fbpx
パンク修理 マルニ コンチネンタル

メンテナンス教室

*これを忘れると、永遠にパンク修理が終わりません。

通勤や、ツーリングなどみんなで走っている時にパンクすると、早く修理を終わらせたいと焦りますよね。

そんな時うっかり忘れてしまいがちなのが、パンク原因の確認(タイヤに異物が刺さっていないか等)です。

チューブのバルブに不具合があって、空気が抜けたというパターンもありますが、ゴミの溜まりやすい車道左端を走行する自転車のタイヤは、よく拾い食いをします

まずは、この写真をご覧ください。

パンク修理 マルニ コンチネンタル

これはパンクして、チューブを取り外した後のタイヤ裏の写真です。

黄色丸でアピールされている中心の、一見ただの孔か傷のような部分に今回の主役が潜んでいます。

そして、ピンセットを使ってなんとか取り出したのがこちらです。

パンク修理 マルニ コンチネンタル

これがパンク原因です。

見た目はシャープペンシルの芯といった感じですが、とても硬く細い棒です。

力をかけても折れず、余裕でタイヤを突き抜けてきたことがうかがえます。

この黒い棒が、黒いタイヤに対して斜めに刺さっていたため、ほとんど見えていませんでした。

もし、取り除かなかったらパンクのエンドレスループに入っていたことでしょう。

こういった見落としを防ぐためには、時に機械より繊細なセンサーを持つ、指を使いましょう

パンク修理 マルニ コンチネンタル

方法は指の腹で、タイヤ裏をなでるように、力をいれずにゆっくりと滑らします

必ず、ゆっくり”異物があるかも”と警戒しつつ動かしてください。

勢いよく鋭利な物に指が当たると、怪我をすることは言うまでもありません

指先に引っかかりを感じたら、そこをよく観察です。

分厚いタイヤなら、内部に異物が入り込んでいる場合もありますので、タイヤをこじりながら確認してみましょう。

この時、細く小さいものが入っていた場合、手では取れないことがあります。

今回の異物も手では取れませんでしたので、毛抜きやピンセットの携帯が必要かもと思いました。

パンク修理 マルニ コンチネンタル

こちらは、前回のパンクから1週間後にまたパンクした際のタイヤ裏です。

はい。パンク原因は目視でOKです(泣)

 

細長い棒のせいでパンクした際は、マルニ QUICK SHOT クイックショット 瞬間パンク修理剤 50mlを使って窮地を脱しました

このような補修液を使えば1~2mm厚の異物なら刺さった状態でも応急補修できる場合もありますが、メーカー推奨は、異物は可能な限り取り除いてからとなっています。

パンク修理の基本として、”異物の除去”は、忘れないようにしたいポイントです。

そして、パンク修理を一からお伝えするワールドサイクルのパーフェクトパンク修理&タイヤ・チューブ交換講座では、さらに素早くパンク原因を見つける技もご紹介しています。

毎回、募集を開始するとすぐ定員になる少人数制の講座です。
空きがあった場合はお早めにどうぞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

サーベロ エアロハンドル バー【入荷数量わずか】サーベロのスペシャルパーツがついに発売!!前のページ

今年も一緒にしまなみ海道・とびしま海道を走りつくそう!次のページ

人気記事ランキング(過去30日間)

  1. メンテナンス教室

    *買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  2. 京都 サンエムズ 輪行講座

    頭痒いとこないですか?

    5/20の輪行講座は、初の京都で開催します。
  3. 縦型輪行袋 横型輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    輪行袋は、縦型か? 横型か? 輪行マイスターの作業時間は?
  4. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
  5. baggage160 新幹線輪行

    頭痒いとこないですか?

    *その輪行、ダメですよ。ルールを守るのが大人です。新幹線の新しい輪行ルールについ…
PAGE TOP