fbpx

新製品情報

パールイズミのラッセルテープを使ったレッグ・アームカバーが凄い。

パールイズミ ラッセルテープ

レーサーパンツやジャージの裾や袖、アームカバーやレッグカバーをつけると、滑り止めのゴムやシリコンで皮膚が痒い痒いになったことありませんか?

昨年からパールイズミが採用し始めた滑り止めのテープで、ラッセルテープというものをご紹介します。ラッセルテープとは、ポリエステルの繊維をナノレベルまでに割いたもので、要するに毛羽立ちなんです。肌に優しくアレルギー反応などもほとんど起こさないということで、2013年モデルからハイエンド価格帯のレーサーパンツやジャージの裾や袖に使用されてきました。

それが2014年秋冬モデルより、アームカバーとレッグカバーにも採用されることになりました。

ご覧ください。左側が旧タイプです。右側がラッセルテープです。パールイズミ ラッセルテープ上の白いアームカバーが、2014春夏モデルの夏用アームカバー(コールドブラック)。下が2014秋冬モデルの新型アームカバー。新型は身体にフィットし、ライディングフォームに合った立体構造を採用しています。自転車に乗ったときに腕をまっすぐ伸ばす人はいませんからね。

ちなみに2015モデルの夏用アームカバー(コールドブラック)にはラッセルテープが採用されることが決まっておりますが、立体構造にはなりません。パールイズミ ラッセルテープ続いてレッグカバー。こちらは昔からライディングフォームに合った立体構造を採用しています。

最近は裾のジッパーが無いタイプが主流です。パールイズミ ラッセルテープ違いはこのラッセルテープ。このゴムが全然平気ってかたもいるのですが、痒くなるんですよ。パールイズミ ラッセルテープ旧タイプの滑りとめに比べると、薄いのもラッセルテープの特徴です。レーサーパンツとの段差も目立ちにくくなります。パールイズミ ラッセルテープちなみに、時々サイクルイベントなどでレーサーパンツの上にレッグカバーを重ねている人を見ることがあります。

順番間違っていますよ。 案の定ちょっと走っただけでレッグカバーがずり下がっています。

 

でもそれって、パールイズミのカタログやホームページ、商品タグが原因かもしれませんね。コレです。パールイズミ アームカバー レッグカバー

たしかに何も知らない方がコレだけ見ると、レーサーパンツの上からレッグカバーを履いているように見えますね・・・・実際はパンツ一丁の状態でレッグカバーを履いて、それからパンツを脱いでレーサーパンツを履きます。パールイズミ ラッセルテープ

ご注文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. ドイター カリー×アイビー バックパック
  2. ゆるふわーくす キャットアイ防眩シェード
  3. シマノプロ アドバンスドツールボックス
  4. パイオニア SGX-CA600 ブラック パワー表示対応サイクルコンピューター GPS、Wi-Fi、ANT+、Bluetooth対応
  5. ハッド ORIGINALS
  6. 柳原康弘xワールドサイクル「ロードバイク向けの基礎テクニック講習会 講座 キソテク」
  7. シマノバックパック
  8. シマノウェア大特価セール

ワールドサイクルにリクエスト

  1. ステムの角度と見え方

    頭痒いとこないですか?

    ステムの角度と見え方について。
  2. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    *知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。
  3. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    *3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
  4. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    理想のライトポジションを実現するブラケット。
  5. シクロクロス

    頭痒いとこないですか?

    シクロクロスは楽しいぞ!
PAGE TOP