fbpx

サイクリング情報

ツール・ド・東日本 鹿嶋to八戸 800km 第一回 Bike Ride 2014

ツール・ド・東日本 鹿嶋to八戸 800km 第一回 Bike Ride 2014東日本大震災の発生から3年が過ぎようとしていますが、現地にはまだ震災直後のままになっている地域が数多く残っています。

今できる復興支援とは何か、それは現地を訪れ、現地の人達と出逢い、会話をして、現地の思いを知ること。また、現地での宿泊、食事、買い物をしての経済活動、サービス業、飲食業、宿泊業を通じて仕事をつくることではないでしょうか。

経済が動き出せば人が動き、復興は進んでいく。

 

今回、自転車旅行を通じての東北支援を実現するため「ツール・ド・東日本 鹿嶋 to 八戸 第1回 BIKE RIDE 2014」が開催されます。

  • 開催日:2014年4月28日(月)夕刻~5月5日(月・祝)朝
  • 開催地:茨城県鹿嶋市~青森県八戸市
  • コース:被災地沿岸部・山間部の800kmを自転車にて6日間で駆け抜ける。
  • 参加料:35,000円(車両持ち込みでのチーム2人~5人で参加の場合)
    ※各チーム伴走車1台が必要です。ガソリン代・高速代は各チームで負担してください。
    ※車両なし、個人参加の場合は45,000円
    ※荷物運搬、途中伴走車利用時の併走車を提供します。
    ※宿泊費、食事代、寄付を含みます
  • 募集人数 :25人 (最少催行人数16人)

目的

  1. 自転車で走ることにより、目に入る被災地の情報量も多い。毎年の被災地の変化にも触れ、知ってもらうことができる。
  2. 宿泊、食事と被災地を走る事により経済的効果もある。
  3. 参加費の一部を東北被災地の子供達をオーストラリアに派遣する基金とします。
  • 主 催  : ツール・ド・東日本 鹿嶋 to 八戸 BIKE RIDE 2014 実行委員会
  • 後 援  : 南三陸町、他は現在交渉中です。
  • 事務局  : 株式会社オズ・プロジェクト TEL03-5345-5528 担当:岡田繁

 

公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

ワールドサイクルのメンバーの一員となりました前田修平です前のページ

自転車講座が変わります。次のページ

最近の記事

  1. 自転車どこに保管してる?各スタッフ自転車の保管方法 第一章(部屋・廊下・玄関収納編)
  2. Travel Kuppe 保冷保温ボトル 600ml ブラック
  3. ロードバイクでコーヒーを飲むために必要なアイテム(実践編)
  4. レックマウントプラス AirTag1-R+ エアタグ用ケース 「ゴムバンド式」
  5. トレイルにて実食 「補給食」の 役割とタイミング
  6. ライドオアシス×オーストリッチ ホイールバッグ 1本用29er対応
  7. やまめ工房 やまめの学校inワールドサイクル
  8. R250 2022 福袋 HUKUBUKURO 限定50セット
  1. チェーンレススタンディングスティル

    乗り方教室

    チェーンを外してスタンディングスティルするのが、流行っているらしい。
  2. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    *シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  3. 3本ローラーで遊ぼう

    乗り方教室

    3本ローラーで遊ぼう、スルー3本ローラーにチャレンジ
  4. インナーフレームバッグ R250

    頭痒いとこないですか?

    R250のインナーフレームバッグをピッタリ選ぶ方法
  5. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
PAGE TOP