fbpx
誰が言ったか”日本のラルプ・デュエズ”で初めてのグループライド

アラフォー女子もんもん

誰が言ったか『日本のラルプ・デュエズ』で初めてのグループライド

こんにちは、もんもんです。
今回は「千葉山(せんばやま)」へ行ってきました。

あんたがた どこさ~♪ の「船場山(せんばやま)」ではございません。
あっちは熊本県。こっちは和歌山県の「千葉山」です。

この時期のライドで最も注意すべきは、やはり熱中症
念には念をということで、ちょっとしつこいくらいに水分を摂ることにします。
スタートポイントまで向かう道中で、ひとまず500mlペットボトルのお茶を1本、
すべて飲み干しました。

到着したのは朝の8時。もうすでに暑い、、、!
顔にも体にも、日焼け止めクリームをべったりと塗ります。
日焼けは禁物!この歳になるとシミもこわいですが、何よりも体力。
日焼けすると一気に体力が奪われます。

よし、これで準備はOK。

千葉山の前に、まずは西側の海沿いを走ります。
大雨の翌日だったのであいにく海は茶色く濁っていましたが、それでもやっぱり海を見ながら走るのは気持ちがいいものです。
とはいえ、和歌山の海沿いは坂ばかり。
なんだかんだでけっこう登ります。

ところで、今回のライドは私と夫の二人きりではございません。
なんと、総勢5名のグループライド
誰が言ったか”日本のラルプ・デュエズ”で初めてのグループライド

実は私、大勢で走ることをずっと避けてきました。
体力にもスピードにも、運転スキルにもあまり自信がなく、一緒に走っても迷惑をかけてしまうだろうと思うと、
なかなか夫以外の誰かと走る勇気が持てなかったのです。

しかしながら、今回は夫の勧めもあり、気の知れた友人もいるから、ということで遂にグループライドを決行することになりました。
とにかく最初は、迷惑をかけないように、引き離されないように、と不安がいっぱい。
ちゃんとハンドサインできるかな? 前の自転車との距離感、大丈夫かな? と緊張しっぱなしです。

だけど、しばらくしてから気がつきました。

あれ、置いていかれるようなことはなさそうだな!?

当たり前です。
みんな、レースをしに来てる訳ではないのですから。楽しく乗るのが目的なのです。

そしてみんな紳士です。
気持ちよく走れるスピードで、無理なく、お互いに気遣いながら走っていきます。

「車来ます」
「段差あります」
「次のコンビニで休憩します」

声をかけながら進んでいきます。
すごい、みんなで支え合ってる!
こんな感じで走るのかー!すごいなー!
と、新鮮な気持ちです。

そうこうしているうちにお昼休憩の時間。
みんなでわいわいご飯を食べて、ここからはいよいよ千葉山です。
見てください、これ。
誰が言ったか”日本のラルプ・デュエズ”で初めてのグループライド
もう、見るからに山の始まり。
ここから始まりますよ!感。

ぶどう坂のあの住宅街からふらっと始まる感じとは真逆の、ザ・入り口。

行ってやりますよ。行くぞー!
ただ、やる気は充分でもスピードは相変わらずマイペースで。
もうここは無理したら絶対ダメなので、先に声をかけておきます。

「ゆっくり行くので、お先にどうぞ。」

ところが、みんな同じようにのんびり登って行きます。
あ、これでいいんだ。そうなのか。
みんながみんな、猛スピードで駆け上がる訳ではないんですね。
いや、いつもは駆け上がってるのかもしれないけど、今日は同じペースで、一緒に登ってくれている。
むしろいつも夫は写真アタックをしてくれるので、だいたいひとりで登ります。
みんなでお喋りしながら登って行くのって、、、楽しい!

誰が言ったか”日本のラルプ・デュエズ”で初めてのグループライド

千葉山コース詳細:標高差:432m 距離:5.6km 平均斜度:7.7% 最大斜度:12.0%

ただ、この千葉山、ずっと南斜面を九十九折りで登って行くので、絶望的に日陰がない、、、
猛暑の中、滝のような汗を流しながら登ります。
みんなかなりバテてきました。
でも、登る度にどんどん景色が良くなって行きます。
しんどいけど、絶景!

「山の上に風車があるね」なんて、登る前に話していたのですが、それがもう目の前に迫っています。
あとちょっと、きっともうすぐ、、、
そして、なんとか5人揃ってゴール!

こまめな水分補給を心がけていたので、熱中症にもならずに元気に登り切りました。

今まで自分の走りに全然自信がなくて、ずっと避けてきたグループライドでしたが、みんな優しいし、
登りがしんどいのは私だけじゃない(当たり前だ)ということもわかったし、少し自信が持てました。

もちろんまだまだ体力も筋力もないし、下りのカーブは苦手ですが、それでも勇気を出して誰かと一緒に走ってみるのも、いいなあと思いました。
誘ってくれた夫に感謝です

この勢いで、そろそろライドイベントに出てみるのもいいな、、、
急に気が大きくなってきました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

手放しスタート*ビギナークラスで「まっすぐ走れ」という怒声が日常茶飯事なほど、まっすぐ走れないでレースに出る人がいるという事実。前のページ

使えばわかる人気の理由。スポーツバイクユーザーの声に応えるボトル次のページサーモス 真空断熱ボトル

最近の記事

  1. サイクルプロ 整備スタンド DS-1Plus スルーアクスル対応変換アダプター 2個付
  2. reric(レリック)2021SPRING&SUMMERウェア
  3. KMCチェーン特集
  4. 2021年モデルドイターバックパック
  5. KCNC スルーアクスル ライトアダプター
  6. R250 モノトーンカモフラ
  7. 2021年シマノ春夏ウェア
  8. RIDEA Carbon Bottom Bracket

ワールドサイクルにリクエスト

  1. 8の字走行

    頭痒いとこないですか?

    いろいろ試そう、8の字走行の練習方法。
  2. ロードバイク 基礎 基本 講座

    乗り方教室

    第1・2回ロードバイクの基礎講座 開催しました。
  3. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    *理想のライトポジションを実現するブラケット。
  4. リドフワイプス 万能洗浄シート ゴージョー ハンドクリーナー

    頭痒いとこないですか?

    携帯に超便利な、お手拭き&お掃除シートの頂上決戦。
  5. チェーンの直し方

    メンテナンス教室

    外れたチェーンの直し方
PAGE TOP