fbpx
thermos サーモス 保冷ボトル FFQ-600

頭痒いとこないですか?

*これ知っておかないとやばいよ。サーモスの真空断熱ボトルの洗い方。

保冷ボトルといえば、象印、タイガー、サーモスの日本の3社が超有名ですが、その中で自転車用保冷ボトルを作っているのはサーモスだけ。

樹脂製の保冷ボトルとはレベル違いの保冷能力を引っ提げて、今年の春に初入荷。一瞬で自転車の定番商品となりました。

その保冷能力の高さについては、いまさら語るまでもありませんが、先日こんなことがありました。

結露ができるけど、問題ないのか?

むむむ、真空断熱ボトルですから、結露ができるというのはおかしいですね。早速ご返送いただきメーカーに送りました。

するとメーカーからはこんな回答が。

ボディリングの下側がさびて、穴が開いていました。

何ということでしょう。よくよく説明書を見てみると、はっきりくっきり注意書きがありました。しかも2回。

thermos サーモス 保冷ボトル FFQ-600

お手入れ 飲み口・ストロー・パッキン・ボディリングを取り外し、きれいに洗ってください。

お手入れ上の注意 本体はボディリングをはずして洗い、十分乾燥させてから確実に取り付けてください。※さびの原因になります。

確かに本体はステンレスとはいえ金属ですから、さびにくいとはいえ絶対にさびないということはありません。海沿いを走った後など、ボディリングとボディの間に塩分が残ったままなら、さびるでしょうね。

心配になって自分のサーモスも見てみました。ボディリングをめくると

thermos サーモス 保冷ボトル FFQ-600

ちょっとさびてる…….

確かにキャップ周辺や本体の内側は洗いますが、外側ってそんなに気にしていませんでした。私の場合は幸いわずかのさびだったので、クレンザーなどですぐにおちました。これが塩分を含んだものだったと思うと、いずれ穴が開いてしまうのも納得です。

そんなのあたりまえじゃん!という方もおられるとは思いますが、外側はボディリングをつけたままでしゃんしゃんしゃんと洗っていたという方、一度チェックしてみてください。

ご注文はこちらから

サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 600ml

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

R250 ツールケース*知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。前のページ

*早めの交換がオススメ。チェックしておきたい消耗品リスト。次のページ

最近の記事

  1. シマノ SD5(SH-SD501) ブラック ノーマルタイプ SPD シューズ
  2. あの人気商品を試してみた!!
  3. アームカバー レッグカバー
  4. シーコンサングラス
  5. アームカバー レッグカバー
  6. チェーンの直し方
  7. ビンディングペダルを使いたいけど自信がない方にオススメの商品
  8. 【予約】CRNK ヘルメット
  9. タイヤブート
  10. Topo Designs COOLER BAG
  1. baggage160 新幹線輪行

    頭痒いとこないですか?

    *その輪行、ダメですよ。ルールを守るのが大人です。新幹線の新しい輪行ルールについ…
  2. 輪行 輪行袋 輪行講座

    頭痒いとこないですか?

    *ディスクブレーキ輪行タイムアタック
  3. 8の字走行

    頭痒いとこないですか?

    いろいろ試そう、8の字走行の練習方法。
  4. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    *重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  5. スタンディングスティル

    頭痒いとこないですか?

    スタンディングスティルの練習方法
PAGE TOP