fbpx

乗り方教室

真夏はシャワーライディングで生き返る。

shower01

そろそろ日中の気温が30度を超えるようになってきました。いよいよ夏がやってきます。

夏のライディングは、暑さと上手に付き合うテクニックが重要になってきます。ポイントになるのは、長袖とボトル。

まず日焼けという火傷(やけど)をしてしまわぬように、夏用のアームカバーレッグカバーを着用しましょう。首の後ろも日焼けポイントなので、バンダナなどがオススメです。耳の後ろも超日焼けするポイントですがここは日焼け止めクリームなどが便利です。

必殺技となるのが、ボトルの水からのシャワー攻撃です。

shower02

信号待ちなどで停止した時に、腕、首筋、頭、太ももあたりに、ぶちまけてください。冷たい水がベストですが、多少ぬるくなっていても大丈夫。走り出せば風が当たって、すぐに冷んやりします。

ペットボトルから直接体にかけると、中身が出すぎてかけたい箇所に上手くかからないのですが、自転車用ボトルはとても便利。さかさまにしてもこぼれずに、ボトルを押しつぶさないと中身が出ませんから。

腕や足が素肌の場合、せっかく水をかけてもすぐに流れてしまいますが、アームカバーをしていると一旦そこに染み込むため、冷え冷え効果が増殖されます。

 

気温が30度を超えるようになってくると、路面温度は40度以上になることもあります。そんな中、無防備でサイクリングするのはとても危険です。せっかくの楽しいサイクリングが、熱中症などになってしまっては、元も子もありません。

こまめな休憩と、日焼け対策、そしてボトルからのシャワー攻撃で、真夏でも楽しく走りましょうね。

 

夏にオススメ、UVアームカバー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. フィジーク ロード用シューズ
  2. 7bicycle セブンイタリア セブンバイシクル
  3. R250 大型サドルバッグ
  4. タックス ブースター トレーナーバッグセット
  5. チキンラーメン ひよこちゃん長袖ウィンターシールドジャケット
  6. ランドキャスト マジックポンプ
  7. ニッセンケーブル
  8. ナカガワエンドワッシャー
  9. Rayo 究極のテールライト
  1. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
  2. bryton ブライトン Rider530

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンのGPSサイクルコンピューターRider530、辛口レポート。
  3. ランドキャスト 例のポンプ

    頭痒いとこないですか?

    進化しすぎだろ、例のポンプをトピークの人気モデルと比べてみたら。
  4. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  5. 東京駅 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    東京駅には自転車を入れられるコインロッカーがあるって、ホント?
PAGE TOP