キャットアイ ブラケット

頭痒いとこないですか?

キャットアイのブラケットのベルトが余っているのが、気になって気になって….

様々なライトが発売されていますが、どうしてもライトのデザインや明るさばかりが注目されます。実際に使ってみるとそれと同じくらい重要なのが、「ブラケット」です。明るくなればライトは大きく重たくなりますが、ブラケットが貧相だと、走行中の振動や、ちょっと触った程度でライトの角度が変わってしまいます。特に下り坂でスピードが出ているときとか、ちょっとした段差で衝撃を受けたときなど、ライトがグルんと下を向いてしまうのは、非常にイラっとします。

様々な太さのハンドルバーに対応しようとして、もともと大きな造りにしておいて、大量のゴムのスペーサーを付属させているものもあります。こういったブラケットを取り付ける場合、どの程度のスペーサーにすれば適切なのかが非常にわかりにくく、仕上がりも綺麗ではありません。

最近はブラケットの固定ボルトがプラスドライバーというものはほとんど目にしなくなりましたが、手で締められるつまみであったり、小さなクイックレバーになっているものもあります。しかし大抵どれもシフトワイヤーやブレーキワイヤーと干渉していちいち作業しずらいものも少なくありません。

ライトは明るくていいのに、ブラケットがなぁ…..

正直そう思うことも実は少なくありません。では理想的なブラケットってどれ?

ズバリ、キャットアイでしょう。
最新ブラケットはH-34Nです。

しかし1点だけ不満があります。これは取り付ける人の問題かもしれません。

H-34Nは、様々な太さと形状のハンドルバーに取り付けできるように、ベルト式で長さが調整できるだけではなく、断面が新円ではないハンドルにも取り付けられるようになっています。当然大きめにできていますので、ベルトは長めにできています。余った部分は切り落とせばよいのですが、実際切らずにそのままにしている方が多い。こんな感じ。

キャットアイ ブラケット

なぜこの余りを処理しないかが理解できません。変速ワイヤーやブレーキワイヤーが長すぎるとか、バーテープが規則的に重なって巻かれていないとか、タイヤのロゴが揃っていないとか、ズボンのすそが長すぎるとか、ジャケットの丈が長すぎるとかと同じように、気になるのです。

余った部分は切ればいいんですよ。でも取り付けた状態でニッパーで切っただけでは、ダメです。

キャットアイ ブラケット

ニッパーは根元ぎりぎりまでは切れませんので、このようにほんの少し切れ端が残ります。切れ端はエッジがたっているので、逆に危ない。模型用のニッパーを使えば、端のぎりぎりまでカットできますが、持っていない方のほうが多いでしょう。エッジをやすりで削ろうとかいう問題ではありません。

ハンドルを太いものに変えたときに付けられなかった嫌だなって思われるかもしれませんが、そのためにこの先ず~っとサイズの合わないものを使い続ける方が、私は嫌です。

キャットアイ ブラケット

取り付けた状態ではみ出したベルトを完全に切り取ることはできません。どうすればいい?

簡単です。一度ブラケットを取り外してから、ねじ山2つ分ほどニッパーで切り落としましょう

キャットアイ ブラケット

そうすればピッタリ。ベルトははみ出しません。こっちのほうが断然綺麗じゃありませんか?

キャットアイ ブラケット

キャットアイのブラケットについて、実は長年における改良の歴史があります。現時点(2016.12)での最新モデルはH-34Nですが、その前にH-34というモデルがありました。違いはゴムの部分が新型のほうが長いのと、ベルトを止めるところのパーツが一体型になったことです。比べると、新型のほうが断然使いやすいですよ。

その前のモデルは、ハンドルバーの太さが31.8mmが普及し始めた頃のモデルでH-31H-32です。それぞれ太さの違いです。H-34/34Nは外側の溝にはめるライトと、内側の細い溝にはめるライトの両方に対応しております。H32以前は内側の溝はありませんでした。

 

キャットアイ ブラケット

更に古いH-28になると、固定方法がクイックレバーではなくプラスねじになります。31.8mmのハンドルバーが存在しなかった時代のものです。ライト本体の取り外しボタンは、ライト側のつまみではなく、ブラケット側にあります。

キャットアイという日本のメーカーは、ライトのブラケットだけでもこんなに日々改良を続けているんです。H-34Nの次のモデルは、どんな改良がくわえられるのでしょうね。

キャットアイ製品はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルが改良に改良を重ねたツールケース。

    世界で初めてロングサイズのツールケースを開発・発売したワールドサイクル…

  2. 頭痒いとこないですか?

    今年こそトライアスロン、一番不安なウェットスーツの選び方

    トライアスロンのスイムで着用する「ウェットスーツ」 トライアス…

  3. 頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルの自転車講座は笑顔が溢れる。

    6月の輪行講座&パンク修理講座が行われました。 場所はいつものプレザン…

  4. 頭痒いとこないですか?

    今年も、サイクルモード2014で輪行講座開催します!

    日本最大級のスポーツバイクフェスティバル、サイクルモードインタ…

  5. 新製品情報

    長いワイヤー錠は便利ですが、束ねるのが苦手な方が多いようです。

    クロップスのワイヤー錠(クロップス SPD07 スパイダーQ …

最近の記事

  1. POC Octal(オクタル)
  2. シマノ S-PHYRE(エスファイア)
  3. シマノ デュラエース WH-R9100 C24
  4. 輪行講座 輪行講習 輪行教室
  1. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  2. リラックマ バーエンドキャップ

    頭痒いとこないですか?

    真田紐とリラックマ
  3. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルが改良に改良を重ねたツールケース。
  4. ウィラートラベル バス 輪行

    頭痒いとこないですか?

    ウィラートラベルで自転車の持ち込みが一部復活しました。
  5. ミノウラ ディスプレイスタンド

    セール情報

    愛車を室内保管するなら、縦横自在なミノウラDS-800という選択肢はいかが?
PAGE TOP