fbpx

頭痒いとこないですか?

結局シンプルなのが一番使いやすい。

改良された新型が発売されたため、この商品は在庫品限り、なくなり次第終了となります。(2014.7.17現在)

fix01

携帯工具って、どうしてあんなに使わないものばかりセットされているのでしょう? 自分が使いこなせない工具を持っていても、いざというとき何の意味がないというのに。

そこでご紹介するのは、この携帯ツール

 

 

ご覧ください、2本の棒の先にアーレンキーとマイナスドライバーがセットされています。真ん中には合体できそうな六角穴が。先端(ビット)を交換できそうに思えて、交換できません。

 

組み合わせると、このように「T型」のアーレンキーとなります。セットされているのは、4mm、5mm、6mmのアーレンキー(ヘキサゴンレンチ)、そしてマイナスドライバー。実に現実的な最小の組み合わせ。

fix02

差し込み部分は軽く固定するなどという小細工はありません。挿すか抜くか。

そのため、最初なれないうちは使用中につい落としてしまうかもしれませんが、それは慣れの問題です。慣れてください。

 

fix03

一般的な十得ナイフタイプの携帯工具だと、キャリパーブレーキの固定ボルトが締められないんですよね。ボディが邪魔するんです。だけどこれなら大丈夫。

fix04

ブレーキシューの固定ボルトもこの通り。十得ナイフタイプの携帯工具だと、力を入れようとするとクルンと回ってしまって、イラッとしたことありません。これなら大丈夫。通常の工具と同じ感覚で使えます。

fix05

ディレイラー固定ボルトもこの通り。

fix06

ボトルケージの固定ボルトも、ボトルケージの形状によってはイラッとしますよね。複雑なところにも、使いやすいのです。

fix07

ディレイラーの調整ボルトって、サイズの合わないプラスドライバーよりマイナスドライバーの方がずっと使いやすいって、ご存知でした?

プラスドライバーだと、カムアウト現象といって、押さえながら回さないとドライバーの刃先がネジの頭の外へ逃げようと浮き上がってしまいます。ですがマイナスドライバーなら大丈夫。トルクを必要とする箇所ではないので、ちょこっと調整するくらいなら、マイナスドライバーのほうがよっぽど便利。しかも細くてフレームと干渉することもありませんよ。

fix08

この工具、ブランド名と商品名を「Fix It Sticks(フィックスイットスティックス)」といいます。本国のメーカーサイトを見ても、コレしか造ってないんですよね。実に潔い。気に入りました。

写真だとレザインバーズマンのように美しい表面仕上げのように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。無骨な感じで、ますますそそられます。

改良された新型が発売されたため、この商品は在庫品限り、なくなり次第終了となります。(2014.7.17現在)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

*ブルベするなら即決すべし、レベレイトデザインの巨大サドルバッグ。前のページ

医療用ソックスメーカー60年のノウハウが詰まった本物着圧ソックスって?次のページ

最近の記事

  1. エリート SUITO(スイート)(ダイレクトドライブ) 11段スプロケット付属
  2. サンボルト ビブレーシングパンツ (筧五郎氏監修モデル) 56レーパン
  3. ミノウラ VERGO 室内車載キャリア
  4. XPLOVA NOZA-S(ノザ-S) ローラー台(ダイレクトドライブ) + シマノ CS-R7000 11段 11-28T スプロケット ICSR700011128 zwift対応
  5. シュアラスター ゼロバリア 除菌消臭スプレー
  6. OGKカブトの【FLAIR(フレアー)】
  7. COCOMI 心拍計測用サイクリングアンダーシャツ 09.ブラック 東洋紡
  8. iGPスポーツ サイクルコンピューター iGS620
  1. 信号待ちでシフトダウン

    頭痒いとこないですか?

    信号待ちでシフトダウン
  2. チェーンレススタンディングスティル

    乗り方教室

    チェーンを外してスタンディングスティルするのが、流行っているらしい。
  3. 8の字走行

    頭痒いとこないですか?

    いろいろ試そう、8の字走行の練習方法。
  4. チェーンの直し方

    メンテナンス教室

    外れたチェーンの直し方
  5. baggage160 新幹線輪行

    頭痒いとこないですか?

    *その輪行、ダメですよ。ルールを守るのが大人です。2020年5月からの新幹線輪行…
PAGE TOP