fbpx

乗り方教室

自転車のロードレースに出てみよう! スタートその2

初心者 ロードレース ロードレースといっても、参加者全員が一斉にスタートするものと、タイムトライアルのように10秒とか20秒間隔でスタートするものがあります。

スタート直後に 「落車」 が発生しやすのは、圧倒的に一斉にスタートするものになります。

一斉にスタートといっても、規模の小さなレースでおよそ20~30人くらい。鈴鹿ロードのように大きな大会の場合およそ150人とか200人の選手が一斉にスタートします。

そんな大人数が一斉に走り出すなんて、レース初心者の方は経験したこと無いはずです。だからスタートはレース初心者がもっとも気をつけなければいけない、危険なポイントなのです。

 

スタート位置に並ぶ順番は、どうやって決まるのでしょうか? およそ次の3種類です。

  1. ゼッケン番号順 (ゼッケン番号は申し込み順であることが多い)
  2. 速く並んだもの順
  3. 前回の同じクラスのレースで上位入賞者は最前列 (上位クラスに限る レースにもよります)

 

ここでレース初心者が守るべきは、「最後尾からスタートすること」 他の選手たちがスタート直後にどれくらいのスピードで加速していくのか、初心者の方がわかりますか?

たとえ並ぶ順番が 「1.ゼッケン番号順」 だったとしても、決められた位置より後ろからスタートするのであればかまいません。一番後ろでおとなしく待っていてください。

ツールドフランスのようにパレード走行なんてありませんから、スタートの号砲とともに、前のほうの選手は猛ダッシュです。初心者が最前列に並んでしまい、スタートダッシュについていけなかったとしたら・・・・

後ろから何十名の選手が自分に突っ込まれるようなものです。追突事故から集団落車が発生して、それはそれは大変なことになってしまいます。

※自転車のロードレースに出てみよう! スタートその1

 

ですから、やっぱりレース初心者は「最後尾」に並んでください。最前列からスタートするよりは、不利であることは間違いありませんが、自分が事故の原因を作ってしまっては大変。

たとえ脚力に自信があって、デビュー戦を飾りたいと思っていてもです。最初のレースは様子見として、後ろからスタートして、レースのスピード、マナー、雰囲気をつかんでください。

初心者 ロードレース

前のほうからスタートするなら、レースのスピード、マナー、雰囲気にしっかりとなじんで、上位でゴールできる実力がついてから。

せっかく遊びで、趣味で、健康のため、気分転換で自転車に乗っていて、怪我をしてしまって家族や会社に迷惑をかけてしまうなんて、こんな悲しいことはありませんからね。

 

安全にロードレースを楽しんでください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. ガーミン タイヤレバー付きキャンペーン
  2. カペルミュール2019秋冬モデル
  3. ジェンツ ロードバイク用ベル エンドキャップ内蔵型
  4. onebyesu シクロクロス グラベルバイク
  5. ショーワグローブ 防寒テムレス 01winter ブラック
  6. Jスポーツ 2020 サイクルロードレース カレンダー
  7. POC Do Flow(ドゥ フロー) Uranium Black
  8. ビットリア RUBINO PRO 700×25C ツインパック タイヤ、チューブ各2本セット
  9. 「ろんぐらいだぁすとーりーず!」サイクルウェア

ワールドサイクルにリクエスト

  1. 東京五輪ロードレース 三国峠

    頭痒いとこないですか?

    東京五輪ロードレースコースを走ってきたよ。
  2. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    理想のライトポジションを実現するブラケット。
  3. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  4. メンテナンス教室

    買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  5. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
PAGE TOP