fbpx
ロードバイクでコーヒーを飲むために必要なアイテム(収納編)

メルマガ

ロードバイクでコーヒーを飲むために必要なアイテム(収納編)

前回は【準備編】でどんな物が必要かをご紹介致しました。

今回そのアイテムをいかにスマート収納できるかを試してみたいと思います♪

バイクパッキングが気になる方も必見です!
※フレームによって付けれるバッグ等が違うので注意して下さい。

 

まず自転車に取り付けができるバッグは大まかに5つほどあり、

  • サドルバッグ
  • フレームバッグ(インナーバッグやトップチューブバッグ)
  • ハンドルバーバッグ
  • フォークバッグ
  • ツールケース

などが挙げられます。

自転車と言えばサドルバッグが最初に思いつくのではないでしょうか?
サドルバッグの大きさも様々で、必要なアイテムが入る小さなものから、10L以上入る大型なものがあったりします。

大型サドルバッグに全て入れることは可能なんですが、自転車全体の重心バランス悪かったり、
サドルバッグだけ大きすぎると見た目も好きじゃないので、
今回はフレームインナーバッグツールケースをチョイスしてみました。

それでは実際に使ったアイテムを紹介します!
あくまでロードバイクでコーヒーを飲むために考えたアイテムです。

【R250 ツールケース ファットタイプ カーボン柄/ブラックファスナー】
R250 ツールケース ファットタイプ カーボン柄/ブラックファスナー

R250 ツールケース ファットタイプ カーボン柄/ブラックファスナー

初めて見たときは、正直大きすぎて使いにくいと思ってました。
なんせ直径が92mmあるんで通常のボトルケージでは使えません!!注意して下さい。

R250 ツールケース ファットタイプ カーボン柄/ブラックファスナー

しかし今回の【収納編】これがないと始まりません!

コレを見て下さい!

R250 ツールケース ファットタイプ にぴったりフィット

R250 ツールケース ファットタイプ にぴったりフィット

コレが俗に言うシンデレラフィットではないでしょうか。
【準備編】で紹介した、

    • イワタニカセットガスジュニア CB-JR-120S
    • スノーピーク チタンシングルマグ
    • イワタニ カセットガスジュニアコンパクトバーナー
    • モンベル O.D.コンパクトドリッパー2
    • コンパクト五徳等

がまとめて収納できちゃいます。
しかもポケットがあるので、走行中に中身がバラバラになることはありません。

残すはボトルケージ問題ですが、
【グランジ ナルゲン3 ケージ】がしっかりと解決してくれました。
本来はナルゲン1000ml用モッテコ1000用に一回り大きく作られていましたが、
このR250 ファットタイプジャストフィットしてくれます。

グランジ ナルゲン3 ケージ

グランジ ナルゲン3 ケージ

グランジ ナルゲン3 ケージ

 

次にまだ収納できていない、ミニドリップポット・コーヒーミルを収納していきましょう♪
【ROSWHEEL ROAD フレームバッグ S(2L)】
ROSWHEEL ROAD フレームバッグ S(2L

ROSWHEEL ROAD フレームバッグ S(2L

これはかなり悩みました。コーヒーミルは簡単に入るのですが、ミニドリップポットが中々入るバッグがなく
ようやくたどり着いたのがこのROSWHEELです。
フレームバッグのサイズは厚5x高11x横40cm(実寸)で
ミニドリップポットの大きさが横17x直径7.5cmとなり、
データではポットは絶対に入りません。

ROSWHEEL ROAD フレームバッグ S(2L)

ROSWHEEL ROAD フレームバッグ S(2L)にすっぽり収まるポットとミル

ですがこのフレームバッグの生地が柔らかいので、一回り大きいポットもすんなりと入ってくれました。
若干の膨らみはありますが、ハンドル側にポットを収納することで足に全く干渉しません。
フレームバッグの大きさもちょうどよく、補給食やスマホを入れる隙間もあります。

これで全て必要なアイテムがきれいにパッキングすることができました!
ROSWHEEL ROAD フレームバッグ S(2L)
だが、ここで新たに問題が発生しました…ボトルがフレームバッグに干渉する問題です!
いつも使っているのは【エリート FLYボトル750ml】と一般的な大きさですが、走行中全く水が飲めません!
これはフレームインナーバッグを使っている方には、よくあることじゃないでしょうか?
フレームによると思いますが、バイクパッキングをしている写真を見ても大体ボトルが干渉してました。

そこでフレームバッグにあたらない解決アイテムを3つ紹介します!

【ポラー 保冷ボトル ブレークアウェイ マック SHATTER 12oz】

ポラー 保冷ボトル ブレークアウェイ マック SHATTER 12oz

ポラー 保冷ボトル ブレークアウェイ マック SHATTER 12oz

直径は普通のボトルと同じですが、高さは17cm(実測)です。
ちなみに750mlボトルは22.5cm(実測)も高さがあり、比較すると5.5cmも小さく作られておりました。
容量は400mlと最低限なコンパクトなボトルです。でもちゃっかりと保冷タイプなんです。

一番のポイントは、小さいボトルだとフレームバッグに干渉しないのが良いところです。
ポラー 保冷ボトル ブレークアウェイ マック SHATTER 12oz

 

【ボトルケージアジャスター】
ボトル同士が干渉しない ボトルケージアジャスター

ボトル同士が干渉しない ボトルケージアジャスター

ボトルケージをスライドするアイテムです。
それにより小さいフレームの自転車が、ボトルが干渉しないように工夫できます。

●エヴァディオ ボトルケージアジャスター2

●ウルフトゥース B-RAD-3 マウンティングベース3 ボトル/アクセサリ増設システム

●BBB アダプトレール BBC-120 S

ボトルは干渉しないけどバッグが邪魔でボトルが抜けないという方はコレ

【Fidlock 9611 BOTTLE TWISTボトルセット 450ml】

Fidlock 9611 BOTTLE TWISTボトルセット 450ml

Fidlock 9611 BOTTLE TWISTボトルセット 450ml

マグネットホルダー式のドリンクボトルセット
横にねじると簡単に取り外しが可能です。
Fidlock 9611 BOTTLE TWISTボトルセット 450ml

 

他にもボトルを横から抜けるようなボトルケージもあるので気になる方は探して下さい。

美しく収まってるでしょう?

美しく収まってるでしょう?

これでバッチリ収納ができました
大型サドルバッグ1つより見た目は良いと思いませんか?
車体のバランスも良く、ダンシングしても左右にバッグに振られたりしないのでかなりオススメです。
もちろんペダリングの邪魔になりませんしボトルもちゃんと抜けます!

これで全て整ったので、次回はいよいよ実践編です!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

CRNK ARTICA/VELOCE ヘルメット軽量でフィット感抜群。話題のヘルメット『CRNK』取扱開始。前のページ

今年もやります!数量限定福袋!!次のページR250 2022 福袋 HUKUBUKURO 限定50セット

最近の記事

  1. 自転車どこに保管してる?各スタッフ自転車の保管方法 第一章(部屋・廊下・玄関収納編)
  2. Travel Kuppe 保冷保温ボトル 600ml ブラック
  3. ロードバイクでコーヒーを飲むために必要なアイテム(実践編)
  4. レックマウントプラス AirTag1-R+ エアタグ用ケース 「ゴムバンド式」
  5. トレイルにて実食 「補給食」の 役割とタイミング
  6. ライドオアシス×オーストリッチ ホイールバッグ 1本用29er対応
  7. やまめ工房 やまめの学校inワールドサイクル
  8. R250 2022 福袋 HUKUBUKURO 限定50セット
  1. R250 ロードバイク用ライトブラケット キャットアイ用

    頭痒いとこないですか?

    *理想のライトポジションを実現するブラケット。
  2. r250 縦型 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    *重箱の隅をつつくような改良を続けています。R250の縦型輪行袋
  3. インナーフレームバッグ R250

    頭痒いとこないですか?

    R250のインナーフレームバッグをピッタリ選ぶ方法
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    *シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
PAGE TOP