fbpx

頭痒いとこないですか?

*軽量リュックでも安定します、R250のバックパックパッド

r250pad1

バックパックは2つに分類できます。パッドがしっかりしているものとそうでないもの。

前者は背中と接する面に汗がこもらず風が通り抜けるようしてあったり、背中のカーブに沿うように工夫して作られています。

後者は軽量第一主義を貫いているため、背中にべっとり密着して汗でぐしょぐしょになったり、中に硬いものを乱暴に入れると、背中がゴリゴリして痛みを感じることになります。ウエストベルトやチェストベルトで補おうにも、一番大事なのは背中のパッドだと思うからです。

軽さ重視で選んでしまったバックパックだけども、どうも快適に背負えないという方は、是非このパッドをお試しください。取り付けは超簡単。左右のショルダーベルトの上側と、r250pad2

下側に付属のゴムベルトを通して留めるだけ。取り付け時間はおよそ10秒程度。

r250pad3

何と言うことでしょう、波を打って通気性の高い、軽~いパットが取り付けられました。

r250pad4

ふにゃふにゃで腰のなかったバッグの背面が、しっかりしました。何もつけないと中身と一緒に膨らんでしまい安定感がなかったのですが、取り付けたパッドによって背中のカーブに沿うことによって、安定感がグンとアップ。

高級なマットレスのようですね。背中にべったり密着せずに、適度な隙間があります。特にコレが効果を発揮するのは、です。夏ってどんなに通気性の良いバックパックでも汗は溜まります。走り終わったバッグはタップリ汗を吸い込んでいるので、そのまま放置しておくと臭いがプ~ンとなってしまいます。このパッドの場合、簡単に取り外せるので、パッドだけ水洗いしたり、乾かすことが可能。パッドが汗を吸う分、バッグは汗を吸い込みません。だから臭くなりにくく、痛みにくくなるのです。r250pad6

パッドに腰があるので、バッグ自身も形がしっかりしますね。この状態でパッドを外すと、立ちません。r250pad7

取り付ける時は、R250のタグがあるほうを背中側になるように取り付けてください。そのほうが背中に当たる面積がわずかですが少し小さくなります。r250pad8

持っているバッグのパッドが頼りないと感じていたら、是非このパッドでグレードアップしてみてください。サイクリング用だけでなく、ハイキングや登山、トレイルランニングにも重宝しますよ。

ご注文はこちらから

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

ワイプオール【一家に1パック】油も汚れもグングン吸収!洗って乾かせば再使用可能なワイプオール前のページ

琵琶湖を満喫、ビワイチ東西合同ラリー。次のページ

人気記事ランキング(過去30日間)

  1. baggage160 新幹線輪行

    頭痒いとこないですか?

    *その輪行、ダメですよ。ルールを守るのが大人です。新幹線の新しい輪行ルールについ…
  2. 3本ローラーで遊ぼう

    乗り方教室

    3本ローラーで遊ぼう、スルー3本ローラーにチャレンジ
  3. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    *シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. 京都 サンエムズ 輪行講座

    頭痒いとこないですか?

    5/20の輪行講座は、初の京都で開催します。
PAGE TOP