R250 ツールケース

頭痒いとこないですか?

ワールドサイクルが改良に改良を重ねたツールケース。

世界で初めてロングサイズのツールケースを開発・発売したワールドサイクル。さらに2つのアイデアを追加した新製品を発売しました。

R250 ツールケース

旧モデルで不満な点が3点ありました。一つ目が、

すこ~し太くて、ボトルケージから出し入れしにくい。

2つ目が、

シートチューブにつけたとき、先っぽがすこ~し脚に当たる。

その2つを一度に解決するために、上下端の太さを少し細くしました。

R250 ツールケース

細くするだけではわずかながら容量が減ってしまいますので、長さを5ミリ長くして、容量はキープ。使いやすくなったけど、小さくなったでは困りますからね。

下端を細くすることで、ボトルケージにすっと入って、さっと取れます。もちろんボトルケージの種類にもよりますが、旧型は片手で出し入れするのがきつくって、つい両手で行っていました。新型は片手でささっと出し入れできます

上端を細くすることで、脚が当たりにくくなりました。特にフレームサイズが小さい方にこれは効果的です。ほんの数ミリなんですが、これが思った以上に効果的。旧モデルが脚にすこ~し当たって気になっていた方、ぜひお試しいただきたい。

R250 ツールケース

3つ目の不満がこれ、

ジッパーがプラプラして、フレームに当たる。

R250 ツールケース

すごくシンプルな解決策。ゴムのわっかを縫い付けました。ジッパーのつまみ部分を入れてください。これだけで、ジッパーのつまみがブラプラして、フレームに当たって音が気になることが無い!

今回もあえてジッパーは止水タイプではなく、ノーマルタイプの裏使いです。止水ジッパーは動きが硬いんです。特に4か所ある角の部分が。

他社の止水ジッパータイプを実験してみると、ツールポーチに採用しているような安価な止水ジッパーって実はあまり効果が無いんですよね。豪雨を想定した実験をしてみると、全く効果はありません。

R250 ツールケース

中身はこのように整理して収納できます。5mm長くしたので、旧モデルよりも5mm大きいポンプが入ります。地味な改良ですが、ボトルケージに引っかかりやすいようにつけてある溝を少し浅くしてあります。いろいろ試してみると、そんなに深い溝でなくても、十分効果があるんです。

カラーはカーボン柄にブラックジッパーと、同じくカーボン柄に半分だけ赤色ジッパーです。半分だけ赤色ってところがポイントで、両側赤いとちょっとくどい感じがするんです。特注で半分ずつ染めているので、手間がかかっているのです

ツールケースがほかのメーカーからもいろいろ発売されていますが、ここまで細かく、しかもシンプルに考えられているものは他にはありません。実際に自転車で走り回っているワールドサイクルのスタッフが開発しているからこそのアイデアです。情熱がいっぱい詰まったこのツールケース、是非お試しください

ご注文はこちら

R250 ツールケースブラック
R250 ツールケースブラック/レッド

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. クリオ パフォーマンスホットジェル
  2. カペルミュール クリアレインジャケット ワールドサイクル別注カラー
  3. シールスキンズ 防寒・防水アイテム
  4. バーミッツ ドロップ/フラットハンドル用防寒カバー
  5. エアロヘルメット
  6. アラフォーもんもん
  1. hiplock ヒップロック Zlock

    頭痒いとこないですか?

    ヒップロックのZロックは本当に切れないのか?
  2. 東京駅 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    東京駅には自転車を入れられるコインロッカーがあるって、ホント?
  3. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    web版、パーフェクト輪行講座 これだけは。まとめ。
  4. メンテナンス教室

    買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  5. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
PAGE TOP