fbpx
R250 ホルターネック

頭痒いとこないですか?

控えめに言って自信作。サイクリストのデリケートなお悩み解決しました。

サイクリストの正装といえば、サイクルジャージに、パッドのついたサイクルパンツ。サイクルパンツの場合は、ペダリングやダンシングによってずり下がらないように、ウエストをゴムやひもで締め付けなければなりません。それだと前傾姿勢で内臓が自由にぶら下がるのを妨げてしまい、長距離では疲れてしまいます。それを解決するのが、サスペンダーのように肩紐と一体型になった「ビブス」と呼ばれるサイクルパンツ。事実シリアスなサイクリスト達は、ほとんどビブスタイプのサイクルパンツを選んでいます。

タイツ ビブタイツ

しか~し、ビブスの最大の欠点は『トイレ問題』です。

便座の前でお尻を出すには、上着を完全に脱いでビブスを肩から外さなければいけません。アマチュアのレースであれば、長時間サイクルパンツをはき続けることは少ないのでトイレ問題はそれほど表面化しませんが、問題はサイクリング・ロングライドです。100キロ強のロングライドとなれば、4時間から10時間程度はサイクルパンツをはいたままになります。特に冬日本の男性は特におなかが緩いといわれており、寒さでおなかが冷えてトイレに駆け込むこともしばしば。寒い屋外のトイレの個室で上着を脱いで、凍える思いをしたことがあるはず。

便意解決のために急ぐあまり、ジャージを脱ぐのが雑になり、バックポケットに入れていた財布やスマホが、脱いだとたん便座にドボン。袖が便座にピシャン。そんな人には言えない恥ずかすぃ~思いをしたことがある人、少なくないはずです。

サイクルウェアーメーカーも、この問題を見て見ぬふりをしていたわけではありません。上着を脱がずにお尻が出せるサイクルパンツを開発したメーカーがありました。そうです、日本のパールイズミです。

このクイックビブは、今でもアイデアにあふれた素晴らしい商品だと思います。もちろん今でも絶賛販売中です。

だがしかし、仕組みが複雑で、高額なのが弱点。もっとシンプルで、手軽に購入できるサイクルパンツはないのか? R250の中の人が、ネットを探しまわして、考え抜いた結論がこれです。「ホルターネック」

ホルターネックというと、男性にはなじみがない単語だと思います。私も知りませんでした。マリリンモンローが着ていた首にひっかけるタイプのドレスといえば、イメージできるでしょうか。両肩ではなく、首にかけることで落ちないようにしたワンピースです。これをサイクルパンツに応用しました。

R250 ホルターネック

Sサイズ着用 モデルの体型 身長166cm 体重58kg 胸囲86cm ウエスト73cm 太もも57cm ふくらはぎ40cm 股下(くるぶしまで)68.5cm ※zozosuitsで計測

首がしんどいんじゃないの?

開発にあたり苦労したのはホルターネック部分の長さです。短かったり伸縮性が強すぎると、強制的に猫背になってしまい、ライド中も頭痛がするほどに。実際ファーストサンプルはまさにそれでした。個人差を考慮して長さ調節ができるようにしようかとも考えましたが、複雑な仕組みは破損のリスクが高まるのと、バックル等が体にあたって痛みが出ることを懸念し、採用はしませんでした。

実際に着用するとわかるのですが(着用しないと信用してもらえないかもしれませんが)ウエスト位置が高い(広い)ので、それだけでほとんど止まっている感じですホルターネックは補助的要素といった程度になります。それでもネックの長さは異なる体格のスタッフ達で数回調整し、黄金比ともいえるサイズを導き出しました。ただし、元からスマホしすぎの「スマホっ首」等で、首や肩に痛みがある方には、ストレスと感じられるかもしれません。

R250 ホルターネック

おなかと背中の高さにも苦労しました。冬用ですから、内臓を冷やさないようにハイウエストタイプに。小の時はホルター部分を外さなくてもできるように、ファスナーをつけました。貼るタイプの使い捨てカイロ用スペースとしても、ちょうどいい大きさです。長い坂道を登った時に暑くなりすぎないように、胸や背中までは覆っていません。

R250 ホルターネック

Mサイズ着用 モデルの体型 身長175cm 体重60kg 胸囲86cm ウエスト74cm 太もも52cm ふくらはぎ34cm 股下(くるぶしまで)70cm ※zozosuitsで計測

脚の前側には防風素材を採用しているので、気温0度前後まで対応する冬モデルです。ウエストから下は、実績あるサンボルト製のタイツそのままですから、心配ないでしょう。膝の上にはシンプルな赤白紺のラインをデザインし、腰には自分と後ろのライダーへのメッセージの意味を込めて「Ride Relax」とプリントしました。

R250 ホルターネック

細かい造りについて、ご紹介します。

R250 ホルターネックカバー付きのファスナーを採用。
R250 ホルターネック横に畳むとこんな感じ。あまり見たことのない雰囲気です。

 

R250 ホルターネック裏地はすべて起毛素材。ファスナーの裏全体にカバー付き。
R250 ホルターネック足首が寒くないように「カフ」タイプ。柔らかさを重視してファスナー無しタイプを採用。
R250 ホルターネック長時間のライドにも耐えられる履き心地、フィット感にこだわった「レーシングパッド」

実際にトイレでは、このような動作でホルター部分を外します。

R250 ホルターネック

左から順に、

  1. ジャージのフロントファスナーを外す。タイツのフロントファスナーを下げる。
  2. ホルターネック部分をつかんで、頭の上を越えるように。
  3. ホルターネック部分を前に持ってくる。
  4. よ~し。
  5. タイツをおろして、お尻を便座に押し付ける。

これでもうジャケットを脱ぐことも、トイレで凍えることも、バックポケットの中身を便座にドボンすることもなくなります。

現時点(2018.12.20)では、レディース専用パッドを採用したモデルはございません。

今回は開発時期的に冬用からの発売となりましたが、もちろん夏用も研究開発中です。

ご注文はこちらから

R250 ホルターネックウィンターシールドタイツ Ride Relax

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. ゆるふわーくす キャットアイ防眩シェード
  2. シマノプロ アドバンスドツールボックス
  3. パイオニア SGX-CA600 ブラック パワー表示対応サイクルコンピューター GPS、Wi-Fi、ANT+、Bluetooth対応
  4. ハッド ORIGINALS
  5. 柳原康弘xワールドサイクル「ロードバイク向けの基礎テクニック講習会 講座 キソテク」
  6. シマノバックパック
  7. シマノウェア大特価セール
  8. リニューアル

ワールドサイクルにリクエスト

  1. ステムの角度と見え方

    頭痒いとこないですか?

    ステムの角度と見え方について。
  2. メンテナンス教室

    *買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  3. 手放しスタート

    頭痒いとこないですか?

    ビギナークラスで「まっすぐ走れ」という怒声が日常茶飯事なほど、まっすぐ走れないで…
  4. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  5. サイクルキャップ

    頭痒いとこないですか?

    サイクルキャップで肩こりにならないように。
PAGE TOP