fbpx

新製品情報

寒さで千切れそうになる耳を守るイヤーウォーマー

イヤーウォーマー

もうまもなく、耳が千切れそうに冷たくなる季節がやってきます。昨年まではコレ(上の画像 180sのエグゾライト)をオススメしていればよかったのですが、今年からそれが出来ません。何故なら代理店とメーカーとの間で取り扱い中止が決まったからです。

8年近くエグゾライトを愛用していた私にとって、これほど悲しいことはありません。キャップタイプやバンダナタイプのイヤーウォーマー場合、ヘルメットをとらないと付けたり外したりすることは出来ません。登りの途中で暑くなってもすぐに取れませんし、下りで寒いからといってすぐにつけることも出来ません。

ですが頭の後ろに回すこのタイプは、ヘルメットの上から着用できるので、簡単に付け外しが出来ます。まさに自転車乗りに最適なんです。

 

軽量でコンパクトな「エクゾライト」が発売される前には、同じメーカー(180s)から全面フリースタイプも製造していました。ですがあまりにも「エグゾライト」が人気だったため、代理店でも取り扱わなくなってきました。形だけ模倣した安価なそっくり商品も出回ってきていましたし。

 

ですが見つけちゃいました当時の180sのフリースタイプのイヤーウォーマーにそっくりで、品質もバッチリなイヤーウォーマーを。それがこちら。イヤーウォーマー

使い方は簡単。広げて耳に当てるだけ。

頭の大きさに合わせて、幅を簡単に調節できるところが一つ目のポイントです。思いっきり伸ばすとコレくらい。

イヤーウォーマー縮めるとコレくらい。よほど頭の大きい方でも小さくてつけられないということはありません。

(逆に子供には大きいでしょう。)イヤーウォーマー肌触りの良い全面フリース。ヘルメット・アイウェアーの上から首の後ろを経由して、耳に取り付けます。イヤーウォーマー折りたたみ方が二つ目のポイント。ねじるように回転するので、イヤーウォーマー小さめのハンバーガーくらいのサイズに収まります。コレくらいならジャージのバックポケットにも収まりますので、登りで暑くなったらさっと外したり、逆に下りで寒くなったらさっと取り出して付けるなんてことも出来ますね。イヤーウォーマーヘッドバンドやキャップタイプのイヤーウォーマーと比べて、走行中に簡単に着脱できること、ピンポイントで耳だけ暖めるので、おでこや頭などが厚くなって汗をかいてしまうって事が無いのが、このイヤーウォーマーのポイントです。

汚れたらそのまま洗うことも出来ます。

 

寒~冬に耳を守る、あったかイヤーウォーマーのご紹介でした。

ご注文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. R250 スウェットネット スマホ&リモコン対応
  2. northwave ノースウェーブ
  3. コンチネンタル グランプリ 5000シリーズ
  4. 2018 クリスマス クーポン
  5. GSR Gear 「カメラを止めるな!」 サイクルウェア
  6. おたふく手袋 body-toughness
  7. naroo ハーフバラクラバ
  8. アラフォー女子 もんもん
  9. R250 ヘルメットイアーウォーマー
  1. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  2. ビーム(TheBeam) CORKY バックミラー ドロップハンドル用

    頭痒いとこないですか?

    ドロップハンドルにつけたバックミラーが邪魔でバイクが倒れてしまう問題を解決。
  3. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。
  4. バイクハンド ダミーハブ

    頭痒いとこないですか?

    ダミーハブに刺客現る。ワークスタンドで洗車の必需品。
  5. 3本ローラー 乗り方 ミノウラ

    乗り方教室

    3本ローラーは最初から壁を頼らず走り出すべし。
PAGE TOP