fbpx
UPON(アップオン) BIVYテント

メルマガ

さあ、自転車と旅に出よう! 重さ約995gの軽量テントが旅の幅を広げます

  オススメアイテム

■バイクパッキングやツーリングに最適、付属品を全て含めた総重量約995gの軽量シングルウォールソロテント。

【UPON(アップオン) BIVYテント】
いつかは自転車で旅行とかしたくはありませんか?
ただ自転車に荷物を乗せると、重たくなったりかなり場所を取ったりして乗せるのに限界があります。
ましてやロードバイクに乗せるとなるとさらに荷物が限られますね。
そこで今回はコンパクトかつ軽量のテントをご紹介致します!

テントの問題はやはり長い金属製ポールがあることですね。
登山はステッキを使うことによりポールを使わなかったりしますが、
自転車となるとポールを使わざるを得なくなって、
結果テントを積むのをやめようなど考えたりもします。
しかしこのテントはそれをズバッと解決してくれます!

UPON エアピラー

UPON エアピラー

金属ポールを使うのではなく、エアピラー(空気を入れたポール)を使うことによりよりコンパクトかつ軽量が可能となりました。
それによりエアピラーを含む収納時寸法がヨコ15cm×タテ20cmで収まります。
今流行りの大型サドルバックやフロントバックなどに収納することも可能となります!

重量はテント、ガイライン×2、エアピラー×2、ペグ×6、ポンプ×1、リペアパッチ、収納袋
のすべてが入って約995gとかなり軽量です。

設営した時のサイズは全長-245cm 幅-前方部90cm/後方部60cm 高さ-前方部100cm/後方部40cm
人+荷物が余裕で入ることが出来ます。

カラーはカモフラージュ・グリーンの2パターン

サイズ・重さ・機能性を考えると自転車用と考えると理想的なテントです。

もちろん自転車以外でも登山・フェス・非常用・キャンプ等様々なシーンに使えます!

2017年野営デビューのお供に是非!

UPON(アップオン) BIVYテント

UPON(アップオン) BIVYテント

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. パナレーサー×フカヤ イレイサー サイクルトレーナー専用タイヤ
  2. R250 防水スクエアバックパック ライト ブラック
  3. 防水シリコンシューズカバー R250
  4. rayo ラヨ
  5. アラフォー自転車女子
  6. OGKカブト フレアー ヘルメット
  7. マイヨブランアポアルージュベル
  8. R250 防水シリコンエアロシューズカバー
  9. イントロ スティンガー5  グローブ
  10. お助けチューブ
  1. 東京駅 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    東京駅には自転車を入れられるコインロッカーがあるって、ホント?
  2. 7bicycle セブンイタリア セブンバイシクル

    頭痒いとこないですか?

    冬のウェアー着こなし術。セブンイタリアのウィンターウェアー早見表付き。
  3. メンテナンス教室

    買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  4. bryton ブライトン Rider530

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンのGPSサイクルコンピューターRider530、辛口レポート。
  5. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
PAGE TOP