fbpx

乗り方教室

*考えただけでも恐ろしい・・・アームカバーをつけずに走るなんて。

気持ちの良い5月の晴れた日。日焼け止めも塗らず、アームカバーもつけずに1日自転車に乗るとどうなるか?

こんな風になっちゃいます。これが7月だったら? 8月だったら。もっと恐ろしいことになりますよ。

 

そもそも日焼けって、火傷(やけど)でしかありません。怪我なんです。何でこぞって焼きたがるのでしょう?

健康そうに見えるから? アクティブにスポーツしていそうに見えるから? いやいや、どんな理由を並べようとも、1日でこんな風に真っ赤になってしまうのは、怪我です。事故です。 いいこと何もありません。

こんな風になってしまうと、その日の晩は脱水症状となり、やたら水分を取りたくなってしまいます。暑かった~と、とりあえずの一杯からはじめたいところですよね。ですがソレも逆効果。

ますます夜中に起きて、水~水~ってなってしまいますよ。

そして1週間後には、恐怖の皮ズル剥けの刑が待っています。最初は洋服ですれてぼろぼろ剥けていきます。次第に広まってきて、まだら模様。お嫁にいけましぇん!

 

繰り返します。試験に出ますよ。

日焼けしていいことなんて、何もありません。

 

7月や8月だけではありません。うっかり気温が24度を超えて、つい半そでになってしまう4月や5月こそ要注意

日焼け止めを塗るのもいいでしょう。ただし、汗で流れ落ちてしまいますので、数時間おきに塗りなおさなければいけません。適当に縫ってしまうと、薄かったところは日焼けしてしまいますから、両手両足、首、耳、顔にしっかり塗ればそれなりに時間がかかります。

はっきりいって、メンドクサイ。

 

じゃあどうやって対策するのか?

簡単です。アームカバーとレッグカバーです。夏用長袖ジャージ、夏用タイツでもいいですね。

とにかく、皮膚を出さない。それが一番。

ちょっと前まで、アームカバーはアームウォーマーと呼ばれていて、冬に使うアイテムでした。ですが今はアームウォーマーといえば、冬の物。アームカバーといえば夏のものです

たとえばコチラ。

アームカバー

長袖インナー

レッグカバー

今年の夏は、日焼けで無駄に苦しまないように、対策ばっちりで迎えましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

*説明書にも載っていない輪行テクニック披露!?前のページ

美山ロードでビエンメのジャージをシェイクダウン。次のページ

最近の記事

  1. センサー シフトブレーキレバー
  2. バーズマン ディスクブレーキピストンプッシャー
  3. オーストリッチ POTARI ライトシリーズ
  4. 防犯登録とカギのはなし
  5. ショーワグローブ テムレス 04 advance ブラック
  6. ロングライド特集
  7. サイクルプロ 整備スタンド DS-1Plus スルーアクスル対応変換アダプター 2個付
  8. reric(レリック)2021SPRING&SUMMERウェア

ワールドサイクルにリクエスト

  1. チェーンの直し方

    メンテナンス教室

    外れたチェーンの直し方
  2. 輪行 方法

    頭痒いとこないですか?

    *阪急電車で輪行マニュアル
  3. ロードバイク 基礎 基本 講座

    乗り方教室

    第1・2回ロードバイクの基礎講座 開催しました。
  4. 輪行 輪行袋 輪行講座

    頭痒いとこないですか?

    *ディスクブレーキ輪行タイムアタック
  5. めだたんぼー

    新製品情報

    絶景と愛車をかっこよく撮るなら、めだたんぼーの出番です。
PAGE TOP