 重量:2.5kg
  • 定価(税別):10,000円
  • 注文する

使用上の注意事項

タンク内に10気圧で充填したからと言って、タイヤに10気圧入るわけではありません。タンクの容量と、タイヤの体積で全く異なります。圧縮空気で一気に空気を入れるのは「ビードを上げる」為です。空気圧の調整は、再び空気圧計付きのポンプで入れるようにしてください。

既に高圧まで入れられるしっかりとしたポンプを持っている場合は、タンクだけのタイプがコスト的にもおすすめです。そうでない方はトピークやGIYOの一体型がおすすめですね。フロアポンプメーカーでもまだこのタイプを発売していないところは多くありますので、今後も新商品が発売されるかもしれませんね。どんな進化を遂げるのか、楽しみなジャンルでもあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. ロードディスクブレーキ

    頭痒いとこないですか?

    ローカルルールで、ディスクブレーキのロードは禁止とします。

    毎年ゴールデンウィークに開催予定の、ワールドサイクルベックオンフェスタ…

  2. 新製品情報

    光物は大好きです。エリートの「光るボトル」を徹底ご紹介。

    エリートから発売されたこのボトル、一見何の変哲も無いのですが、…

  3. 頭痒いとこないですか?

    こんな自転車店は嫌だ!

    10/2にグランドオープンする、ワールドサイクルのリアルショッ…

  4. 新製品情報

    裏技よりも純正品 超軽量カーボン製アップスタンド

    「スポーツバイクにスタンドつけるなんて、ダサいし、邪道」…

最近の記事

  1. hiplock ヒップロック Zlock
  2. ヒップロック Z LOK
  3. youtuber けんたさん
  4. ウォークライド ソフトプロテクションカバー
  5. tantanロングライド
  6. X-RIDE サイカム B-1
  7. hiplock ヒップロック Zlock
  8. GT-Roller Flex 3
  9. r250 サドルバッグ バイクパッキング

  1. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルが改良に改良を重ねたツールケース。
  2. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  3. サムライ 侍 真田紐

    新製品情報

    真田幸村とその一族が刀に巻いたといわれる「真田紐」を使った「サムライバーテープ」…
  4. ウィラートラベル バス 輪行

    頭痒いとこないですか?

    ウィラートラベルで自転車の持ち込みが一部復活しました。
  5. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
PAGE TOP