メンテナンス教室

バーテープを綺麗に巻くには、下ごしらえが重要。

ディズナ ケーブルストッパー

この無残な画像、何でこんな風になってしまったかお分かりですか?

ドロップハンドルにバーテープを巻く前に、ブレーキワイヤーやシフトワイヤーをあらかじめハンドルバーにぴっちり沿わせるためにビニールテープ等を使用するのですが、粘着力が強いためにはがすときにカーボンハンドルの表面の化粧カーボンをはがしてしまったからです。

はがれたのはハンドル表面の、いわゆる「化粧カーボン」といわれるものなので、これがはがれたとしてもハンドルの強度的には問題ありません。隠れる場所とはいえ、無残です。

 

一昔前はブレーキワイヤーだけだったのですが、最近はシフトワイヤーも一緒にバーテープの下に隠れるようになっています。しかも最近のドロップハンドルは、ショートリーチが主流で、カーブがきつくなっています。

そこでこの下ごしらえをいい加減にすると、ブレーキワイヤーやシフトワイヤーを引っ張るときにアソビができてしまい、性能をしっかり発揮することができません。

 

そこで、ディズナのケーブルストッパーの出番です。ディズナ ケーブルストッパー

この商品、3つの特徴があります。まず一つ。

細いので、きついカーブでもしわになりにくい。

2つ目。伸びないので、硬く巻くことができます。

ディズナ ケーブルストッパー

そして3つ目。粘着力がほどほどに弱いため、はがすときにベトベトしたり、化粧カーボンを痛めにくい。

ディズナ ケーブルストッパー

ビニールテープを使用するほうが安いのは安いのですが、紹介した3つの理由でオススメですよ。

ドロップハンドル約10本分(全巻きにした場合)に使用できます。

 

ご注文はコチラ

ディズナ ケーブルストッパーテープ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. I live 和柄バーテープ

    頭痒いとこないですか?

    日本っていいな。ニッポンの伝統的な柄や文様をバーテープに落とし込みました。

    I Live(アイリブ)という日本のブランドから、ニッポンの伝統的な柄…

  2. 頭痒いとこないですか?

    パーフェクト輪行マニュアル 輪行袋を使いこなしてサイクリングをもっと楽しもう。

    「輪行(りんこう)」とは、「自転車を分解して専用の袋に入れて、交通機関…

  3. thermos サーモス 保冷ボトル FFQ-600

    頭痒いとこないですか?

    これ知っておかないとやばいよ。サーモスの真空断熱ボトルの洗い方。

    保冷ボトルといえば、象印、タイガー、サーモスの日本の3社が超有名ですが…

  4. 頭痒いとこないですか?

    ハッズのブラケットをもう一度よく見てみよう。

    先日ご紹介しましたハッズのブラケットカバー、実はまだ取り付けが…

  5. 新製品情報

    結局シンプルなのが一番使いやすい。

    改良された新型が発売されたため、この商品は在庫品限り、なくなり次第終了…

  6. 乗り方教室

    休憩の時、ヘルメットをいい加減においていませんか?

    休憩中の自転車にヘルメットがこんな風においてあると、とても気に…

最近の記事

  1. ポケマル いんにゃ~ウェアー
  2. ワールドサイクル人気ランキング
  3. 予約ジャージ
  4. お得なセット2箱+ボトル付き グリコ CCDドリンク
  5. R250 炭酸(CO2) ボンベ単体 16g 1本 ネジ有
  6. OGKカブト フレアー ヘルメット
  7. ポタガール まさみん
  8. 輪行マイスター 輪行マニュアル
  9. ベルの付け方 レックマウント

輪行マイスターの輪行講座

  • Youtuberけんたさんと輪行マイスターによる、凄い輪行動画が完成しました。輪行講座はこちら
  1. 輪行袋 輪行 輪行講座 輪行教室

    頭痒いとこないですか?

    これができれば絶対にゆるまない、輪行ストラップの締め方。
  2. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
  3. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  4. ブレーキロック

    頭痒いとこないですか?

    バイクが倒れてしまうのは、タイヤが動いてしまうのが原因です。
  5. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。
PAGE TOP