輪行のルールについて、誤解していませんか?

eki01
いろいろなメディアやSNS等で、輪行について書かれている記事や一般の方からの意見がありますが、それらを見ていると、正解があるにもかかわらず、「ビミョー」とか、「あいまい」とか、「グレーゾーン」とか、「マナー」だとか言われていることがあります。

いや、それビミョーでもあいまいでもグレーでも無いんですよ。きちんと正解(ご利用案内)があるんです

特に気になった3つについてご説明いたします。

「輪行のルールは、最近厳しくなった」

  • 厳しくなったわけではありませんよ。この約30年で輪行のルール変更は2つです。(1)1984年に日本サイクリング協会の会員でなくても手回り品切符を購入すれば輪行できるようになったことと、(2)1999年に手回り品切符を購入しなくても無料で輪行できるようになったこと。同時に輪行のサイズや専用の袋に入れた状態という条件が付加されました。
    「持ち込める荷物 (携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ(長さは2メ-トルまで)以内、重さが30キロ以内のものを2個まで持ち込むことができます。(ただし、傘、つえ、ハンドバックなど身の回り品は個数に数えません。)」
    「サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体して専用の袋に収納したもの、または折たたみ式自転車で折りたたんで専用の袋に収納したもの」

    輪行袋に入れることも、サイズ(縦横高さ250cm以内)のことも、それから14年間ずっと変わっていません。「専用の袋に収納」といっているのに、サドルやハンドル、タイヤをはみ出してもいいと考えるのは、自分勝手な拡大解釈です。収納するというのは、中身を完全に入れることです。一部がはみ出ていれば、収納した状態ではありません。

    では何故? 厳しくルール改正されたように勘違いしたのか? それはいままでJRが黙認してくれていただけです。黙認は許可とは違います。ルールがあるのに黙認し、それで事故が起きればルールを周知徹底し守ってもらい、未然に防ごうとするのは当然のことです。昨年(2013年)1月に、JR四国がこんなポスターを掲示したのがその疑問のきっかけねのでしょうが、この内容は新たに決められたものではなく、元からあったものです。改めて自転車の部分だけ取り上げて、分かりやすくまとめたというものです。変更ではなく、再掲です。
rinkou20140616-04
となると、次の疑問がわいてきます。

「これはJR四国だけのことか? その他のJRグループには、関係ないのでは?」

「手回り品切符を購入すれば、サイズが縦横高250cmを超えても良い。」

  • 誰がそんなこといったんでしょうね。サイズを超えた手回り品は、電車には乗せられません。手回り品切符を購入しても、載せられません。手回り品切符を購入すれば乗せられるのは、縦横高90cm以内のケージに入れた10kg以下のペットだけです。
 

では最後に、この疑問。

「駅や車内ってどこなの?」

  • 改札を入ってからです。切符売り場は改札の外ですので、そこは歩道であったり、建物の中になりますので、当然乗車は出来ません

参考サイト