fbpx

乗り方教室

考えただけでも恐ろしい・・・アームカバーをつけずに走るなんて。

気持ちの良い5月の晴れた日。日焼け止めも塗らず、アームカバーもつけずに1日自転車に乗るとどうなるか?

こんな風になっちゃいます。これが7月だったら? 8月だったら。もっと恐ろしいことになりますよ。

 

そもそも日焼けって、火傷(やけど)でしかありません。怪我何です。何でこぞって焼きたがるのでしょう?

健康そうに見えるから? アクティブにスポーツしていそうに見えるから? いやいや、どんな理由を並べようとも、1日でこんな風に真っ赤になってしまうのは、怪我です。事故です。 いいこと何もありません。

こんな風になってしまうと、その日の晩は脱水症状となり、やたら水分を取りたくなってしまいます。暑かった~と、とりあえずの一杯からはじめたいところですよね。ですがソレも逆効果。

ますます夜中に起きて、水~水~ってなってしまいますよ。

そして1週間後には、恐怖の皮ズル剥けの刑が待っています。最初は洋服ですれてぼろぼろ剥けていきます。次第に広まってきて、まだら模様。お嫁にいけましぇん!

 

繰り返します。試験に出ますよ。

日焼けしていいことなんて、何もありません。

 

7月や8月だけではありません。うっかり気温が24度を超えて、つい半そでになってしまう4月や5月こそ要注意

日焼け止めを塗るのもいいでしょう。ただし、汗で流れ落ちてしまいますので、数時間おきに塗りなおさなければいけません。適当に縫ってしまうと、薄かったところは日焼けしてしまいますから、両手両足、首、耳、顔にしっかり塗ればそれなりに時間がかかります。

はっきりいって、メンドクサイ。

 

じゃあどうやって対策するのか?

簡単です。アームカバーとレッグカバーです。夏用長袖ジャージ、夏用タイツでもいいですね。

とにかく、皮膚を出さない。それが一番。

ちょっと前まで、アームカバーはアームウォーマーと呼ばれていて、冬に使うアイテムでした。ですが今はアームウォーマーといえば、冬の物。アームカバーといえば夏のものです

たとえばコチラ。

アームカバー

長袖インナー

レッグカバー

今年の夏は、日焼けで無駄に苦しまないように、対策ばっちりで迎えましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. カペルミュール2019秋冬モデル
  2. ジェンツ ロードバイク用ベル エンドキャップ内蔵型
  3. onebyesu シクロクロス グラベルバイク
  4. ショーワグローブ 防寒テムレス 01winter ブラック
  5. Jスポーツ 2020 サイクルロードレース カレンダー
  6. POC Do Flow(ドゥ フロー) Uranium Black
  7. ビットリア RUBINO PRO 700×25C ツインパック タイヤ、チューブ各2本セット
  8. 「ろんぐらいだぁすとーりーず!」サイクルウェア
  9. ゆるふわーくす

ワールドサイクルにリクエスト

  1. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    理想のライトポジションを実現するブラケット。
  2. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    web版、パーフェクト輪行講座 これだけは。まとめ。
  3. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  4. 手放しスタート

    頭痒いとこないですか?

    ビギナークラスで「まっすぐ走れ」という怒声が日常茶飯事なほど、まっすぐ走れないで…
  5. 立てかけ方

    頭痒いとこないですか?

    ロードバイクの安全な立てかけ方 実践編
PAGE TOP