fbpx
輪行袋

頭痒いとこないですか?

*だから輪行袋の肩紐(ストラップ)の長さは短めがいいって事。

問題 輪行袋の肩紐の長さはAとB、どちらが良いでしょうか?

輪行袋

輪行マイスターの輪行講座では必ずお教えするこの輪行袋の肩紐の長さの決め方、どちらがいいか、お分かりですか?

実際に担いでみたのがこちらです。

輪行講座 輪行講習

左がA、右がB ですので、答えは「B」です

何故「B」が正解なのかは、これからご説明いたします。

縦型輪行袋の場合、縦型というくらいですから縦長です。身長165cmの私が担いで上の画像くらい。どこに注目すべきかと言いますと、地面から輪行袋の底までの距離。これが近いと、ちょっとの段差で輪行袋がゴツンと激突。階段だったらもう大変。階段を登り下りする度に大切な自転車がガンガンぶつかります

駅の階段

駅の階段 1段の高さはおよそ16cm。

そこで、肩紐はなるべく短くしましょうと教えしているわけですが、その目安となるのがフロントフォークのエンドです。

肩紐の長い「A」の状態

肩紐をBB付近とヘッド/ステム付近に通した時に、ちょうどフロントフォークのエンドの「高い方」にギリギリひっかかるくらいの長さにすると、「肩がフロントフォークとハンドルの間」に入ります。これでは長すぎるんですね。地面までの距離が近くなります。

輪行袋

肩紐の短い「B」の状態

フロントフォークの低い方に長さをあわせると、「肩がフロントフォークとギアクランクの間」に入ります。地面までの距離が遠くなります。輪行袋

身長165cmの岩田でこれくらい。地面とのクリアランスも充分。これなら駅の階段の上り下りでも、大切な自転車が当たることはありません。

さらに、身長が160cm以下の方は担ぎ方に一工夫しましょう。

たとえストラップを短くしたとしても、身長が低い分地面との距離が稼げません。そんな時は、いったん普通に担いだ後、自転車を90度回転させて縦長から横長にしましょう

輪行袋

これで地面との距離は確保。身長150cmくらいの方でも、地面に当たることはありません。ただし、地面に置く時は、元に戻してから置いて下さいね。

だったら最初から横型のほうがいいのでは?

はい、担ぎやすさだけを考えればそうなんですが、実は輪行でサイクリングに出かけた場合、実際に駅で輪行袋を担いで歩いている時間はほんのわずか。ほとんどは電車の中にいるはず。電車の中で他の乗客の迷惑にならないようにと考えるなら、床面積が最も小さい「縦型輪行袋」がベスト。
縦型ならこんな風に二人かけのシートから一切通路にはみ出しません。

輪行

そんな輪行テクニックをお教えしているのが、輪行マイスター岩田によるパーフェクト輪行講座。自転車ショップが無料で開催している輪行講習会が増えてきてはいますが、1回3000円でも毎回満席なのは、それだけの価値があるからです。

毎月開催しておりますので、是非ご興味のある方はこちらから。

輪行講座 輪行講習

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

ポタガール 埼玉自転車×ツール・ド・フランス2016観戦!前のページ

和風POPクリエーター”hacocorone”デザインの限定ジャージ、本日予約最終日です。次のページKimono Girl Koyuki&Komame 「月夜の庭 - 夢」

最近の記事

  1. レーブ メルトインソール
  2. ファベロ アシオマ DUO-Shi シマノ対応 パワーメーター ペダル軸のみ Favero
  3. パールイズミ2021年秋冬モデル
  4. 安いけど、コスパ&デザインが良いサドルのまとめ
  5. フィールキャップ NORTHERN LIGHTS NIGHT RUN CAP
  6. R250 GORIDE 3バックポケット付きTシャツ
  7. 数量限定!お得な4箱セット!!梅丹本舗 2RUN(ツゥラン) (2粒入×15袋)
  8. グランジ タイヤインストール
  1. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    *重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  2. インナーフレームバッグ R250

    頭痒いとこないですか?

    R250のインナーフレームバッグをピッタリ選ぶ方法
  3. メンテナンス教室

    *買ってきたロードバイクの賞味期限は、何もしなければ3日だけ。
  4. めだたんぼー

    新製品情報

    絶景と愛車をかっこよく撮るなら、めだたんぼーの出番です。
  5. 輪行 方法

    頭痒いとこないですか?

    *阪急電車で輪行マニュアル
PAGE TOP