fbpx
チューブレスレディ タイヤ交換

頭痒いとこないですか?

輪行マイスターの、チューブレスレディタイヤ交換

ここんところグラベルバイクがお気に入りの輪行マイスターです。油圧ディスクブレーキ+フロントシングルギア+GRX+チューブレスレディタイヤと、ここ数年の傾向にどっぷりはまった仕様にしてあります。

そのうちの一つ、普及しそうで普及しないチューブレスタイヤですが、今年はパナレーサーやハッチンソン、ピレリも参入してきて、いよいよ本格的に普及しそうな気配ですね。

「はめずらい」「普通の空気入れでビードが上がらない」と敬遠される傾向もありますが、これって「タイヤ」「リム」、さらに作業者の「スキル」の3つの要素が複雑に絡み合ってくるので、一概に誰かがネガティブなことを言っていたとしても、はいそうですかと鵜呑みにするのは早いと思いますよ。

そもそもチューブレスタイヤといっても、2種類あります。

  1. チューブレスタイヤ:シーラントを必要としないタイヤ。といいながらも、シーラントの使用を推奨しているメーカーもあったりします。
  2. チューブレスレディタイヤ:シーラントを必要とするタイヤ。「スタンツ」というシーラント等のメーカーが商標をとっているとかいないとかで、パナレーサーは「チューブレスコンバーチブル(TLC)」なんていうのも、混乱する理由ですね。

チューブレスタイヤ

もう一つ、シーラントにも2種類あります。

  1. ラテックス系:いわゆる天然ゴム。
  2. 非ラテックス系:今のところフィニッシュラインだけ。

シーラント

パナレーサーなんかは、ラテックス系じゃないとダメなんて言ってますね。理由は非ラテックス系はパンクしたときに穴をふさぐことはできても、タイヤの裏側にエア漏れを防ぐ膜ができないからだなんていう理由です。

普通のフロアポンプだとビードが上がらないじゃないかという問題もありますね。お店ならコンプレッサーが必ずあると思いますので、一気にビードが上げられますが、ちょっと自転車をいじれる人なら、タイヤ交換程度でいちいちショップには頼みません。自宅で夜に作業しているときに、汗だくでポンプを上下しているのに、全然空気が入らないなんて、笑えません。
タンク付き空気入れ タンク単体

そんな時は、タンク付きの空気入れや、タンク単品も発売されていますので、そういうのを購入しておくのもおすすめです。でもフロアポンプだと絶対ビードが上がらないかというと、そうでもないんですよね。実際今回の動画ではマビックのオープンプロディスクというリムと、パナレーサーのチューブレスレディ(CG-CX)のタイヤでしたが、あっさりはまりました。でも、一番最初にパナレーサーのタイヤ(グラベルキング)をつけたときは上がらなかったんですよね。おそらく今回はタイヤ交換だったので、リムがシーラントまみれで、すべりやすかったのでしょうね。

まずは、いったいどんな感じになるのか、動画でご覧ください。約15分と少し長めですが、すでにクリンチャータイヤの交換ができるという方なら、決して難しい作業ではないと思いますよ。チューブの噛み込みによる失敗というのは、絶対ないですから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. GSR Gear 「冴えない彼女の育てかた Fine」サイクルウェア
  2. (ライフビーム付)シマノレイザー バレット 2.0 AF
  3. 柴田さん サイクルジャージ あの坂は嫌です
  4. baggage160 新幹線輪行
  5. やまめの学校 堂城賢
  6. ステルスサドル 比較
  7. NRC アイウェア
  8. うまい棒ジャージ
  9. チェーンの直し方

ワールドサイクルにリクエスト

  1. baggage160 新幹線輪行

    頭痒いとこないですか?

    *その輪行、ダメですよ。ルールを守るのが大人です。2020年5月からの新幹線輪行…
  2. ステムの角度と見え方

    頭痒いとこないですか?

    *ステムの角度と見え方について。
  3. サイクルキャップ

    頭痒いとこないですか?

    *サイクルキャップで肩こりにならないように。
  4. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    *3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
  5. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    *知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。
PAGE TOP