fbpx
店長まつもと「ウィンスペース」でロードバイクバラ完に挑戦!! パート3《組み立て編》

メルマガ

店長まつもと「ウィンスペース」でロードバイクバラ完に挑戦!!パート3《組み立て編》

パート3《組み立て編》

■フレーム
ノンクリアのザラついた手触りと重厚感のあるカラーリングが素敵です。ステム部の高さは約45mm。重量は400mm幅で約378gとかなりの軽さ

ノンクリアのザラついた手触りと重厚感のあるカラーリングが素敵です。

ウィンスペースのエアロフレームすごくイイッ!
最新のトレンドをしっかり取り入れた上で、シンプルで飽きのこないデザインに仕上がっていると思います。
ステム一体型のカーボンハンドルバー「WINSPACE ZERO」はステム長95mm、ハンドル幅は流行りの380mmをチョイス。

ウィンスペース WINSPACE ZERO一体式カーボンハンドルバー

ウィンスペース WINSPACE ZERO一体式カーボンハンドルバー。ステム部の高さは約45mm。重量は400mm幅で約378gとかなりの軽さ

 

■ホイール
溢れる分も考慮して多めに60cc入れてみました。

シーラントは溢れる分も考慮して多めに60cc入れてみました。
25Cのタイヤ幅とLUN HYPERのリム幅はピッタリ面一になりましたのでエアロ効果も高そうです。

爆発的な人気を誇る「LUN HYPER」には硬派な「コンチネンタルグランプリ5000S TR 25C」をチョイス。
あま~い香りの「マックオフ NO PUNCTURE チューブレスシーラント」は片側だけ嵌めたタイヤの内側に
流し込んでからホイールをクルクル回して行き渡らせながらはめ込みます。
やっぱりコンチネンタル・・・最後嵌めるのツラかったなぁ(汗)
不安だったエア漏れも全く無く一安心です♪

■コラムカット
コラムカット

コラムカット

上手く切れましたが手汗ベットリです(笑)

上手く切れましたが手汗ベットリです(笑)
肩下から約162mmの長さにカット。
ヘッドパーツとオリジナルアンカーを挿入するとこんな感じ。

コラムカットは何度もしてますが、慣れることはありませんね・・・運命の一発勝負(汗)
身長162センチ。ミニマムサイズの店長まつもとは基本コラムスペーサーは必要としません(泣)
ヘッドチューブ長とトップカバーの分を計算してバッサリカットします。

■ブレーキキャリパー
ブレーキ

フロントのアダプターはひっくり返すと140mm対応です。
フル内装の為、ほんのチョットしかホースが露出しないのが嬉しい。

BR-R8170をフレームに装着。
この小さなボディで圧倒的なストッピングパワーを生み出すのですから油圧ってスゴイ

■ケーブルルーティング
ワイヤー

「パークツール IR-1.2」便利すぎます!

ワイヤー

フレームに傷を付けないように誘導します。

ワイヤー

ホースが無事にコラム部からこんにちは。
ステム&ハンドルにも無事に開通。

ケーブルルーティングは長年乗り続けてきたサーベロでの経験があるので大丈夫・・・なはず(汗)
「パークツール IR-1.2」の片側のアダプターにホースを取り付け、反対側のマグネットからフォーク・フレーム内部に挿入。
外側から超強力磁石でワイヤーの先端を誘導します。
コレ最初に考えた人、天才だと思います!!

■仮組
仮組

ハンドル内部のケーブルルーティングはスルスル楽勝でした。

やっとここまできました。シートピラー・ハンドル・ホイールを装着すると完成車らしくなってきました。

■オイル
オイル

エア抜き作業はレバーを握って離してを繰り返します。
気泡が出てるのが見えますね。

さて、いよいよ初のエア抜き作業です。
油圧キャリパーに装着済のホースにはすでにオイルが封入されています。
ホースの長さを決めて、カットしてから「インサート」を挿入。
「オリーブ」「フランジフレアナット」をホースに通してからSTIに装着します。
そしてSTIの上にジョウゴを取り付けてミネラルオイルを入れてエア抜き開始です。
レバーを握ったり離したりしつつ、バイクの角度を変えたりキャリパーを叩いたりしてエアーを抜いていきます。
ここは不慣れな店長まつもと。
仕上げは百戦錬磨のメカニックさかしたを惜しみなく投入・・・笑

■エレクトリックケーブル
エレクトリック

接続イメージ

エレクトリック

「BT-DN300(バッテリー)」はシートピラー内部に収納します。

エレクトリック

エレクトリックワイヤーをフロントディレイラーに装着

エレクトリック

エレクトリックワイヤーをリアディレイラーに装着

作業もいよいよ大詰めです。
フレーム内部に通したエレクトリックワイヤーをバッテリー・フロントディレイラー・リアディレイラーにつなぎます。
ここでも「パークツール IR-1.2」が大活躍!

■BB
BB

左右と回転方向が親切に記載されています。

BB

装着完了。工具で少し表面をナメてしまいました(汗)
こだわりのFC-R9200を装着します。

一度使って見たかった「ウィッシュボーン」はなかなかのお値段ですが、
それだけに安定した性能と耐久性を期待できそうです。
ワンが左右単体ではなく、中心部がネジで結合される一体式なのでまっすぐフレームに圧入することができます。

■完成
完成

winspace T1500 matsumoto version

チェーンをつけて、変速調整をして、バーテープを巻いて・・・。
う~~できたっー!!
ヤバイです!カッコ良すぎます!
ここまでの長い道のり・・・色々あったので喜びもひとしおです。
これで通勤ライドが激しく楽しくなりそうです!
今回は自慢のハンドル周りだけ”チラッ”っとご覧ください。
”チラッ”とだけですよ笑

winspace T1500 matsumoto version

winspace T1500 matsumoto version

完成

winspace T1500 matsumoto version

 

完成

winspace T1500 matsumoto version

ボトルゲージや小物関連を装着した完成版は次回ご紹介予定です。
ライドインプレッションも予定しているのでお楽しみに♪
ウィンスペース T1500フレームセット グレー

ウィンスペース WINSPACE ZERO一体式カーボンハンドルバー

LUN HYPER 50mm ディスクブレーキホイールセット ルン ハイパー ウィンスペース WINSPACE

パークツール IR-1.2 インターナルケーブルルーティングキット

ウィッシュボーン BB86-SH 41mm/86.5mm ボトムブラケット

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

セブンイタリア 2022年春夏モデル!女性からの支持多数!!人気のセブンイタリアの新着ウェア登場!!前のページ

【数量限定】iGPスポーツの新たなフラッグシップモデルiGS630でオトクなキャンペーン実施中!!次のページ【お得キャンペーン】iGPスポーツ サイクルコンピューター iGS630 GPS USB充電

人気記事ランキング(過去30日間)

  1. スタンディングスティル

    メルマガ

    スタンディングスティルから、ボトルを置いて、拾う。
  2. 3本ローラーで遊ぼう

    乗り方教室

    3本ローラーで遊ぼう、スルー3本ローラーにチャレンジ
  3. 縦型輪行袋 横型輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    輪行袋は、縦型か? 横型か? 輪行マイスターの作業時間は?
  4. R250 ツールケース スリムスーパーロングタイプ カーボン柄/ブラックファスナー

    新製品情報

    もっと大きくしました。
  5. 京都 サンエムズ 輪行講座

    頭痒いとこないですか?

    5/20の輪行講座は、初の京都で開催します。
PAGE TOP