fbpx

乗り方教室

携帯空気入れはフロアポンプの代わりにはなりません。

先日パンク修理講座にご参加いただいたお客様から、こんな話を伺いました。

  • お客様 「いつもロードバイクで走りに行く前に空気を入れるのに30分くらいかかってますねん。」
  • 岩田 「え~そんなに! 普段どんな空気入れで空気入れはるんですか?」
  • お客様 「フロアポンプにもなるっていう、携帯ポンプです」
    フロアポンプ 携帯ポンプ
  • 岩田 「あっ、あれはフロアポンプの代わりにはなりませんよ・・・・・」
    フロアポンプ 携帯ポンプ

 

作り話かと思われるかもしれませんが、コレ最近結構多いそうです。たしかにフロアポンプのように、脚で抑えて体重をかけてポンピングできるのが、ミニフロアポンプのいいところですが、それでも本物のフロアポンプのように少ない回数で空気は入れられません。

フロアポンプの場合、700x23cのタイヤを7気圧まで入れるには、およそ15~30回くらいのポンピングが必要です。

ミニフロアポンプの場合、同じ条件でおよそ100~200回くらいのポンピングが必要です。

その差は、約10倍。

小さな携帯ポンプの場合、上記条件でおよそ300~600回くらいのポンピングが必要なことを考えると、ミニフロアポンプは確かに携帯ポンプとしては頼もしい存在です。

ですが、フロアポンプの代わりになるかといいますと、そこまでの能力はありません。

2013年5月22日のブログ「買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。」でもご紹介いたしましたが、ロードバイクに乗るのであれば、フロアポンプはヘルメットよりも先に手に入れなければならないアイテムといえます。

オススメフロアポンプはコレ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. パナレーサー×フカヤ イレイサー サイクルトレーナー専用タイヤ
  2. R250 防水スクエアバックパック ライト ブラック
  3. 防水シリコンシューズカバー R250
  4. rayo ラヨ
  5. アラフォー自転車女子
  6. OGKカブト フレアー ヘルメット
  7. マイヨブランアポアルージュベル
  8. R250 防水シリコンエアロシューズカバー
  9. イントロ スティンガー5  グローブ
  10. お助けチューブ
  1. bryton ブライトン Rider530

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンのGPSサイクルコンピューターRider530、辛口レポート。
  2. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    輪行で一番重要なストラップがココ。二重巻きの方法をじっくり解説します。
  3. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
  4. ランドキャスト 例のポンプ

    頭痒いとこないですか?

    進化しすぎだろ、例のポンプをトピークの人気モデルと比べてみたら。
  5. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
PAGE TOP