fbpx
ツール缶 ツールカン

頭痒いとこないですか?

*ゼファールのツール缶はサイズも仕切りも変幻自在。

大抵のロードバイクに標準でボトルケージ台座は2個ついていますが、真夏のライドや、ほとんど止まって休憩しない超ロングライダー以外なら、ロングサイズのボトルが1個あればほぼほぼ大丈夫ではないでしょうか。余ったボトルケージ台座には、ボトルケージを取り付けて、携帯工具や予備チューブを入れたツール缶/ツールケースを挿しておくのがおすすめです。

昔から携帯工具や予備チューブは、サドルの下に取り付ける「サドルバッグ」という小さなバッグに入れるのが定番ですが、ツール缶/ツールケースに比べると、バイクの一番高い位置に荷物をつけることで、重心が高くなってしまいます。そうなるとどうなるか? ダンシングでバイクを左右にリズミカルにサドルを振る時に、重いというか、だるくなるんです。サドルやシートポストの重量を気にするのに、サドルバッグをつけるなんて、本末転倒。使っていないボトルケージ台座があるのなら、サドルバッグよりツール缶/ツールケースがおすすめな理由が、コレです。

ツール缶/ツールケースと何度も言っていますが、違いは素材です。いずれもボトルケージが別途必要です。

ツール缶:ボトルと同じ素材で、軽くて丈夫。蓋が上についているので、出し入れが面倒。隙間をウエスなどで埋めて中身が動かないようにしないと、走行中の振動でカタカタ音がする安い
ツールケース:「EVA(合成樹脂)」をモールド加工し、表面に「PU(ポリウレタン)」を貼ったもの。左右に開くため、中身を整理しやすく、出し入れしやすい。素材が柔らかいので、走行中の振動で音が出にくい

使い勝手でいうならば、おすすめはツールケースなのですが、安さと軽さでツール缶も捨てがたい。ツール缶でおすすめなのが、今回紹介するゼファールの「Z BOX L」です。

最大の特徴は、だるま落としのように本体が分割できるので、短いケースにも、長いケースにもなります。長いケースにしたときは、中蓋をつけ外しすることで、2室にも1室にも変化するのです。これってかなり便利。2室にすれば、よく使うワイヤー錠などは上に、めったに使わない工具類は下にするなど入れ分けることができます。1室にして中蓋を取れば、長さ225mmまでの少し長めの携帯ポンプが入ります。

ゼファール ツール缶 ツールケース

上ボディの底(中蓋)は、下ボディと上ボディを合体させるときのねじ山を利用して取り付けます。無駄がないですね。中蓋には土偶の眼のような造形がありますが、要するにつまみです。

ツール缶によっては、カタカタ音がしないように、内側全体にスポンジのシートを入れてあるものがありますが、このゼファールには付属しません。アーレンキーやタイヤレバーなどは、ウエスやグローブなどで巻くなどして、隙間なく入れるようにしてください。

ゼファール ツール缶 ツールケース

ひとつのツール缶で、2サイズ、3パターンに変化する、ゼファールの「Z BOX L」 とってもおすすめです。

ご注文はこちらから

ゼファール Z BOX L ツール缶

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

G-FORM サドル用ジェルパッドお尻のお悩みはコレで解決!?米国発、貼ってはがせるサドル用ジェルパッド前のページ

関西シクロクロス、200回おめでとう!次のページ

人気記事ランキング(過去30日間)

  1. 3本ローラー

    頭痒いとこないですか?

    3本ローラーの乗り方(遊び方)
  2. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    *理想のライトポジションを実現するブラケット。
  3. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    *シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  4. スタンディングスティル

    頭痒いとこないですか?

    スタンディングスティルの練習方法
  5. ルンハイパー

    メルマガ

    旧ETRTOで25cのタイヤから新ETRTOで28cのタイヤに交換するときの注意…
PAGE TOP