メンテナンス教室

自分で手を動かさなければ、パンク修理は身につきません。

パンク修理&タイヤチューブ交換講座

月に一度の自転車講座、今月は「パンク修理&タイヤチューブ交換講座」です。

大雪の影響で埼玉からご参加予定の方が不参加となってしまいまい、4名で講座スタートです。

パンク修理&タイヤチューブ交換講座

今回は参加者の方がすごいです。栃木、岐阜、大阪と、ワールドサイクルの自転車講座も日本全国からお集まりいただけるようになってきました。

パンクの原因やパンクの種類、パンクに強いタイヤのご説明など、技術的なことだけではなく、タイヤにまつわる全般的なこともご紹介。

いわゆる講師が参加者の前に立って、実演するという講座はあると思いますが、断言させていただきます。

「見ただけで分かる人なんて、いない」

いくらマニュアル本を読んでも、動画を見ても、人がやっているのを100万回見たって、自分でやらなきゃパンク修理はできるようにはなりません。

だからワールドサイクルの講座は、全て実際にやっていただきます。手の感覚で、覚えてください。

パンク修理&タイヤチューブ交換講座

全員がタイヤレバーを使わず手だけでタイヤをはめるコツ、覚えていただきました。

パンク修理&タイヤチューブ交換講座

続いて午後の講座。女性2人、男性3人で、京都・大阪、滋賀・兵庫からお集まりいただきました。 パンク修理&タイヤチューブ交換講座

紙やすりを使ってのチューブを削るのですが、そこにもいろいろウンチクがあるのです。

パンク修理&タイヤチューブ交換講座

最後は炭酸ボンベを実際に使用していただきます。ここで失敗するのは全然O.Kなのです。失敗を体験しておくのも、良い経験です。

空気入れの価格の違いも、実感していただけたと思います。パンク修理&タイヤチューブ交換講座

たっぷり2時間の講座、お疲れ様でした。是非ご自宅で、車輪を外すところから復習しておいてくださいね。

 

輪行講座のときは、入り口の看板がコチラムキなります。

輪行講座

大人気の自転車講座、次回の予定は・・・・・

各回定員5~6名です、お早めにお申し込みくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. 頭痒いとこないですか?

    第4回御堂筋サイクルピクニック

    4月17日の日曜日、大阪は中ノ島で、「第4…

  2. 新製品情報

    これがあれば迷わない、輪行のときのシューズ選び。

    輪行でサイクリングに出かけるとき、シューズは何を選びますか? …

  3. 頭痒いとこないですか?

    輪行講座を受けた方はその後実際に上手く輪行できたのか?

    2013年5月にスタートした、ワールドサイクルのパーフェクト輪…

  4. 新製品情報

    今年のウィンターウェアーは新生ジェッセージ(GSG)で決まり。

    イタリアのウェアーメーカーで、ジェッセージ(GSG)をご紹介いたします…

  5. 頭痒いとこないですか?

    ビンテージという風格が漂う、後方反射板といえば、コレ。

    ケルビムのご紹介ではなく、後方反射板(後リフレクター)の紹介で…

最近の記事

  1. 和柄夏用長袖ジャージ 祝猫(iwaineko)
  2. 赤穂あらなみ塩 汗をかいたら塩分補給 12g
  3. ブライトン BRYTON GPS rider310
  4. R250 防水大型サドルバッグ ラージ グレー
  5. r250 サイクルグローブ
  6. パンク修理講座 講習 教室
  7. ブライトン サイクルコンピューター
  8. ポタガール まさみん
  9. ビーフリー ステンレスサーモボトル クール&ホット370E 370ml 保冷保温ボトル

Youtuberけんたさんと輪行マイスターによる、凄い輪行動画が完成しました。

  1. ミノウラ ディスプレイスタンド

    セール情報

    愛車を室内保管するなら、縦横自在なミノウラDS-800という選択肢はいかが?
  2. 輪行 夜行バス 高速バス

    頭痒いとこないですか?

    神はバス輪行を見捨てなかった・・・・輪行できる高速バス会社が出現 
  3. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  4. ロードディスクブレーキ

    頭痒いとこないですか?

    ローカルルールで、ディスクブレーキのロードは禁止とします。
  5. リラックマ バーエンドキャップ

    頭痒いとこないですか?

    真田紐とリラックマ
PAGE TOP