やまめ工房「やまめの学校」ワールドサイクル出張所、申し込み開始です。

やまめの学校
「やまめの学校」ってご存知ですか?

元MTBのプロライダー「堂城賢(たかぎまさる)氏」が、2009年から長野県安曇野市で開いている自転車の学校のことです。

そこで教えているのは、「自転車の乗り方」です。

もちろん私は自転車には乗れるのですが、堂城さんの著書を読んでとても興味がわいたので、大阪から安曇野まで夜行バスに揺られて「やまめの学校」を受けに行きました。YouTube「やまめの動画」で予習してから受講しましたが、実際に教わって実際にやってみると、凄いんです。するする~っと軽い力でケイデンスが上がったり、前輪の加重がすっと抜けて、びっくりするくらい軽く進んだり。

帰宅してからは、そのイメージを忘れないように体の隅々まで意識して走るようにしました。まるで新しいスポーツに挑戦しているような感じで、楽しいんですよね。すると以前は100キロ以上走ると、首や肩も脚もど~んと疲れが出たのですが、全然出ないんです。

その頃ちょうどロードバイクを10年ぶりに買い換えようと思っていたので、やまめの学校で教えている「おじぎ乗り」のポジションがとりやすいようにパーツを選択してくみ上げました。違いがわかるようにあえてギア比は全く同じにしたのですが、同じ坂がギア1~2枚重くしてもす~っと走れてしまうのです。前のバイクよりもバイクに乗れている感が強く感じられて、むしろ積極的に坂道を走っても、疲れ方が全然違うのです。

自分の中で、これは凄いぞ!ということになりました。

ワールドサイクルでも「やまめの学校」を開催して、もっと多くの方に知っていただかなければ!

背中を丸めて内股で走っている人や、初心者だからって近くて高いハンドルポジションで窮屈に走っている人に伝えなければ!

肩こりや腕の痛みで困っている方に伝えなければ!

坂道が苦手という方に、この方法を練習してもらって、もっと楽しく坂道を登ってもらわなければ!

 

ただし、即効性はありません。まず体の柔軟性がとても重要。体が出来ていないと理想のフォームは取れませんから。今の身体に合わせるのではなく、理想のフォームが取れる体にしていくのが、やまめの学校で教えている事なんです。

そしてようやく実現しました。

  • 開催日:2月21日の日曜日
  • 時間:10時~12時(既に満席
    14時~16時(既に満席
  • 各回20名まで
  • お申し込み方法:こちらから
実際に体感していただきたいので、動きやすい服装でお越しくださいね。場所は、輪行講座パンク修理講座お掃除講座を開催している、大阪市福島区のプレザントさんです。

昨年12月に同じくプレザントさんで開催際された「やまめの学校」の様子です。

やまめの学校 やまめの学校 やまめの学校 やまめの学校
堂城賢さんの著書「自転車の教科書」です。これを読んでやまめの学校にはまった方は数知れず。

やまめの学校
昨年には台湾でも発売されました。

やまめの学校
このやまめの学校、普段は長野県安曇野市にある「やまめ工房」に行かなければ、受講することは出来ません。私は昨年8月、大阪から松本まで夜行バス、そこから先はJRでやまめ工房に行ってきました。最寄り駅はJR東日本大糸線の有明駅です。やまめの学校駅から歩くこと約30分。 大阪の暑さとは全然違います。やまめの学校川の水が超綺麗! やまめの学校 そして到着、ここが「やまめ工房」やまめの学校この日は少し天気が悪く小雨でしたので、その間は室内で座学を受講。近所でランチをいただいているうちに雨がやんだので、それから2時間ほど実習。輪行できない夜行バスだったので、私はロードバイクをレンタルしました。やまめの学校その時のうまく走れた感触と、うまくいかなかった感触を持ち帰り、日々考えながら走ることで、より速く、安全に、楽に走れるようになりました。完成するということは無いと思いますが、生涯スポーツとして自転車を楽しみたいものですよね。

お申し込みはこちらから