urge アージュ ヘルメット スパトレイル supatrail

頭痒いとこないですか?

ちょっとやんちゃなヘルメット「urge(アージュ)」フランスから上陸。

どちらかというとロードバイク系のパーツ&アクセサリーとウェアーのご紹介が多いワールドサイクルのブログですが、今回は一見こってこてのMTB系に見えるヘルメット「URGE bike products(アージュ・バイク・プロダクツ)」をご紹介いたします。

このブランド、まだご存知ではない方も多いかと思います。創業は今から約7年前の2010年。創業者はなんと、あの伝説のMTBチーム「sunn(サン)」や、現在も活躍中の「COMMENCAL(コメンサル)のブランドイメージを作ったといっても過言ではないフランス自転車界の伝説的デザイナー、ZOOBAB(ズーバブ)が20年前から暖め続けていたというヘルメットのブランドです。

urge アージュ ヘルメット

偉そうなことを言っていますが、私(輪行マイスター岩田)がこのブランドの存在を初めて知ったのが、今年(2017年)の2月。とある展示会に展示してあるのを見て、一目ぼれ。すぐにワールドサイクルでも取り扱いができるように掛け合ったところ、すんなりと発売にこぎつけることができました。

最近日本のヘルメット市場では、「エアロロードヘルメット」というつるんとしていて空力に優れたデザインがとても人気ですが、それ以前はいくつも角が生えたようなデザインが主流でした。エアロロードヘルメットの場合、いかにも「空気抵抗減らしてるから速いよ!」というオーラが出ているように思うので、のんびりゆったりツーリングやロングライドを楽しむには、今一つ雰囲気があいません。このuageはモトクロスバイクのヘルメットのようでもありながら、どことなく行き過ぎていないデザインで、レースレースしていない系のロードバイクやグラベルロード、ロングライドやブルベ、バイクパッキング的な非レース系ロードバイクのスタイルにもピッタリではありませんか。

フランスのブランドというのに、とても丸くできているのも特徴の一つ。「外国人頭用に細いんじゃないの?」とやや疑いぎみにかぶってみると、見事に裏切られますよ。私はOGKKABUTO、シマノカーマー、ジロ、ベル、カスク、METのリバイブなど、すべてMサイズでぴったりフィットですが、このurgeでもMサイズがぴったりです。

urge アージュ ヘルメットメーカーサイトから、いかにもロングライドなライダー。
urge アージュ ヘルメットバイザーを外せば、シクロクロスにもいいねぇ。

 

SUPATRAIL(スパトレイル)というモデルで、urge独特のギミックをご紹介いたします。

最も特徴的なのは、この側頭部の穴。最初見たときはブルートゥースで接続できるスピーカーか何かと思いましたが、urge独特のベンチレーションシステムです。スパトレイルスパクロスオールMに搭載されています。

urge アージュ ヘルメットメッシュ部分の直径は28mm、外側のラバー部分の外径は60mm。
urge アージュ ヘルメットヘルメット内部から前側を見たところ。効率的に空気が入り込みます。
urge アージュ ヘルメットこヘルメット内部から後ろ側を見たところ。前側から取り込まれた空気が効率よく後方に排気されます。

 

軽量なフレックスバイザー。ロードバイクの前傾姿勢でも視界を遮ることなく、日差しや雨が目に入るのを防ぎます。素材は柔らかめのプラスチックで、ぶつけて曲がってもすぐに元通り。ポイントは、バイザーによって空気の流れが悪くならないように、しっかりと風の流れが確保されているところです。前側の厚みが他よりも分厚くなっているので、顔面着地の時にはとても頼もしい。

urge アージュ ヘルメット

インナーパッドにも特徴があります。前側と後ろ側の2個セットのパッドで、厚みの異なる2種類が付属します。最初にセットされているのは分厚い方です。

前側のパッドがなるほど~と思わせる造りです。普通はヘルメットのラインとパッドのラインは沿っているのですが、urgeの前側のパッドは少し下にはみ出るように取り付けます。それでどうなのかといいますと、半分はみ出たパッドには直接風が当たるので、乾きやすくなるというのです。どうです、なるほど~ですよね。

urge アージュ ヘルメット前側のパッドは、ロゴが見えるくらい下側に少しはみ出すように取り付けます。
urge アージュ ヘルメット厚みの異なる2種類のパッドです。厚い方はかなりふかふかしています。
ストラップはごく普通ですね。引っ張ってみた感じではとても強度が高そうです。ちょうどストラップにブランド名が書かれていますが、この向きになることで、キノコ頭に見えずらくなっています。

urge アージュ ヘルメット

後頭部のフィットシステムは、ダイヤルで調整するオーソドックスなタイプです。押しながら時計回りにまわすと、締まる仕組みです。

urge アージュ ヘルメット

軽量フレックスバイザーを固定しているのは、左右のこのパーツ。アーレンキーでしっかりと固定されています。スパトレイルのバイザー無しバージョンがスパクロスとなります。JCF(日本自転車競技連盟)ではバイザーがついているヘルメットは認可が取れません。バイザーのついていないスパクロスはバイザーが無いので、JCFの公認シールが付属します。

urge アージュ ヘルメット

重量はスパトレイルS/Mで244g(実測値 カタログ値は268g)と超軽量ではありませんが、まずまずの軽量ぶりです。

日本の規格よりさらに厳しい、ヨーロッパの安全規格「CE1078」をクリアしています。

もっとデコりたいという方には、urgeのロゴが沢山プリントされたステッカーと、柔らかい不織布でできたヘルメット収納袋が付属します。

urge アージュ ヘルメット

私が選んだのは、このモデル。
スパトレイル

urge アージュ ヘルメット前傾姿勢でも視界は良好。風が髪の間を抜けていくのが感じられます。
urge アージュ ヘルメットインナーパッドが下に出ていますが、かぶってみると見た目ではほぼわかりません。
urge アージュ ヘルメットアイウェアーのテンプルとも干渉せず、いい感じ。
urge アージュ ヘルメット真ん丸の穴と、赤い丸が特徴的。

urge allM

ほとんどのモデルが、在庫数数個以下ととても少なくなっております。メーカーより国内に入荷するのも年1回と非常に少ないので、在庫完売の際はご予約を承ることができません。ビビッときたら、お早めにぽちっとしてみてください。

urgeヘルメット全アイテム一覧

輸入総代理店:サローネ・デル・モンテ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. 新製品情報

    街中ふら~っと、まったり走るなら、このベルト。

    最近発売されたリンプロジェクトの「リフレクターベルト」を手に入…

  2. サイクリング情報

    第3回、海の京都TANTANロングライド2014 京都をぐるっと走ってきました。

    今年で第3回目となる「海の京都TANTANロングライド」、今年…

  3. メンテナンス教室

    今月から午前と午後で別内容、1日でマスターする輪行とパンク修理。

    ワールドサイクル恒例、輪行マイスター岩田による、7月の「パーフ…

  4. 新製品情報

    寒さで千切れそうになる耳を守るイヤーウォーマー

    もうまもなく、耳が千切れそうに冷たくなる季節がやってきます。昨…

最近の記事

  1. POC Octal(オクタル)
  2. シマノ S-PHYRE(エスファイア)
  3. シマノ デュラエース WH-R9100 C24
  4. 輪行講座 輪行講習 輪行教室
  1. 輪行 夜行バス 高速バス

    頭痒いとこないですか?

    神はバス輪行を見捨てなかった・・・・輪行できる高速バス会社が出現 
  2. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  3. ユニクロ ヒートテック

    頭痒いとこないですか?

    冬に一番暖かくて蒸れないアンダーウェアーはどれだというの?
  4. ウィラートラベル バス 輪行

    頭痒いとこないですか?

    ウィラートラベルで自転車の持ち込みが一部復活しました。
  5. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルが改良に改良を重ねたツールケース。
PAGE TOP