冬のシューズカバーもレイヤーで一工夫。

今年最後の要チェックアイテムをご紹介します。エヴァディオ
冬のサイクリングの必需品の中から、今回はシューズカバーです。

ほとんどのサイクリング用シューズは夏の使用を前提に考えられています。 つまり熱がこもらないように通気性の高さが重要視されています。ということは、冬は超寒い。冬はシューズの上にシューズカバーという名の上着を着せることになります。

とにかく寒いから、暖かいシューズカバーを探すと、どうしても生地が分厚くなりがちです。でも忘れないでくださいね、ペダリングの最中に足首の角度は細かく変化しているのですよ。これは積極的に足首を動かすアンクリングのことではありません。ペダルの回転数が上がればよりつま先側に荷重をかけるため「かかとは上がり」、上り坂などでトルクが上がってより踏み込むようになれば、回転数は落ちて「かかとは下がる」のが普通です。

つまり、足首を固定してしまうほどごついシューズカバーは、ペダリングがしにくくなるということです。

そこでオススメは、ソックスタイプのシューズカバー。縫い目もジッパーもマジックテープも無いので、足首の動きを妨げません。ブランドでいうと、「デフィート」「フットマックス」ですね。

デフィート フットマックス
この2つを比べると、デフィートのほうが薄手です。フットマックスのほうが厚手です。私の基準では、気温15度以下にならデフィート。5~10度くらいならフットマックスを選んでいます。でもそれより寒くなると、フットマックスでもつま先が冷たくなってしびれてきます。

そこで、シューズカバーをもう1枚。同じものを2枚重ねはごつすぎますので、つま先だけのシューズカバー、それも最近発売された、エヴァディオのトーカバーがオススメです。

つま先(トー)だけのカバーなので、トーカバーです。シューズカバーというと、全体ですね。トークリップはつま先のクリップです。エヴァディオ
OGKカブトのウィンターグローブでカイロが入れられるというもの(WPG-2)があるのですが、それと同じアイデア。カイロが入るトーカバーです。

もちろんカイロは入れずとも使えます。上側が二重になっているのでより暖かいとも考えられますね。トーカバーのいいところは、シューズをはくたびにはかなくても、シューズに付けっぱなしに出来るところ

冬ってどうしてシューズをはいて、シューズカバーを履いたところで出掛けにトイレに行きたくなるのでしょう?

エヴァディオSPD-SL用クリートをつけたシューズにもフィットします。エヴァディオツーカバーはつけたままシューズが脱げるのは、かなり便利。 エヴァディオエヴァディオのトーカバーだけなら、気温10度くらいまでだと思いますが、その上からデフィートやフットマックスのソックスタイプのシューズカバーをつければ、もっと低い温度まで大丈夫になりますよ。

エヴァディオ
足首が固定されてしまうようなガチガチのシューズカバーより、足首が自由に動くシューズカバーを。

サイクリングから帰ってきたら、トーカバーはシューズから外して、シューズを乾燥させておいて下さいね。冬でも汗でシューズは湿気ています。そのままにしておくと、カビが生えたり匂いがこびついて取れなくなってしまいますよ。

ご注文はこちらから