fbpx

花より団子でスミマセン

vol.37 グルコース+クエン酸→グリコーゲン回復率アップ!

9月13日に舞洲で行われたクリテリウム。
またジャムパンを作って、観戦してきました。

今回ジャムパンを作るにあたって「前回と同じじゃ芸がないなぁ」と思い(関西人のサガ!?)、一工夫することに。
チームサポートをさせてもらっていた時はビタミンB群のタブレットがあったので、それを砕いてジャムの中に入れていたのですが、今は手元にありません・・・。
手元にあるものといえば、以前紹介したクエン酸。

乳酸の除去や、血液のpH低下を抑制してパフォーマンスを改善するイメージが強いクエン酸ですが、 実はそれだけでなく、グルコースと一緒にとることによって、グリコーゲンの回復を促進するのです!
2014-09-21 13.59.58(「スポーツと健康の栄養学 第2版」有限会社ナップ 著者:下村吉治)

そんなわけで、ジャムにクエン酸を混ぜてみることに・・・。2014-09-12 23.19.26
クエン酸ってめちゃくちゃ酸っぱいので、250gのジャムに対してビクビクしながら2gのクエン酸を投入。
味見をしてみると・・・

酸っぱーーい!!!

食欲がなくなるレベルの酸っぱさ!←私だけ?

・・・しかし、そもそも私は酸っぱいのが苦手。
そして一晩寝かせる(?)ので、翌日にはちょっとマイルドになってるはず・・・(カレーのルウではない)。
そんなかすかな希望に期待を寄せて、アルミ箔でラッピング。

レース当日、「ジャムにクエン酸を入れたら、ちょっと酸っぱくなった」旨を正直に選手に伝え、ドキドキしながら食べる様子を見ていると、「酸っぱくない」とのこと。

とりあえずホッとしましたが、大切なレース前は「変わったことはしない」ことが大切ですね。
「いつも通りにする」 ことがベストだと思うので、レースの時だけ頑張る(気を付ける)のではなく、いつもベスト(orベター)な選択をしておくこと重要なのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. フィジーク ロード用シューズ
  2. 7bicycle セブンイタリア セブンバイシクル
  3. R250 大型サドルバッグ
  4. タックス ブースター トレーナーバッグセット
  5. チキンラーメン ひよこちゃん長袖ウィンターシールドジャケット
  6. ランドキャスト マジックポンプ
  7. ニッセンケーブル
  8. ナカガワエンドワッシャー
  9. Rayo 究極のテールライト
  1. ランドキャスト 例のポンプ

    頭痒いとこないですか?

    進化しすぎだろ、例のポンプをトピークの人気モデルと比べてみたら。
  2. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
  3. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. 東京駅 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    東京駅には自転車を入れられるコインロッカーがあるって、ホント?
PAGE TOP