fbpx
northwave ノースウェーブ

頭痒いとこないですか?

シューズカバーの弱点を完全克服した、ゴアテックスウィンターシューズ。

物心ついたころには毎冬足の小指しもやけです。大人になってからも程度の差はあれど、ほぼしもやけです。もちろんいろいろ対策していますよ、でも、結局しもやけになるので、もう体質とあきらめています。冬のライドは小指につらいです。シューズカバーは2枚重ね、間に使い捨てカイロを挟んだりもします。

シューズカバーって、便利ですけど、つけ外しがめんどうですよね。歩けば裏側がじわじわ破れてきますし。

基本的に自転車用のビンディングシューズは夏用です。通気性重視です。つまり冬はただただ寒いだけ。冬用シューズっていうものも発売されていますが、冬だけのためにわざわざ買うのもねぇ~。シューズカバーのほうが安いしねぇ~。

と思っていましたが、ノースウェーブゴアテックスウィンターシューズを試してみることにしました。

  1. ノースウェーブ RAPTOR GTX 41
    SPD対応 防水・防風素材GORE-TEX Pique マイナス3度~15度対応 定価30,500円(税別)
  2. ノースウェーブ FLASH ARCTIC GTX
    SPD-SL対応 起毛加工の防水・防風素材GORE-TEXコアラ マイナス10度~5度対応 定価34,000円(税別)
マイナス10度対応って、そんなわけないでしょって思いながら、各パーツをご紹介。

SLW2ダイアルと足首のカバー

アッパーをホールドするのはダイヤルタイプです。Boaじゃないですよ。独自のダイアル(SLW2)です。カチカチはとても細かく調整できます。Boaだと反対に回すと緩んで、引っ張るとフルリリースですが、こちらはシルバーの爪を押すと1ノッチづつリリース、引っ張るとフルリリースです。Boaだと少し緩めるつもりが力の調整がつかずガガガ~っと緩んでしまうことがありますが、こちらはプッシュするごとに1ノッチリリースなので、そのような誤作動はありません。

northwave ノースウェーブ締める方向は、右左で左右対称です。(RAPTOR GTX/SPD
northwave ノースウェーブ足首部分はファスナーやジッパーなどの無い筒構造。(FLASH ARCTIC GTX/SPD-SL

他のメーカーでは、靴の着脱がしやすいように、足首の保護部分にファスナーやジッパーがありますが、ノースウェーブにはあえてありません。多少着脱がきついのは否めませんが、防寒性と足首のストレスの無さでのメリットは大きいでしょう。

エアベンチレーションが一切ない。

甲側は1枚目の写真を見てもらうとわかる通り、空気穴が一切ありません。細かい穴のように見えるのは、しなやかにさせるためのものであって、貫通していません。裏側はどうでしょう。

northwave ノースウェーブもちろんありません。クリートを取り付ける部分も、シューズの中には貫通していません。(RAPTOR GTX/SPD
northwave ノースウェーブロード用にも穴はありません。銀色の部分が通気孔に見えますが、デザイン上のものでシューズの中には貫通していません。(FLASH ARCTIC GTX/SPD-SL

着脱しやすいように大きめのストラップ

足首が筒ですので、正直着脱はきつめです。履くときはこのかかとから伸びているストラップを使ってください。ウィンタータイツを履いていると、すべりがよくなるので、着脱しやすくなります。

northwave ノースウェーブしっかりと縫い付けられたストラップ。(RAPTOR GTX/SPD
northwave ノースウェーブかかとのリフレクター(反射素材)も大きめで、目立ちます。(FLASH ARCTIC GTX/SPD-SL

足首のしなやかさ

他のメーカーのウィンターシューズのように、足首にベルクロもファスナーもないので、それだけでも足首はしなやかですが、アッパーの一番上はパッドのように柔らかくなっています。アッパーの下は「タンレス」といって、タンがない構造です。タンがずれることがなく、ぴったりと足にフィットします。

 

インソールにも工夫が。ウィンター専用インソール採用

(RAPTOR GTX/SPD)(FLASH ARCTIC GTX/SPD-SL)共通

northwave ノースウェーブ表面は起毛したフリース素材。
northwave ノースウェーブ裏を見ると、なんと断熱材としてアルミが挟んであるのがわかります。

内側はどうなっているの?

内側がどうなっているのか、見たいのですが、これだけしか見えません。

northwave ノースウェーブ程よい起毛の、GORE-TEX Pique。(RAPTOR GTX/SPD
northwave ノースウェーブ起毛加工の防水・防風素材GORE-TEXコアラが見えますか。(FLASH ARCTIC GTX/SPD-SL

わかりにくいので、カットモデルをご用意しました。

内側がわかるように、真っ二つにカットしてみました。(旧モデルのため足首部分は異なります)

FLASH ARCTIC GTX/SPD-SLのブーツのようなモコモコ具合、やばいでしょ。ソールも完全にふさがれています。この上にインソールが乗っかる形です。

northwave ノースウェーブGORE-TEX Piqueが内側全体に使われています。(RAPTOR GTX/SPD
northwave ノースウェーブふかふかのGORE-TEXコアラが全体に。こりゃ暖かいわ。(FLASH ARCTIC GTX/SPD-SL

さぁて、走ってみよう

RAPTOR GTXを気温3~7度の曇りの日に履いてみました。家を出てから帰宅するまで6時間ほど、北摂を100kmで獲得標高1800m。なんじゃこりゃ、びっくりするほど寒くありません。一切風が入ってきません。シューズカバーの足首を固定するような感じもなく違和感なし。剛性が高すぎないナイロンソールもいい感じです。

つづいてFLASH ARCTIC GTX。こちらは気温5~9度の晴れの日です。家を出てから帰宅するまで約3時間、60kmで獲得標高900mです。マイナス10度対応モデルを5度で試してもなんですが、もちろん全然寒くありませんでした。氷点下で試してみたいですね。

northwave ノースウェーブRAPTOR GTX/SPD
northwave ノースウェーブ  FLASH ARCTIC GTX/SPD-SL

 

シューズカバーがないというのは、帰宅してからも楽です。脱ぐのにかかとがきついですが、スポッと抜けてしまえば、それまでです。一度この簡単さを味わってしまうと、シューズカバーのなんと手間のかかること。もう戻れませんね。

実際履いて走ってみるまでは、

冬用のシューズ買うなんてもったいない、シューズカバーで十分じゃないの?

て思っていましたが、考えようによっては12月から3月くらいまで4か月弱、つまり1年の1/3は対応するんですよね。冬でもがっつり走るっていうライダーなら、シューズカバーのつけ外しを冬の間に何十回とするでしょう。その時間がほぼ不要になるウィンターシューズは、とても便利で合理的でより快適な選択肢だと思います。

サイズについて

インチサイズでご注文いただくのですが、センチ換算をシマノとそれと比べてみると5~8mm大きいのがわかります。私の場合シマノだとノーマルの40ですが、ノースウェーブも40にしました。ノースウェーブはハーフサイズがありません。幅はデータがないのでシマノと正確に比較できませんが、はいてみた感触では、同じような感じです。

代理店がこれまで何度も「試し履き会」をされているそうですが、ほとんどの方はシマノと同じサイズと同じサイズになるということでした。

inch cm/NW cm/shimano
39 25 24.5
40 26 25.2
41 26.6 25.8
42 27.3 26.5
43 27.8 27.2
44 28.6 27.8

それでも寒いって方

ウィンターシューズにシューズカバーを重ねるのはちょっとねって思います。ソックスはウィンター用をお使いですか?高密度パイルで分厚くなっていたり、発熱素材を採用しているソックスもありますよ。

シーススキンズデックスシェルのような、防水ソックスなんて言うのも、組み合わせるのにおすすめです。

ご注文はこちらから

  1. ノースウェーブ RAPTOR GTX 41
    カラー:イエロー、ブラック、カモ/ロブスターオレンジ
  2. ノースウェーブ FLASH ARCTIC GTX
    カラー:イエロー、ブラック

最後に、「ノースウェーブ」ってブランド、自転車シューズ専門じゃないんですよ。他にスノーボードのシューズや、スケボー向きのスニーカーなんかも作っているんです。そして日本の代理店(ウィンクレルジャパン)はそれらすべてと、ほかにもウィンタースポーツ系のブランドをいくつか取り扱っています。何が言いたいのかというと、修理対応してくれます。シューズって長く使うと思うので、修理してくれるってかなりの安心感です。もし使っていて困ったことがありましたら、何なりとワールドサイクルまでご相談ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. フンパ Fumpa/MiniFumpa 電動携帯ポンプ
  2. スター・ウォーズ ウェアー
  3. 【限定】シマノ RC9(SH-RC901) グリーン ワイドタイプ SPD-SL シューズ BOA グリーンバーテープ付
  4. BMZ cuboid balance K-FIT インソール
  5. アラフォー女子 サイクリスト
  6. オンヨネ ブレステックメリノPP
  7. アラフォー女子 もんもん
  8. かわうその自転車屋さん ソックス
  9. ワールドサイクルベックオンフェスタ2019
  10. R250 ホルターネック
  1. ランドキャスト 例のポンプ

    頭痒いとこないですか?

    進化しすぎだろ、例のポンプをトピークの人気モデルと比べてみたら。
  2. メンテナンス教室

    買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  3. ライドオンすさみ2018

    頭痒いとこないですか?

    和歌山県のロングライドイベント「ライドオンすさみ」のおもてなしに満腹で悶絶。
  4. bryton ブライトン Rider530

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンのGPSサイクルコンピューターRider530、辛口レポート。
  5. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
PAGE TOP