fbpx

商品情報

Udog初のSPDシューズ DISTANZA レビュー!

商品レビュー

Udog(ユードッグ)のグラベルオフロードシューズ、DISTANZA(ディスタンザ)

Udog(ユードッグ)のグラベルオフロードシューズ、DISTANZA(ディスタンザ)

今回はUdog(ユードッグ)のグラベルオフロードシューズ、DISTANZA(ディスタンザ)の商品レビューです。

【Udogとは? DISTANZAとは?】

Udogは創業者のアルベルト・フォンテ氏はfi’zi:kのブランド マネージャー、Pinarelloのセールス ディレクター、KASKのマーケティング ディレクターなど15年以上のキャリアを詰んだ後に2021年イタリアで創業されたブランドとなります。

今回のDISTANZAはUdog初となるSPDモデルのシューズとなり、岩場からインスパイアされた革新的なアウトソールを採用。軽くて頑丈なラバーソールとなっており、岩の多い山道からタウンユースの街中まで歩きやすさにも重点を置いたビンディングシューズとなっております。
表面は特殊な3Dテクニカルメッシュ生地を採用しており、デザイン重視のシューズと思われがちですが、機能面でも素晴らしいシューズとなっております。

【実際に履いてみた感想】

足を入れた瞬間に「これはビンディングシューズなのか」と疑いたくなるような履き心地。
ビンディング特有の締めつけ感・ソールの硬さを感じさせない、だからといって緩いのか?と言われるとそうではない。

シューレースとテンション・ラップ・システムで締めつけ感は調整できるし、キツめに締めてもソフトめに作られているニット生地のお陰でホールド感はある。

ただ、一昔前(と感じているが主観となります)の踵をしっかりホールドするような仕様ではなく、シューレースで調整するタイプで踵は少し緩め。
ここは好き嫌いが分かれそうではある、、
そもそも1分1秒を争うレース向けの方はSPD-SL仕様のCIMAやTENSIONEをおすすめしたい。

ソフトなニットと縫い目の少ない生地のお陰でロングライドや、街乗り、グラベルは問題なく仕様できるだろう。
またラバーがつま先の上まで有ることで、ビンディングだから有るきにくい・・といったストレスを解消してくれている。
ビンディングシューズの価格面でいえば、2万円台でここまで快適で縫製がきれいなシューズに出会ったことが無いと言うのが個人的な意見ではあるが、
こればかりは人それぞれだろう…

サイズ感で言えば、実測26.5cmでノースウェーブやSIDIを42サイズで使用していたためこちらのDISTANZAも42サイズを購入したが、靴の形状上つま先部分に余裕が出来たため少しゆとりを感じる。
サイズ表の記載通りのサイズ感に相違はないと感じた。

【動画にて公開中】


今回のブログをワールドサイクル公式YouTubeチャンネルにて動画にしております。
合わせてご覧下さい。

また、ワールドサイクルではロードバイクに適したSIMAやその他Udogのアクセサリも扱っております。
ワールドサイクル本店で見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

小銭もスマホも入る防水スマートライドポーチ スーパーDX3!前のページ

高トルクのハイパワー日邦電機の電動マルチポンプ次のページ

人気記事ランキング(過去30日間)

  1. 3本ローラー

    頭痒いとこないですか?

    3本ローラーの乗り方(遊び方)
  2. baggage160 新幹線輪行

    頭痒いとこないですか?

    *その輪行、ダメですよ。ルールを守るのが大人です。新幹線の新しい輪行ルールについ…
  3. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
  4. ワイヤー錠がまっすぐ伸びる8の字巻き

    頭痒いとこないですか?

    ワイヤー錠がまっすぐ伸びる、8の字巻き
  5. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    *重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
PAGE TOP