自転車を送る為の、3つの方法。

tebura07
家から遠く離れた場所でサイクリングをしようと思ったり、イベントに参加しようと思った場合、自転車はどうやって運びますか?

  1. 車で運ぶ。
    [使用するアイテムはこちら]
  2. 「自転車を分解して専用の袋に収納する輪行(りんこう)」をマスターして、電車やバス、飛行機、フェリーなどの交通手段を利用して運ぶ。
    [使用するアイテムはこちら]そして最後の方法は、
  3. 自転車だけ送る。自分は身軽に電車やバス、飛行機、フェリーなどで移動する。
となります。

「え~自転車って送れるの? 」

と思われるかもしれませんが、送れます。ただしこの場合の自転車というのは、いわゆるママチャリではなく、ロードバイクやマウンテンバイクなどの、車輪を簡単に外すことのできるスポーツバイクに限定されます。

また、近所のコンビニや郵便局にスポーツバイクを持っていっても、送れません。専用のサービスを利用する必要があります。それが、この3つ
  1. シクロエクスプレス
  2. カンガルー自転車輸送便 / カンガルー自転車イベント便
  3. サイクリングタッグ
順番に説明していきましょう。

 

1.シクロエクスプレス

シクロエクスプレス
  • 自転車輸送用ダンボールを製造・販売している「コーワ株式会社」と「佐川急便」がタッグを組んで提供している自転車専用宅配サービス。
  • インターネットで申し込むと、専用のダンボールが送られてきます。そのダンボールに収納すると集荷に来てくれて、そのまま指定したイベント会場や宿泊先に届けてくれます。
  • 料金は例えば関東から関西で、片道3900円(税抜)、関東から沖縄で片道9000円(税抜)となります。往復だとその倍となります。
  • クレジットカード決済が出来ます。
  • 段ボール製の配送キットが別途3400円(税抜)必要です。この配送キットは折りたたみ式で、1~2往復は利用可能です。使い捨てでは無いようです。
  • 専用の配送キット以外でも、3辺(幅、高さ、奥行)合計240cm以内の段ボールやハードケースなら使用可能です。布製の輪行袋は利用できません。
  • 5万円までの運送保険に加入しています。別途1口100円(補償額10万円)の輸送保険のオプションがあります。
シクロエクスプレス
 

 

2.カンガルー自転車輸送便 / カンガルー自転車イベント便

カンガルー自転車輸送便カンガルー自転車イベント便
  •  西濃運輸の自転車専用宅配サービスです。イベント主催者と提携しているのが「自転車イベント便」となります。
  • インターネットで申し込むと、専用ハードケースが送られてきます。その専用ハードケースに収納すると集荷に来てくれて、そのまま指定したイベント会場や宿泊先に届けてくれます。
  • 専用ハードケースは買取とレンタルが選択可能です。買取の場合は2種類あり、7200円のものと9500円のものがあります。レンタルの場合は1週間以内で2100円(税込)となります。
  • 料金は例えば関東から関西で、片道4530円(税込)、関東から沖縄で片道11900円(税込)となります。往復だと1000円引きとなります。
  • クレジットカード決済が出来ます。
  • 自転車イベント便の場合、大会会場の特設ブースにて引取り、帰りの集荷が可能です。
  • 専用ケース以外でも、3辺(幅、高さ、奥行)合計280cm以内、重量30kg以内の段ボールやハードケースなら使用可能です。布製の輪行袋は利用できません。
  • ご利用規約 第12条(免責)より 自転車・同送品の破損、擦り傷などについては、理由の如何を問わず、当社は責任を負いません。
カンガルー自転車イベント便 輸送便
 

 

3.サイクリングタッグ

クロネコヤマト サイクリングタッグ
  • 日本サイクリング協会(JCA)とクロネコヤマトが提携しているサービスです。
  • JCAの会員(2014年度は年会費5000円)で、且つサイクリングタッグ(2000円 JCA会員である限り生涯何度でも使用可能)が必要。
  • 取り扱いは、全国のヤマト運輸の各営業所で取り扱います。直接電話をして取りに来てもらうか、ご自分で持ち込んでください
    コンビニエンスストアなどの取扱店では扱ってもらえません
  • 上記2社とは逆で、布製の輪行袋に収納します。ハードケースやダンボールは不可です。
  • 料金はヤマト便の60kgサイズが適応されます。例えば東京(23区内)から大阪市内で、片道2592円(税込)、東京(23区内)から沖縄で片道7052円(税込)となります。往復割引はありません。
    宅急便ではなく、ヤマト便の運賃となりますので、ご注意ください。
  • クレジットカード決済が出来るかどうかは、担当ドライバーに確認が必要。
  • クロネコヤマトのスタッフが、この制度を知らない場合があります。営業所によっては、この「サイクリングヤマト便」を初めて扱うため、この制度が分からない営業所もあります。お客様サービスセンター【03-3541-3411】に電話して確かめてもらってください
  • 輸送中に弊社の過失により破損など損害を与えた場合は、運送約款に基づいて賠償をいたします。
 

まとめますと (価格は消費税率8%で計算しております)

  • 関東から関西の往復運賃比較(税込)
 シクロエクスプレス カンガルー サイクリングタッグ
 ハードケースレンタル  3,672円  2,100円  自前の輪行袋
 関東から関西の運賃(往復)  8,424円  9,060円  5,184円
 合計  12,096円  11,160円  5,184円
  • 関東から北海道の往復運賃比較(税込)
シクロエクスプレス カンガルー サイクリングタッグ
ハードケースレンタル 3,672円 2,100円 自前の輪行袋
関東から北海道の運賃(往復) 9,072円 11,340円 8,078円
合計 12,744円 13,440円 8,078円
  • 関東から沖縄の往復運賃比較(税込)
シクロエクスプレス カンガルー サイクリングタッグ
ハードケースレンタル 3,672円 2,100円 自前の輪行袋
関東から沖縄の運賃(往復) 19,440円 22,800円 14,104円
合計  23,112円  24,900円 14,104円
各社の料金体系が同一ではないため、全く同じ条件で比較することは出来ませんが、上記のような結果となりました。サイクリングタッグはJCA会員になるための年間費用と、一生使えるサイクリングタッグの費用はあえて含めておりません。

既にJCAの会員で、利用頻度が高ければ、
  • 1サイクリングタッグ 2シクロエクスプレス 3カンガルー
の順になると思います。

シクロエクスプレスとカンガルーの料金体系は、差がわずかですね。

価格の次に気になる「荷物の取り扱いの丁寧さ」については、運送業者のスタッフによる差や、といったものが大きく影響されると思います。

その為、口コミといったものは、参考になるかもしれませんし、全く参考にならないかもしれません。

いずれにしても、価格だけ見るならば自分で運ぶのが圧倒的に安くなりますね。懐具合でお選びください。

 

2014年からCJ会員向けのサイクリングヤマト便(電子版)という制度が出来ました。サイクリングタッグとの違いが分かりにくいので、今回は対象から外しております。詳しくはこちらをご覧ください