fbpx

頭痒いとこないですか?

GSG by 7Itaのシンプルな防風グローブを徹底チェック。

ジェッセージ GSG グローブ

GSG(ジェッセージ)のラインナップが続々増えていますね。今回はグローブをレポートしてみましょう。

薄手ですが防風素材を使用したロードバイク用ロンググローブです。カラーが2色、イエローとブラックとありますが、こちらはイエロー。昼間はもちろん夜間でも目立ちますね。

ハンドルを握った状態でしっくりくるように3Dデザインとなっていますので、このように大きく手を広げるとしわがよります。ジェッセージ GSG グローブ逆に軽く握るようにしますと、自然とハンドルをつかめてしまいます。ジェッセージ GSG グローブ前方から見るとほぼイエロー。かなり目立ちます。ジェッセージ GSG グローブ手の平側はシリコンの滑りとめパッドが付いています。一見するとこんなにパッドが付いているともこもこするんじゃないの? と思うかもしれませんが、実際は適度な厚みでいい感じです。特に外側のパッドが絶妙です。ブラケットを握ったポジションの時に、丁度バーの上に収まって、しっかりと衝撃を吸収してくれます。ジェッセージ GSG グローブ手首側がちょっと変わっています。通常フリースだったりベルクロだったりするのですが、これはエラスティックバンドというのを使用しています。よくジャージやレーサーパンツの裾に使われているもので、薄くて伸縮性が高い素材です。なるほど、これを手首に使うというのは、なかなか良いアイデアですね。

ここが分厚いと、ジャージの袖との収まりが悪くなりますが、エラスティックバンドはとても薄くてフィットするのでとても良い感じです。ジェッセージ GSG グローブ無理やり裏返してみました。裏地は総フリースです。ジェッセージ GSG グローブちょうど3サイズあったので、重ね合わせてみました。上からS→M→L となります。ジェッセージ GSG グローブ同じく幅も比較してみました。上からS→M→L となります。ジェッセージ GSG グローブパールイズミだとMサイズがピッタリの私ですが、GSGの場合Sサイズがピッタリでした。Mサイズでもまぁいけそうですが、すこし太い感じです。ぴったりめが好みなので、Sにします。

指の長さ的には、親指のみ長くて、すこし余りました。その他の指はピッタリです。

実際にブラケットを握って見ました。親指と人差し指のパッドが、丁度ピッタリブラケットを覆っていますね。ジェッセージ GSG グローブ横から見ると、同じブランドのジャージ「ヴァール ウィンタージャケット」と統一したデザインなのがよく分かりますね。腕が長く見えるようです。ジェッセージ GSG グローブ早朝で0度以下になるような場合は厳しいかもしれませんが、日が出てから走るのであれば、丁度良いかと思います。最もどれくらいの寒さまで耐えられるかって、個人差が大きいですからね。

私は寒がりなので、このグローブでもうちょっと保温性が欲しくなったら、インナーグローブをつけようと思います。

ご注文はこちらから

オススメインナーグローブはこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

これぞ最上質仕上げ、サイクリング用プレミアム・グローブ「シールスキンズ」の旧モデル特価がスゴイ。前のページ

vol.40 カラフルでパワフルに!次のページ

最近の記事

  1. 【35%OFF】ウベックス QUATRO ヘルメット
  2. MET(メット) ヘルメット TRENTA(トレンタ)
  3. シマノ S-PHYRE RC902 シューズ
  4. R250 ポケマル 黒猫ダミーローター 2個セット
  5. シマノプロ アドバンスドツールボックス
  6. FM尼崎 輪行
  7. 輪行マイスター岩田による《ロードバイクの基礎講座》
  8. カペルミュール ポケッタブルバックパック
  9. ワールドジャージ/セブンイタリアのSALE!超SALE!!

ワールドサイクルにリクエスト

  1. スタンディングスティル

    頭痒いとこないですか?

    スタンディングスティルの練習方法
  2. 3本ローラー

    頭痒いとこないですか?

    3本ローラーの乗り方(遊び方)
  3. R250 ツールケース スリムスーパーロングタイプ カーボン柄/ブラックファスナー

    新製品情報

    もっと大きくしました。
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    *シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. 輪行 方法

    頭痒いとこないですか?

    *阪急電車で輪行マニュアル
PAGE TOP