fbpx

乗り方教室

*尻が痛いなら、尻を浮かせ!

スポーツバイクに乗り始めた方が最初に抱える違和感で多いのが、

「お尻が痛~い」

 

これまで自転車で10分とか15分くらいしか走ったことの無い人が、初めて1時間や2時間もサドルの上で座りっぱなしになれば、お尻が痛いのも当然です。

でもある程度スポーツバイクを乗り込むにつれて、そういったお尻の痛みが無くなる人と、いつまでも痛いままの人がいます。

その違いは何か?

 

ズバリ、「時々お尻を浮かしているかどうか。」

 

お尻が痛くなる悩みを抱えている人と一緒に走ってみると、ず~っとサドルに座りっぱなしなんです。

信号待ちなどで停止するときも、サドルに座ったまま片方の脚を地面につけています。

お尻はつぶれたまま・・・・・

 

となると対策は簡単です。まず信号待ちでは必ずサドルからお尻を下ろす

停止しなくっても、走行中に時々ペダルをまわすのをやめて、ペダルの上に立って、サドルからお尻を上げる。こうすることでお尻の圧迫が無くなり、血液がじわ~っと流れるようになります。

 

正座に慣れていない人が脚がしびれるのと、同じですね。血液が流れないと、しびれます。

 

もう一つ、サドルからお尻を上げると良いタイミングがあります。

道路のちょっとした段差です。ダーンという突き上げが和らぎますよ。

その瞬間、ついでに肘と膝を猫のようにやわらかくして、衝撃を吸収するようにしてください。これでもっと衝撃が和らぎます。ハンドルから手が離れてしまわないようにだけは、注意しておいてください。

あるプロライダーは、

「体の下に自転車がぶら下がっている感じ」 と表現しました。まさにそのとおり。自転車に乗せられるのではなく、積極的に自転車を操りましょう。

 

おさらいです。

お尻が痛くなるのを防ぐ方法。

  1. 時々お尻を浮かせて、血液を流しましょう。
  2. ちょっとした段差でもお尻を浮かせて、衝撃をお尻で受け止めないようにしましょう。
  3. さらに肘と膝をやわらかく使って、猫の着地のように衝撃をやわらかく受け止めましょう。

 

レーサーパンツを履きましょうとか、やわらかいサドルに変えましょうというのは簡単ですが、乗り方を変えない限り、いつまでたってもお尻の痛みが消えることはありませんよ。

サドルに体重を乗せる暇があったら、ペダルに乗せろ! ってことです。ペダルには荷重をかけるのではなく、勝手にかかるものです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

*ロードバイクの入り口の方へ、あれこれ迷わずこのセットで。前のページ

自転車のロードレースに出てみよう! スタートその2次のページ

最近の記事

  1. R250 クイックショットケース ブラック
  2. レリック サイクルボクサーパンツ
  3. ディスクロード輪行 平野由香里 輪行マイスター
  4. R250 ディスクブレーキ用 縦型軽量輪行袋
  5. R250 GORIDE グラベルジャージ RIDING GRAVEL
  6. オーストリッチ 輪行袋職人の作ったマスクケース
  7. サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 600ml
  8. 【35%OFF】シマノ RC7(SH-RC701) SPD-SL シューズ BOA
  9. ガーミン エッジ(Edge)

ワールドサイクルにリクエスト

  1. ワイヤー錠がまっすぐ伸びる8の字巻き

    頭痒いとこないですか?

    ワイヤー錠がまっすぐ伸びる、8の字巻き
  2. 3本ローラー

    頭痒いとこないですか?

    3本ローラーの乗り方(遊び方)
  3. 3本ローラーで遊ぼう

    乗り方教室

    3本ローラーで遊ぼう、スルー3本ローラーにチャレンジ
  4. チェーンレススタンディングスティル

    乗り方教室

    チェーンを外してスタンディングスティルするのが、流行っているらしい。
  5. メンテナンス教室

    *買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
PAGE TOP